心はいつも悠々自適

心はいつも悠々自適

ゲームやガジェットに関する情報ブログ

スマホ&一眼でも使える格安ゴリラポッド!『Vikrinフレキシブル三脚』レビュー

f:id:everyday_yofukashi:20180506130731j:plain

 

最近になってミラーレス一眼を購入し、あちこちに持って行っては撮影する日々を過ごしています。屋外での撮影時に、あると便利なのが三脚ですよね。

 

いわゆる運動会の撮影や集合写真撮影に使うような大きな三脚もありますが、ちょっとした撮影のときには持ち運びや取り回しが大変なので、けっこう不便だったりします。

 

そこでおすすめしたいのが、関節が自在に曲がって自由なポジション、角度で撮影できる「ゴリラポッド」というミニ三脚

 

 

元々はJOBYというメーカーが販売していたのですが、今では各メーカーから類似品が多数出ています。

 

JOBYのものを購入すれば品質に間違いはないのでしょうが、他メーカーから価格の安い商品が出ていたので、今回はそちらを購入しました。

 

僕が購入したのは、Vikrinというメーカーから出ているフレキシブル三脚。今回は、Vikrinのゴリラポッド風フレキシブル三脚のレビューをお伝えいたします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

Vikrin フレキシブル三脚ってどんな商品?

 

どんな場所でも安定して撮影できるミニ三脚 

 

f:id:everyday_yofukashi:20180506125939j:plain

 

Vikrinのフレキシブル三脚は足の部分が多関節になっていて、傾斜があったりデコボコした場所でも安定して撮影することができます。

 

関節は中にワイヤーが入っているわけではなく、一個一個の球がそれぞれ繋がっているので、一度形を決めたらフニャフニャと折れ曲がることなくしっかりとカメラを支えてくれます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20180506130144j:plain

 

三脚本体の重量は約231gなので、スマホよりもすこし重たいくらい(Xperia XZは161g)。軽量かつコンパクトのため、カバンにも忍ばせやすいサイズになっています。

 

特に高さ(長さ)が短めなのが嬉しいですね。折りたたんだときの全長は約25cmで、ほとんどのカバンに横にして入れることができます。

 

関節の黒い部分はプラスチックですが、白い部分はすべて滑りにくいゴム素材。立たせたときはもちろんのこと、柱に巻き付けて使うときもクルクルと回ったりしないようになっています。

 

コンデジはもちろん、一眼レフやスマホも固定できる

 

f:id:everyday_yofukashi:20180506130038j:plain

 

固定ホルダーのネジは、小ネジ(1/4インチ)と大ネジ(3/8インチ)の両方に対応しています。

 

僕が使っているオリンパス『STYLUS SH-3』や、パナソニック『LUMIX GH4』はいずれも1/4インチなので、日本製のデジカメはほとんどこのサイズが多いのかな?

 

コンデジはもちろん、重量500gを超えるミラーレス一眼でも安定して固定できるのが素晴らしいですね。直立だけでなく、角度を変えてもバッチリ自立してくれます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20180506130015j:plain

 

ネジ穴さえ合えば、ハンディカムビデオカメラも固定できます。僕が持っているソニーの『HDR-CX680』も使えました。

 

f:id:everyday_yofukashi:20180506130936j:plain

 

また、スマホ用固定ホルダーもついているので、ネジ穴のないスマホでも三脚に取り付けることが可能です。

 

f:id:everyday_yofukashi:20180506130054j:plain

 

スマホホルダーはバネの力で締め付けるシンプルな構造なので、どんなサイズのスマホでも固定できます。

 

ただ、スマホと接する面積が狭いので、上手く固定しないとズレやすいのが難点ですね。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20180506130105j:plain

 

これ一つ購入するだけで、デジカメもハンディカムもスマホでも使えるのはかなりお得。ほかの商品では別で雲台を購入しないといけないものも多いです。 

 

Vikrin フレキシブル三脚を使ってみた感想 

 

とにかく持ち運びしやすいのが素晴らしい! 

 

Vikrinのフレキシブル三脚はコンパクトで軽量なため、旅行やちょっとした外出時にも持って行きやすいのが嬉しいですね。

 

もうひと回り大きい三脚になると、カバンに入らなかったり、専用の三脚ケースに入れて持ち運ばなければいけなかったりするので、出かけようと思い立ったときにさっとカバンに入れていけるのは素晴らしい。

 

僕は大きなサイズの三脚も持っているのですが、持ち運びのしやすさから一番活躍してくれるのがVikrinのフレキシブル三脚です。旅行でもほとんどこれひとつだけ持って行くことが多いですね。

 

自在に動くのに安定性バツグン 

 

f:id:everyday_yofukashi:20180506125956j:plain

 

こういった多関節タイプの三脚は初めて購入したのですが、まさかここまで安定しているとは思いませんでした。

 

多関節タイプは見た目からして、どうも安定性に欠けるような気がしますが、そんなことはありません。

 

一つ一つの関節ががっちり固定されているので、一眼レフなどの重たいカメラを載せても問題なし。カメラを上に向けたり、不安定な場所に置いても倒れることはほとんどない。

 

高さはないので用途によっては使いづらい場面もありますが、外出先で自撮りをしたり、定点から撮影したい場合には本当に活躍してくれます。

 

ただ、安定性がある反面、各関節の動きはすこし固いです。

 

グッ・・・グッ・・・と力を入れないと関節が思うような方向に曲がってくれないので、人によっては煩わしく感じるかも。僕も慣れるまでは扱いづらかったです。

 

また、水平に設定しづらいのも難点ですね。

 

水平器がついていない上に、多関節という性質上、水平で固定するのが難しいです。

 

「水平になったかな?」と思って画面を確認してみるとちょっとだけ右にズレていたり、それを直したと思ったら今度は左に・・・なんてことがしょっちゅうあります。

 

カンペキな水平で撮影したい場合は、やはり水平器つきの三脚を購入したほうがいいでしょう。

 

まとめ:旅行やちょっとした外出にもおすすめ!

 

Vikrinのフレキシブル三脚は、軽量なのでどこに持って行くのも便利なミニ三脚です。カメラを趣味にしている人や、外での撮影が多いブロガーさんにもおすすめ

 

価格も1,300円程度と安いので、ミニ三脚を持っていないという人は一つ持っておいても損はないでしょう。

 

 

 

スポンサードリンク