心はいつも悠々自適

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

【期間限定】マックの「炙り醤油ジャパン」と「スモーキーアメリカ」を食べてみた

f:id:everyday_yofukashi:20160729201616j:plain

 

マクドナルドで期間限定メニューとして「1971 炙り醤油ジャパン」と「1955 スモーキーアメリカ」が発売されました。

 

それぞれ日本とアメリカでのマクドナルド創業時のイメージで開発されたハンバーガーです。

 

今回はその二つの限定メニューを食べてみた感想をお伝えしたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

炙り醤油ジャパン

 

「1971 炙り醤油ジャパン」って?

 

1971年、東京・銀座に第1号店が登場してからの45年の歴史に想いを馳せて開発された、日本人になじみ深い醤油ベースのソースを使用したバーガー。ジューシーでボリュームたっぷりの1/4ポンド100%ビーフパティに、トマト、シャキシャキレタス、グリルしたスモーキーなベーコン、クリーミーなチェダーチーズなど様々な素材を使用。3種のスパイスと甘みのあるソテーオニオンが入ったこだわりの炙り醤油風味ソースは日本ならではの味わいで、「日米の味覚の融合」を表現したやみつきになるボリュームたっぷりのバーガーです。

 

日本でのマクドナルド第1号が開業したのが今から45年も前だということが驚きです。僕はもちろん、両親が子供のころからあったと考えるとマクドナルドがいかに日本の食文化に影響を与えてきたかがうかがえます。

 

日本人の好みにあった醤油ベースのソースが特徴です。

 

「1971 炙り醤油ジャパン」を食べてみた

 

f:id:everyday_yofukashi:20160729202335j:plain

 

 醤油ベースのソースがとても美味しく、今までのマックのハンバーガーにはない味がしました。

 

玉ねぎの甘みとスパイスの辛みがいいアクセントをつけています。

 

ベーコンやトマト、レタスも入っていましたが、そこはいつものマッククオリティという感じで、「もうちょっと頑張れなかったかな?」と。

 

こちらはチェダーチーズが入っています。

 

 すこし味は濃いものの、ハマる人はハマるハンバーガーといったところでしょうか。

 

 「1955 スモーキーアメリカ」って?

 

マクドナルド世界第1号店がオープンした1955年当時のアメリカをイメージして作られた、シンプルでありながらどこか懐かしさを感じさせる味わい深い正統派バーガー。ジューシーでボリュームたっぷりの1/4ポンドビーフパティに、トマト、オニオン、シャキシャキのレタス、グリルしたスモーキーなベーコンなど様々な素材を使用。トマトペーストやマヨソースなどを合わせたスモークの香りが特長的な1955ソースと、ケチャップが決め手のアメリカンな味わいがクセになる、ボリュームたっぷりなバーガーです。

 

 「炙り醤油ジャパン」とは打って変わって、こちらは本場アメリカをイメージしたハンバーガーとなっています。

 

ケチャップ味が特徴的で、とてもアメリカンな味付けです。

 

「1955 スモーキーアメリカ」を食べてみた

 

f:id:everyday_yofukashi:20160729202315j:plain

 

基本的な具材は「炙り醤油ジャパン」と一緒で、トマト、レタス、ベーコン、オニオンが入っています。

 

一口食べてみて湧いてきた感想は「うん、いつものマックの味だ」。

 

良くも悪くも馴染みのある味といった感じで、「炙り醤油ジャパン」ほどの衝撃はありませんでした。

 

しかし、決して不味くはないのでハズレが怖いという方はこちらをチョイスするのがいいでしょう。

 

まとめ

 

2つとも食べてみましたが、僕は「炙り醤油ジャパン」の方が好きでした(もともと、ケチャップやソースより醤油派というのもあるのでしょうが)。

 

注意が必要なのは、「炙り醤油ジャパン」も「スモーキーアメリカ」も創業当時の味を再現したものではなく、それをイメージしたハンバーガーということです。

 

僕は最初、この部分を勘違いしていました・・・。

 

ちなみに、これらのメニューは8月下旬までの提供となるそうです。

 

今回の記事はいかがでしたか? 

 

このブログでは日々の出来事や皆様に共有したい情報などさまざまな記事を書いています。

 

読者登録】していただけると励みになりますのでよろしくお願いします。 

スポンサードリンク