心はいつも悠々自適

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

スカイプや生配信で活躍!ゲーミングヘッドセット「ロジクール G430」の感想【レビュー】

スカイプでの通話やボイスチャット機能を使いながらのゲームプレイ、ニコ生やツイキャスなどの生配信など「PC音を聞きながらマイクに声を乗せる」という場面が増えてきました。

 

私自身、スカイプやニコ生、ツイキャスをやることもあるのですが、その時に使用しているのがゲーミングヘッドセット「ロジクール G430」です。

 

 

かれこれ1年くらい使用しているので、実際に使ってみて感じた利点、また「ここはイマイチ」といったレビューを正直に書いてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

スペック・仕様

 

f:id:everyday_yofukashi:20160602020532j:plain

本体サイズ(幅×奥行×高さ) mm : 228 x 110 x 250
本体重量 g : 255
ケーブル長 cm : 300
色 : ブラック・ブルー
ヘッドホンタイプ : オーバーヘッド
接続I/F : USB(アダプター)/3.5mmステレオミニプラグ
(入力・出力各1)マイク部
集音特性 : 単一指向性(カーディオイド)
感度 : `-40dBV/Pa
周波数特性 : 50Hz~20KHz
マイク : ノイズキャンセリングマイク
ヘッドホン部
ドライバーユニット : 40mm ネオジムドライバー
感度 : 90dB
周波数特性 : 20Hz~20KHz
インピーダンス : 32ohm
その他 : インラインボリュームコントロールおよびマイクミュートスイッチ、USBアダプター

 

装着感は?

 

一般的なヘッドセットやヘッドホンに比べると、本製品は非常に軽いので長時間つけていても「重たい」とか「痛い」といった感覚は少ないです。

 

サイズは微調整が可能なように細かくロックするようになっています。私はそれほど頭が大きいほうではないので、小さめに調整して使用しています。

 

f:id:everyday_yofukashi:20160602020607j:plain

 

最大まで伸ばすにはまだ余裕があるので、頭の大きい方でも装着しづらいということはないでしょう。

 

ヘッドセットの上部はスポンジ素材になっていて、装着しても締め付けられる感覚は少ないです。

 

また、耳あてのスポットが大きく取られているので、成人男性の私が装着しても耳がすっぽりと入るようになっています。

 

f:id:everyday_yofukashi:20160602020937j:plain

 
耳が押さえつけられることがないので、長時間使用しても耳や頭が痛くなりにくいと思います。
 

ヘッドホンの音質

 
スカイプで通話をするには十分なほどの音質だと思います。通話に使用していて、相手の声が聞き取りづらいことや音量が小さいなどということもありません。
 
私はあまりPCでゲームをすることはありませんが、本製品をPS4に接続して使用したところテレビのスピーカーで聴くよりはるかに音質が向上したと実感しました。
 
サラウンド対応のヘッドホンなので、「コールオブデューティー」などのFPSをプレイした際は敵の足音が後ろから聴こえてきたり、近づいてくる雰囲気がしっかりと伝わってきます。
 
また、PS4のパーティチャット機能にも対応しており、これひとつでフレンドと会話をしながらゲームを楽しむことができます。
 
価格帯相応の音質を誇っていると思いますが、超高音質でゲーム音や音楽を聴きたい場合は更に上位モデルか、ヘッドホンのみの上位製品を購入する必要があるでしょう。
 

マイクの音質

 
耳元のヘッドホン部分と一体になっているマイク。上下の位置調整に加え、左右にはしなやかに曲げることができます。
 
最大まで曲げるとこんな感じ。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20160602021334j:plain

 
ただし、しっかりと音を拾わせるためにはマイクを口元に近づけなくてはならず、その場合吐息や笑い声でマイクを吹いてしまうこともあります。
 
風防が付いてないため、この点が気になる方は風防付きのヘッドセットやスタンドタイプのマイクを購入した方がいいかもしれません。
 
 マイクの音質は良好で、今まで使っていた2000~3000円程度の価格帯のマイクに比べてクリアに聞こえます。
 
また、ノイズキャンセリング機能がついていますが、この点はあまり使っていて実感はありません。
 
 ただ、通話等をしていて相手から「ノイズが乗っている」と指摘されたことはないので、一応機能しているのでしょうか。
 

接続部について

 
3.5mmのステレオミニプラグと、USBでの接続両方に対応しています。
 f:id:everyday_yofukashi:20160602021925j:plain
 
USBで接続する場合は、付属のUSBアダプターを装着します。
 

f:id:everyday_yofukashi:20160602022045j:plain

 

どちらの接続方法も試してみたのですが、自分はUSBアダプターをつけて使用しています。

 

ケーブルの長さ

 

ケーブル長は3mもあるので、同じ部屋内であればケーブルの長さを気にすることなく移動することができます。

 

部屋の間取りやPCの配置場所によってはヘッドセットをつけたまま部屋を移動することもできると思います。

 

私の家の間取りだと、ヘッドセットを装着したままキッチンにある冷蔵庫までギリギリ届くので、通話をしている途中に飲み物を取りに行くこともよくあります。

 

ただ、あまりに長いので通常使用する際はケーブルを留めておかないと邪魔です。この点はすこしめんどくさいところでもあり、巻き取り式だとよりよかったのになぁとは感じます。

 

その他の機能について

 

手元のスイッチで、マイクミュートと音量調節ができるようになっています。

 

通話をしている際に突然の来客があっても、手元のスイッチ一つでミュートにできるのでとても助かります。ミュートに切り替える際にマイクにノイズが乗ることもありません。

 

音量調節は最大→最小(ミュート)までの幅がかなり大きく、私はいつも最大に設定して、PC側の音量調節機能で音量を変えています。

 

まとめ

 

本製品を使ってみた感想のまとめは以下の通りです。

 
○ 良いところ
  • 軽く、耳あてもすっぽりと入るタイプのため装着感がいい
  • サラウンド対応のため音質が素晴らしい
  • マイクにはノイズが乗りづらい
  • 手元のスイッチで音量をすぐ切り替えられるのは便利
 
×悪いところ
  • マイクを吹きやすい
  • ケーブルをまとめるのが面倒くさい
 
おおむね満足度の高い製品だと思います。上を見ればキリがありませんが、この価格帯としては十分すぎるほどの機能を備えている製品です。
 
現在、通話や生配信などでヘッドセットをご検討している方はぜひこの機会にご購入を考えてみてはいかがでしょうか。
  

今回の記事はいかがでしたか? 

 

このブログでは日々の出来事や皆様に共有したい情報などさまざまな記事を書いています。

 

読者登録】していただけると励みになりますのでよろしくお願いします。 

スポンサードリンク