心はいつも悠々自適

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

『世界一やさしい ブログの教科書1年生』の内容&感想!初心者ブロガーが最初に読むべき一冊

ブログで稼ぐことを目指し始めた初心者ブロガーは、「何から考えればいいのか、どれを勉強すればいいのか」ということに頭を悩ませるかと思います。

 

「どのブログサービスを使うか」、「ブログのテーマはどうするか」、「読まれるための文章はどう書けばいいか」、「SEO対策はどうすべきか」、「収益化の方法は何を選択するか」などなど。

 

ブログを運営するにあたって勉強する項目は多岐に渡り、どこから手を付けていいのかわからなくなりがちです。

 

僕も最初のころはどこから勉強していいか全然わからず、ブログ関連書籍をあれこれと買い漁っていました。

 

実はそんな初心者ブロガーにおすすめの一冊があります。

 

それが、『世界一やさしい ブログの教科書1年生』という本。

 

 

この本は『ブログ飯』で話題となった染谷昌利氏による書籍で、初心者ブロガーに向けたノウハウが詰まった一冊になります。

 

初心者ブロガー向けのさまざまな本を読み、最終的にたどりついたのがこの本でした。

 

『世界一やさしい ブログの教科書1年生』があまりにも良書すぎたので、今回はこちらの内容紹介と感想をお話したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

 

初心者ブロガーに必要な知識・ノウハウがすべて詰まっている!

 

f:id:everyday_yofukashi:20161217135541j:plain

 

『世界一やさしい ブログの教科書1年生』には初心者ブロガーに必要な情報がすべて詰まっているといっても過言ではありません。

 

本書は次のように構成されています。

 

1時限目:ブログの運営と基礎を学ぼう

2時限目:先輩ブロガーの成功パターンを学ぼう

3時限目:人気記事の書き方を学ぼう

4時限目:ブログで収益をあげる方法

5時限目:最強のブロガーになる方法

 

1時限目ではブログサービスを選定するときのポイントやテーマについての考え方、基本的な記事の書き方、SNSとの連携やアクセス解析について学べます。

 

最初の項目だけで初心者ブロガーが勉強すべきことは網羅されているのがすごい。1時限目だけでも読み終えれば、ブログ運営に関して必要な基礎はだいたい学べちゃいます。

 

2時限目ではさまざまな有名ブロガーたちを事例に、どのようにブログ運営を始めたか、どうやって収益をあげているかなどについて書かれています。

 

各有名ブロガー自身の言葉で綴られているので、成功事例のリアリティが段違いです。けっこう明け透けに話してくれているため、めちゃくちゃタメになる。本書で紹介されているブログ数は16個。

 

3~5時限目ではブログのアクセス数をあげる方法、収益化する方法などについて具体的な手法が書かれています。

 

「基礎を学び、成功事例を見てイメージを具体的にし、そこから手法に取り組む」という構成になっているので、初心者ブロガーにとって非常にわかりやすく、腹に落やすいでしょう。

 

この一冊を読破して得た知識やノウハウを実行に移せれば、あっという間に初心者脱却ができると思います。

 

コンテンツ作りだけでなく、ブログ自体の存在意義や目指すべき方向性についても指針になってくれる

 

f:id:everyday_yofukashi:20161217135556j:plain

 

『世界一やさしい ブログの教科書1年生』の素晴らしいところは、"小手先の手法に終わらない"というところです。

 

これは僕もそうなのですが、初心者ブロガーが陥りやすい思考として「早く収益化したい!人気記事を書く手法が知りたい!」という短期的で局所的な考え方があります。 

 

収益化の方法や読まれる記事の書き方を知るのは必要なことです。

 

しかし、それはあくまでも"手段"であって、"目的"にしてはいけません。

 

ブログで稼ぐって根気もいるし、けっこう非効率的なんですよね。もし「ラクに稼ぎたい」とか「有名になりたい」っていうのであれば他の方法を探した方が賢明だと思います。

 

ブログ運営において大事なのは、「ブログを使って自分はどうしたいか、どうなりたいか」を考えることです。

 

「ブログの可能性を探る」と言い換えてもいいかもしれません。

 

本書でも「ブログを通じて新たな出会いが生まれる」、「会社員をやめてフリーになる」、「出版のオファーがくる」、「発信力を持つことで専門家になる」などブログによって起きた様々な出来事について書かれています。

 

こういった大局的な考え方も身につくのが、『世界一やさしい ブログの教科書1年生』の素晴らしいところ。ブログを始めたばかりの初心者は絶対にこの本から読むべきです。

 

ブログの方向性に迷ったり、見失ってしまった中級者の方にももちろんおすすめ。 

 

まとめ 

 

『世界一やさしい ブログの教科書1年生』はすでにさまざまなブロガーさんたちが紹介されていて、ほとんどの方が絶賛していますね。

 

僕も某ブロガーさんが紹介しているのを見て本書を読んでみたのですが、もっと早くに出会えていればよかったと後悔。

 

これからブログを始めようという人は本当にラッキーだと思います。

 

『世界一やさしい ブログの教科書1年生』を最初に読めば、あっという間に初心者からステップアップできちゃうはずです。 

 

 

関連記事 

 

『沈黙のWebライティング』の内容&感想!ストーリー形式でSEOに強いライティングが学べる!

池上彰『伝える力』の内容&感想!"伝えること"に悩んでいる人必読の一冊

文章でなにより大切なのは完読されること!『新しい文章力の教室』を読んだ感想

 

スポンサードリンク