心はいつも悠々自適

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

新型PS4は『Slim(薄型)』と『Pro』どっちを買うべき?スペックや特徴を比較!

f:id:everyday_yofukashi:20161229224435j:plain

 

2016年9月15日に発売された新型PS4『Play Station4 Slim(CUH-2000シリーズ)』。従来モデルよりも軽量化され、価格も1万円ほど安くなりました。

 

また、おなじく2016年11月10日にはPS4の上位機種である『Play Station4 Pro(CUH-7000シリーズ)』が発売。こちらはCPU、GPUの強化や4K解像度などに対応しています。

 

現在PS4は「Slim」と「Pro」の2機種が発売されている状態。

 

「結局スペックはどう違うの?」とか、「初めてPS4を買うんだけど、どっちを選んでいいかわからない」といった方たちがいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は薄型の『Slim』と上位モデルの『Pro』、両機種のスペックや特徴を徹底比較したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

 

『Slim』&『Pro』スペック比較

 

 まずは『Slim』と『Pro』のスペックを見てみましょう。 

 

 PS4 SlimPS4 Pro
 価格  HDD500GBモデル:29,980円(税抜)、
 HDD1TBモデル:37,980円(税抜)
 44,980円(税抜)
 解像度  1920×1080(フルHD)  3840×2160(4K
 CPU/
 GPU
 CPU : x86-64 AMD "Jaguar", 8 cores
 GPU : 1.84 TFLOPS, AMD Radeon™
 based graphics engine
 CPU: x86-64 AMD "Jaguar", 8 cores
 GPU: 4.20 TFLOPS, AMD Radeon™
 based graphics engine
 メモリ  GDDR5 8GB  GDDR5 8GB
 消費電力  最大165W  最大310W
 外形寸法  約 265mm×39mm×288 mm(幅×高さ×奥行き)  約 295mm×55mm×327mm(幅×高さ×奥行き)
 重さ  約2.1kg  約3.3kg
 入出力  Super-Speed USB(USB 3.1 Gen1)ポート×2
 AUXポート×1
 Super-Speed USB (USB 3.1 Gen.1)ポート×3
 AUXポート×1
 HDD容量  500GB、1TB  1TB
 AV出力  HDMI™出力端子(HDR出力対応)  HDMI™出力端子(4K / HDR出力対応)
 光デジタル出力端子

 

両機種のスペックを比較して、なんといっても大きな違いなのがグラフィック性能でしょう。

 

『Pro』は4K解像度に対応しているため、4K対応テレビを持っていればすべてのPS4ゲームソフトで4Kクオリティの映像でゲームを楽しむことができます。 

 

また、4K解像度のビデオ再生も可能なので、NetflixやYoutubeなどの動画サービス内にある4K対応コンテンツも楽しむことができちゃう。

 

画像処理性能にかかわるGPUも『Pro』の方が高いので、ハイクオリティの映像も安定して写し出せます。

 

しかし『Slim』は「低価格、省スペース、省エネ」という三つの利点が存在します。

 

特にコスト面では差が大きく、本体価格が1万円以上安いということもさることながら、消費電力も150Wくらい違います。

 

150Wというと1時間稼働させっぱなしで電気代約3.3円ほどの差に。1日2時間のプレイを一ヶ月続けると、200円くらい電気代が違ってくる。

 

これを大きいと見るか小さいと見るかは人それぞれですが、僕みたいに一日中ゲームをやっているようなユーザーにはけっこうな差になるかもしれません。

 

さらにハードディスク容量も『Pro』は1TBのみの販売に対し、『Slim』は500GBと1TBの二つから選ぶことが可能です。

 

こんな人には『Slim』がおすすめ!

 

以下の条件に当てはまる方は『Slim』を選ぶといいでしょう。

 

 

  • ゲームはライトユーザーで、とりあえずPS4を買ってみたい!
  • グラフィック性能はフルHDで十分!
  • 長時間がっつりプレイするので、電気代を気にしたくない!
  • ゲーム機を置くスペースはなるべく取りたくない!

 

 

『Slim』の特徴はとにかく「安くて小さい」こと。

 

ハイエンドモデルである『Pro』と比較するとスペックが低いように見えてしまいますが、旧型PS4と比べるとグラフィック性能はそのままに省エネ・省スペースを実現しているなど、ちゃんとスペックアップしているんです。

 

なので初めてPS4を購入される方、今まで購入に踏み切れなかった方は十分次世代機の高いクオリティを体感できるはず。

 

「これからPS4を買おうか迷ってるんだけど・・・」という人は、とりあえず『Slim』を選んでおいて間違いはないでしょう。

 

こんな人には『pro』がおすすめ!

 

また、以下のような方たちには上位モデルである『Pro』をおすすめします。 

 

 

  • 4K対応テレビを持っている!
  • 最高の映像クオリティでゲームを遊びたい!
  • PS VRやアケコン、キーボードなど周辺機器をたくさんつけるので、USBポートは多いほうがいい!

 

 

『Pro』で4K映像を楽しむためには、当然ですが4K対応テレビを持っている必要があります。

 

「ウチのテレビは4K観れるよ!」という方は、ぜひ『Pro』を購入して最高の映像でゲームを楽しむといいでしょう。

 

しかし、通常のフルハイビジョンテレビしかない場合も『Pro』の恩恵を受けることは可能。

 

『Pro』はGPUの向上によりフレームレート(※)が安定しているので、フルハイビジョンテレビでも、より滑らかな映像描写を楽しむことができます。

 

ですがやはり、『Pro』のスペックをフルに体験するならば「4K対応テレビは必須」といえるでしょう。

 

※コマ送りで動いている映像の細かさ。「60fps」なら「一秒間に60枚の画像をつなぎ合わせる」という意味。

 

まとめ 

 

どちらのPS4を購入するか迷っている方は、基本的には「4K対応テレビを持ってるなら『Pro』、それ以外なら『Slim』」という選択でいいと思います。 

 

しかし決して安い買い物ではないので、それぞれのスペックをよく比較検討したうえで、どちらを購入するか決めてみてください。

 

PS4にはそのスペックを活かした面白いゲームがたくさんあります。

 

「どんなゲームがあるか分からないし、PS4を買うか迷うなぁ」という人はこちらの記事もご覧ください。 

 

【PS4】おすすめの名作ゲームソフト30本以上を紹介!【プレステ4】 - 心はいつも悠々自適

 

 

 

関連記事 

 

PS4を買うなら今しかない"3つの理由"

【PS4】協力プレイがおもしろい!多人数で遊べるおすすめのゲームソフト!

【PS4】おすすめの「RPG」ゲームソフト7本を紹介!

 

スポンサードリンク