心はいつも悠々自適

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンの最新情報まとめ|発売日や予約開始日、新機能など

f:id:everyday_yofukashi:20170904190526j:plain

 

※2017年9月4日 更新

 

手のひらサイズでスーパーファミコンが楽しめる。

 

2017年10月5日に発売予定の『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』に関する最新情報をまとめました。

 

ミニスーファミの基本情報や収録タイトル、予約情報について記載しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

基本情報まとめ

 

『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』とは? 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170904192340j:plain

▲コントローラーは二つ付属

 

発売日 2017年10月5日(木)
発売元 任天堂
予約開始日 2017年9月中旬以降
価格 7,980円(税別)
プレイ人数 1~2人

 

1990年に任天堂より発売された家庭用ゲーム機『スーパーファミコン』が手のひらサイズになって復活。

 

2016年11月に発売された『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』に次ぐ、ミニシリーズの第2弾です。

 

前回のミニファミコンではコントローラーの大きさまでミニになってしまい、操作しづらいという不満がありました。

 

その声を受け、ミニスーパーファミでは本体のサイズのみが小さくなり、コントローラーはオリジナルサイズのまま。当時の感覚でプレイすることができます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170904192954j:plain

 

本体サイズは幅110mm×奥行133mm×高さ40.5mmとなっていて、オリジナル版より約55%の大きさに縮小

 

どこにでも持ち運べるので、友達の家に持っていたり、旅行先でプレイしたりといったことができそうです。

 

収録タイトルは21作品。幻のソフト『スターフォックス2』も

 

f:id:everyday_yofukashi:20170904193505j:plain

 

ミニスーファミの本体に内臓されている収録タイトルは全21作品。前回のミニファミコン同様、スーファミのロムカセットを差し込んで遊ぶことはできません

 

ミニファミコンは30タイトル収録されていたのでそれに比べるとタイトル数は少ないですが、一本一本のボリュームが桁違いなので、遊びごたえはアップしています。

 

収録されているソフト一覧はこちら。

 

タイトル名 

オリジナル版の発売日

メーカー
スーパーマリオワールド 1990年11月21日 任天堂
F-ZERO 1990年11月21日 任天堂
がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻 1991年7月19日 KONAMI
超魔界村 1991年10月4日 カプコン
ゼルダの伝説 神々のトライフォース 1991年11月21日 任天堂
スーパーフォーメーションサッカー 1991年12月13日 ヒューマン
魂斗羅スピリッツ 1992年2月28日 KONAMI
スーパーマリオカート 1992年8月27日 任天堂
スターフォックス 1993年2月21日 任天堂
聖剣伝説2 1993年8月6日 スクウェア
ロックマンX 1993年12月17日 カプコン
ファイアーエムブレム 紋章の謎 1994年1月21日 任天堂
スーパーメトロイド 1994年3月19日 任天堂
ファイナルファンタジーVI 1994年4月2日 スクウェア
スーパーストリートファイターII 1994年6月25日 カプコン
スーパードンキーコング 1994年11月26日 任天堂
スーパーマリオ ヨッシーアイランド 1995年8月5日 任天堂
パネルでポン 1995年10月27日 任天堂
スーパーマリオRPG 1996年3月9日 任天堂
星のカービィ スーパーデラックス 1996年3月21日 任天堂
スターフォックス2 未発売 任天堂

 

『スーパーマリオワールド』や『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』、『聖剣伝説2』など、どこを眺めて名作ソフトしかないラインナップ

 

シナリオやアクション性はもちろん、ボリューム面でも今遊んでもなんら遜色なく楽しめるタイトルばかりです。 

 

なかでもファンのあいだで注目が集まっているのは、当時スーファミで開発がされていながら発売中止となった幻の作品『スターフォックス2』です。 

  

f:id:everyday_yofukashi:20170904195729j:plain

 

ゲームシステムは『スターフォックス』シリーズを象徴する3Dスクロールのシューティングゲーム。

 

フォックスの駆る戦闘機アーウィンを操作しながら、上下左右、前方後方とあらゆる方向に飛行しながら敵と戦います。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170904200639j:plain

 

初代『スターフォックス』で培った3Dスクロールモードに加え、全方位に動くことができるオールレンジモードは『2』で初めて搭載されました。

 

のちのシリーズにも受け継がれる画期的な操作性を、早く体験したいですね。 

 

注目の新機能 

 

①リプレイ機能|中断ポイントからいつでもやり直しができる 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170904201830j:plain

 

ミニスーファミは本体のリセットボタンを押すことで、その場でセーブができる「中断ポイント」機能がついています。 

 

中断ポイントは各タイトルごとに4つまでセーブしておくことが可能。 ミスしても中断ポイントをロードすることで、いつでもやり直しができます。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170904202535j:plain

 

さらに中断ポイントを作成すると、その時点から一定時間さかのぼってのゲームのプレイ状況も同時に保存される「リプレイ機能」が追加されました。

 

ビデオのように自分のプレイを巻き戻すことができるので、ミスした場面の確認や、「このタイミングから再開したい!」といったやり直しができます。 

 

巻き戻せる時間はタイトルによって変わり、アクションゲームのように画面の動きが激しいものだと40~50秒程度、RPGやシミュレーションのように静的なものだと4~5分程度、いち中断ポイントごとに保存できるようです。

 

②マイプレイデモ|自分のプレイしたデータでデモ映像が作れる

 

f:id:everyday_yofukashi:20170904203059j:plain

 

中断ポイントで作成した自分のプレイ映像をもとに、メニュー画面で流れるデモ映像を作れる機能。

 

設定で「マイプレイデモ」をONにすると、メニュー画面でデモムービーのように自分のプレイ映像を流すことができます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170904203420j:plain

 

「オートプレイデモ」をONにすると、メニュー画面で一定時間操作しなかったときにマイプレデモが流れるように。

 

③画面フレーム|画面周りに表示されるフレームを選択できる

 

f:id:everyday_yofukashi:20170904203713j:plain

 

オリジナル版のスーパーファミコンは画面サイズが4:3でしたが、現在は16:9が主流になり、そのまま表示すると余白ができてしまうことに。

 

しかしミニスーファミでは、全12種類の画面フレームから選択し、余白に表示させることができます。

 

ゲームの動きに合わせてカラフルな絵柄や模様が変化していくフレームも。

 

また、画面モードもオリジナルサイズで表示する「4:3」、ドット単位で鮮明画をうつしだす「ピクセルパーフェクト」、さらに当時のアナログテレビの質感を再現した「アナログテレビモード」の3種類から選ぶことが可能です。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170904204330j:plain

 

予約開始日や予約できる場所は?

 

予約開始日は9月中旬以降

 

 

『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』の予約開始日は、9月中旬以降を予定しています。

 

前回ミニファミコンのときは転売目的などを含め予約が殺到し、即完売状態でした。

 

今回も同様の事態が起きる可能性があるので、どうしても欲しい!という方は任天堂公式サイトやツイッターの情報を見逃さないようにしてください。

 

任天堂株式会社 (@Nintendo) | Twitter

任天堂ホームページ

 

各通販サイト、店頭販売にて予約可能?マイニンテンドーストアでの取り扱いは未定

 

ミニファミコンのときと同様であれば、Amazonや楽天、ヨドバシドットコムといった各通販サイトでの予約が可能だと思われます。

 

ただし通販サイトは即予約終了の可能性があるため、場合によってはお近くの家電量販店等の店頭予約のほうが確実かもしれません。

 

 

 

スポンサードリンク