心はいつも悠々自適

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

PS4の容量が足りない!不要なデータを削除してHDD容量を空ける方法

f:id:everyday_yofukashi:20170104192649j:plain

 

PS4をプレイしていて、「ハードディスクの容量が足りない!」と感じたことはありませんか?

 

PS4ではゲームデータのサイズが大きくなったことにより、セーブデータ、ダウンロードデータ、アップデートデータと、ゲームプレイに必要なあらゆるデータがハードディスクの容量を圧迫する事態になっています。

 

「もっと容量が大きいPS4に買い替えなきゃいけないのかな・・・」とか「内蔵ハードディスクを交換する必要があるの?」なんて心配になっちゃいますよね。

 

でも大丈夫です。今持っているPS4のままでも、不要なデータを削除してHDD容量を空けることで解決可能です。

 

今回はPS4の容量が足りなくなったときにまず確認してもらいたい、「内蔵HDD容量のチェック方法」「不要なデータの削除方法」についてご紹介いたします。

 

スポンサードリンク

 

 

 

不要なデータをチェック!

 

「ゲームデータ」は容量が大きいので一番の削除対象!

 

PS4の内蔵HDDにはゲームデータ(アプリケーションデータ)、セーブデータ、人によってはスクリーンショットや動画、音楽などのメディアデータなどさまざまなデータが保存されています。

 

その中でも特に「ゲームデータ」はサイズが大きく、また不要になってもHDDの中に眠りがちです。

 

基本的にいらないデータはガンガン削除していくべきなのですが、まずは容量を食う「ゲームデータ」を削除しましょう。

 

やり方は簡単です。

 

まずはホーム画面の「設定」から「本体ストレージ管理」を選択します。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170104183746j:plain

 

「本体ストレージ管理」を開くと、内蔵HDDに保存されているデータを確認することができます。 

 

次に「アプリケーション」を選択。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170104184003j:plain

 

 本体に保存されているゲームやアプリケーションのデータが一覧で表示されます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170104184455j:plain

 

コントローラーの「OPTIONS」ボタンを押し、「削除」を選びます。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170104184633j:plain

 

データを複数選択することができるので、削除したいデータを選んでください。 

 

選んだら、「削除」で実行。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170104184826j:plain

 

これで「ゲームデータ」を削除することができます。

 

ちなみに「ゲームデータ」はセーブデータとは違い、本体に保存されているゲームを動かすためのデータです。

 

「ゲームデータ」を削除しても、今までプレイしたセーブが消えることはありません。

 

しばらくプレイしなくなってしまったタイトルや、もう手元にないソフトのゲームデータはどんどん削除しちゃいましょう。

 

またプレイするときになったら、再び「ゲームデータ」をインストールすれば大丈夫です。

 

PS4の「ゲームデータ」は何十GBも容量があるので、これを削除するだけでHDD容量にだいぶ余裕ができるはず。

 

「セーブデータ」を消すときは必ず「オンラインストレージ」にアップロードしてから!

 

基本的には上記の「ゲームデータ」を削除すればHDD容量に空きが出るはずですが、「セーブデータも削除してもっと容量に余裕を持たせたい!」という人もいるかもしれません。

 

その場合は、必ず「セーブデータ」をオンラインストレージに保存してから削除しましょう。

 

セーブデータはゲーマーの命の結晶といっても過言ではありません。「もうプレイしないからいいや」と思って消した1年後に、「またやりたくなった!けどセーブデータ消したんだった・・・」なんて後悔することも。

 

PS4にはオンラインストレージ機能がありますので、「セーブデータ」を削除する場合は必ずアップロードしてから削除することをおすすめします。

 

※オンラインストレージを利用するには「PlayStation Plus」に加入している必要があります。

 

「セーブデータ」をオンラインストレージに保存するには、ホーム画面の「設定」から「アプリケーションセーブデータ管理」を選択します。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170104190400j:plain

 

次に「本体ストレージのセーブデータ」を選択。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170104190539j:plain

 

 「オンラインストレージにアップロードする」を選択して、アップロードするセーブデータを選択してください。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170104190700j:plain

 

ちなみにUSBメモリや外付けハードディスク等にもセーブデータを保存することができますが、今回は「データを削除して容量を空けること」をテーマにしていますので、割愛させていただきます。

 

PlayStation Plusのオンラインストレージは非常に使い勝手がいいので、基本的にはそちらに保存しておくことをおすすめします。

 

ただし、PlayStation Plusを解約してしまった場合は半年後にオンラインストレージ上のデータが削除されてしまいますので、注意してください。 

 

まとめ 

 

PS4はボリュームもありグラフィックも美麗なソフトが多いのですが、その分HDD容量を圧迫してしまうのが難点ですね。 

 

不要なデータを削除しておくことは動作の安定にも繋がります。こまめにHDDの中身をチェックして、快適なPS4ライフを送ってください。 

 

 

関連記事 

 

【PS4】おすすめの名作ゲームソフト30本以上を紹介!【プレステ4】

【PS4】おすすめの「RPG」ゲームソフト7本を紹介!

【PS4】協力プレイがおもしろい!多人数で遊べるおすすめのゲームソフト!

 

スポンサードリンク