心はいつも悠々自適

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

『ファイアパンチ』のネタバレ感想!凍えた世界で復讐を誓うダークファンタジー

昨日、雑誌を読む目的でフラフラと入った漫画喫茶で、「オススメの棚!」的なところにあるマンガを発見しました。

 

それが、全身燃えてる男がやたらと怖い顔つきでこっちを見てる『ファイアパンチ』という作品。

 

 

Webコミック配信サイト『少年ジャンプ+』にて連載されているマンガで、以前からネット上を中心に話題になっていたようですが、僕は漫画喫茶での出会いで初めて知りました。

 

この『ファイアパンチ』、僕のマンガ人生の中でもトップクラスの衝撃度を誇る作品だったので、今回はその魅力や序盤のあらすじ(ネタバレ)についてご紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

あらすじ 

 

舞台は雪と飢餓と狂気に覆われた凍えた世界 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170117192152j:plain

 

物語の舞台となるのは、「氷の魔女」と呼ばれる者によって凍えてしまった世界。この世界には「祝福者」という異能力者がたくさん存在して、「氷の魔女」もその祝福者だと言われています。 

 

寒さのせいで食糧不足と陥ってしまった世界は狂気に満ちていて、急激な人口減少、一部の祝福者による略奪、奴隷制の復活など、もう人間社会はメチャクチャ。

 

そんな世界の中、希望を捨てずに強く生きていたのが主人公アグニとその妹ルナでした。

 

主人公は「再生」の能力を持つ祝福者!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170117193133j:plain

 

主人公のアグニとその妹ルナは、「再生」の能力を持つ祝福者です。 

 

普通の人間よりも再生能力に優れ、腕を切り落としても足を切られても一瞬でニョキニョキと生えてくる。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170117193403j:plain

 

アグニは「再生」の能力を活かし、何度でも生えてくる腕を切り落として村のみんなに「自分の肉」を分け与える生活をしていました。 

 

いくら傷は癒えるとはいえ、痛みは人並みに感じるので、村の人たち全員に肉を分け与えるために何度も腕を切るアグニの姿は痛々しい。 

 

しかしそうまでしなければ、みんなが生きていくだけの食糧が確保できない世界なのです。 

 

妹のルナも同じ再生能力を持っているのですが、兄のアグニよりも能力が劣るらしく、アグニなら一瞬で生えてくる腕も、ルナだと1時間もかかってしまう模様。

 

妹思いのアグニは、この残酷な世界で「これ以上ルナが痛い思いをしないで済むように」と、決して妹の腕は切らせず、日に何度も自分の腕を切り落としています。アグニは優しいお兄ちゃん。

 

村に来た「炎」の祝福者により、すべてが焼かれてしまう

 

f:id:everyday_yofukashi:20170117194536j:plain

 

そんなある日、食糧を求めに村へやってきた自由の国ベヘムドルグの住人、ドマという人物が現れます。

 

彼は「炎」の祝福者で、その火は"焼け朽ちるまで"消えないという・・・。

 

「国王のため」「氷の魔女を倒すため」という大義名分をもとに、村人たちを捕らえるドマ。

 

しかし村中の家から食糧を漁る最中、どの家にも「人肉」があることに気づきます(まぁアグニの腕なのですが)。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170117195211j:plain

 

人食い村に衝撃を受けたドマは、激情して村を焼き払うことを決意。

 

「私の炎は焼け朽ちるまで消えないぞ」という言葉を残し、村を焼き討ち去っていきます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170117195526j:plain

 

村はすべて焼かれ、村人たちは全滅。

 

しかし「再生」の祝福を受けたアグニとルナだけはすぐに死ぬことができず、焼け朽ちるのと再生を繰り返しながら無限とも思える苦しみの中に落ちていきます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170117195825j:plain

 

終わることのない痛みと苦しみに襲われるアグニとルナですが、再生能力の劣るルナは徐々に塵へと化していきます。 

 

最期はアグニに「生きて」という言葉を残し、絶命してしまう。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170117200443j:plain

 

 肉体が焼かれ続ける痛みと苦しみの中、アグニは復讐を誓う

 

f:id:everyday_yofukashi:20170117200629j:plain

 

何よりも大切であった妹ルナを失い、村の人たちも焼かれたことでアグニは復讐の炎に包まれることに。 

 

空腹や窒息で死ぬこともないアグニはおよそ8年もの間、肉体が焼かれ続ける痛みと戦い、その消えることのない「炎」をコントロールする術を身につけます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170117201015j:plain

 

ついに燃える身体を動かせるようになったアグニ。

 

妹や村の人たち、そして自分自身をこんな目に合わせたドマへの復讐を果たすべく、動き出すというお話です。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170117201256j:plain

 

読んでみた感想

 

"異例続き"の展開がすごい!

 

ここまで序盤のあらすじについて紹介してきたのですが、実は僕が本当に「すごいなこの作品・・・」と思ったのは、"ここからの展開"なんです。

 

ぜひみなさんに本編を読んでほしいのでこの先のネタバレはしませんが、あまりにも残酷すぎる世界描写、不条理な展開、メタ発言満載のキャラなど、マンガにおける「王道」から外れたことばかりが起きます。

 

設定的には異能力者がバンバン登場して、人もジャンジャン死んでくダークファンタジーそのもの。でもシナリオや展開は妙に現実感があるというか、「ああ、人間だもんね、そうなるよね」みたいな。

 

うまく説明できないんですが、いわゆる「ご都合主義」があまりない作品なんです。

 

「仲間がピンチ!→ギリギリのところで主人公駆けつけ!→助かった!」が普通のマンガだとすると、『ファイアパンチ』は「仲間がピンチ!→やっぱりダメだった・・・まぁそうだよね・・・」っていう感じでしょうか。

 

「助かるときは助かるけど、ダメなときはダメ」っていう妙なリアリティがあるせいで、異様なまでに物語に入り込んでいけます。

 

『進撃の巨人』『寄生獣』に匹敵するポテンシャルを秘めていると思う

 

今やすっかり大人気マンガとなった『進撃の巨人』や『寄生獣』といった作品。アニメ化や実写映画化もされて大衆への認知度も高まっていますが、連載当初はそれはそれはダークな雰囲気満載の作品でした。

 

『進撃の巨人』や『寄生獣』は広く知られたことで設定が陳腐化したように思われがちですが、やっぱりあの作品たちの衝撃度たるや相当なものだったんです。

 

僕は『ファイアパンチ』もそれらの作品に並ぶだけのポテンシャルを持っていると思っています。

 

まだ連載が始まったばかりなので今後のシナリオがどうなるかはわかりませんが、社会現象にまで発展するであろう力量を、作者と作品に感じている。

 

といって、ウンともスンともかもしれませんが・・・。

 

まとめ

 

いやぁ、たまたま漫画喫茶で見かけた作品にここまでハマるとは予想だにしておりませんでした。店員さんの「オススメの棚!」、おみそれしました。

 

『ファイアパンチ』はジャンプ公式アプリ『ジャンプBOOKストア!』全巻無料で試し読みができます。

 

気になった方は、ぜひ一度読んでみてください。

 

ジャンプBOOKストア! マンガ全巻1話試し読み!!
ジャンプBOOKストア! マンガ全巻1話試し読み!!
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 

関連記事

 

【無料で試し読みも】『恋は雨上がりのように』の感想!恋愛漫画が苦手な男性にこそ読んでもらいたい!

『ダンジョン飯』がおもしろい!「RPG×料理」のファンタジー作品!

伊藤潤二ならこれがおすすめ!ホラー漫画の傑作を紹介!

 

スポンサードリンク