心はいつも悠々自適

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

【PS4】100時間以上遊べる!やり込み要素たっぷりのおすすめゲームソフト!

ゲーム ゲーム-PS4

f:id:everyday_yofukashi:20170321200835j:plain

 

「ひとつのゲームで何百時間も遊びたい!がっつりやり込めるゲームが欲しい!」という人はけっこう多いのではないでしょうか?

 

僕も子どものころはかなりの貧乏家庭で、あまりゲームを買ってもらえなかったこともあり、「この一本で半年は遊ばなきゃ・・・!」とやり込み要素がなるべくたくさんあるゲームソフトを選んで買っていました。

 

その気持ちは大人になった今でも変わらず、購入するゲームソフトは「やり込み要素がたくさんあるか?」というのを重視して選んでいます。

 

そこで今回は、やり込み要素大好きな僕が選ぶ「100時間は遊べるPS4のおすすめソフト」をご紹介いたします。

 

ナンバリングタイトルが多いですが、ご紹介した作品からプレイしても問題なくストーリーを理解できるタイトルのみを選定しています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

Fallout 4(フォールアウト4) 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321164001j:plain

 

核戦争により荒廃した未来の世界を舞台に、生き残った人類が協力しサバイバル生活を送っていくオープンワールドゲーム。

 

本作の魅力はその自由度の高さ。核戦争後の世界には、「ヒャッハー!」なテンションになっている蛮族もいれば、放射能により変異した怪物、不安から狂気に堕ちた人間など、さまざまなキャラクターが登場します。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321182344j:plain

 

荒廃した世界で正義の味方としてあらくれ者を成敗するもよし、生き残った住民と一緒に街を再建するもよし、孤独を貫き世界中の核シェルターを転々としながら旅するもよし・・・。

 

プレイヤーの行動次第で物語も変化していくので、崩壊した世界を思う存分自由に楽しむことができます。

 

オープンワールドゲームらしい膨大なメインシナリオやサブクエストはもちろんですが、僕がおすすめしたいやり込み要素は「武器集め」と「居住区づくり」。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321182958p:plain

 

「.44ピストル」や「ダブルバレルショットガン」といった現実にもある実弾兵器から、一風変わったユニーク武器まで多種多様な武器が登場します。

 

しかも武器は改造することもでき、改造できるモジュールの種類も豊富。武器集めだけでも、非常に高いやり込み要素といえるでしょう。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321183302j:plain

f:id:everyday_yofukashi:20170321183305j:plain

 

居住区づくりでは生き残った住民たちと街を再建することができ、家を建てて住民の寝床を確保したり、雑貨屋を作り収益を上げたりとさまざまなことができます。

 

なんとなくシムシティっぽい遊び。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321184020j:plain

 

居住区を充実させるとより多くの住民がやってきて、どんどん発展していきます。発展することでお金も資源もガッポガッポです。

 

街にはときどき他所の街から野盗が侵入してきたり、怪物が現れたりもするので、「タレット」などの防御設備を充実させて守り抜くことも重要。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321184627j:plain

f:id:everyday_yofukashi:20170321184659j:plain

 

オープンワールドゲームが好きな方はもちろん、街づくりゲームが好きな人にもおすすめできるソフトです。

 

知恵と勇気で荒廃した世界を生き残りましょう!

 

 

ウィッチャー3 ワイルドハント

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321145809j:plain

 

全世界で累計1,000万本以上売れたオープンワールドアクションRPGの名作。前作から約35倍の大きさになった広大な世界を、思うがままに冒険することができます。

 

オープンワールドゲームでありながらその重厚なストーリーも魅力で、プレイヤーの選択によって物語がどんどん変化していくのも面白い。

 

選択肢によっては登場人物の生死が決まったり、一国の命運が左右されたりと物語に大きな影響を与えます。

 

マルチエンディングなので、分岐するすべてのストーリーを見ようとしたらかなりのボリュームに。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321152140j:plain

 

この手のゲームではすっかり当たり前となった、寄り道要素である「サイドクエスト」の種類もめちゃくちゃ豊富です。 

 

マップのいたるところで突然イベントが発生したりするので、「寄り道ばかりしていて本編が全然進まない」なんてこともザラ。 

 

また、『ウィッチャー3』で外せない要素といえば、オリジナルカードゲームの「グウェント」ですね。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321152336j:plain

 

「グウェント」は1対1で戦うターン制のカードゲームで、200種類以上あるカードの中からデッキを組み、ゲーム内NPCと対戦できます。

 

シンプルながらも奥深いゲーム性で、僕は「グウェント」だけで何十時間も遊んでしまいました。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321153354j:plain

 

デッキを考えるのも面白いし、敵に勝つとカードや賞金がもらえたりするのも楽しい。遊戯王のバトルシティ編っぽい楽しさがあります。 

 

ストーリー、マップの広さ、バトル、サイドクエストとどれを取ってもやり込み要素が十分。

 

PS4のオープンワールドゲームで迷ったら、まず買っておきたい一本です。 

 

 

地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321153608j:plain

 

地球を侵略する異星生命体と戦う、3Dアクションシューティングゲーム。画面せましと襲いかかる巨大アリや巨大クモ、二足歩行マシンといった敵を、大火力の兵器で打ち倒していきます。

 

本作のやり込み要素は、「高難易度ミッションへの挑戦」と「豊富な登場武器を集めること」でしょう。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321154949j:plain

 

ミッションの数は約100種類あって、同じミッションでも「EASY」「NORMAL」「HARD」「HARDEST」「INFERNO」と5つの難易度に分かれています。

 

EASYやNORMALならアクションゲームが苦手な人でもラクラククリアできるでしょうが、HARDESTやINFERNOになるとゲームが得意なプレイヤーでも相当苦戦するはずです。僕もヒィヒィ言いながらプレイしていました。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321155031j:plain

 

しかし高難易度ミッションでしか手に入らない武器がたくさんあって、その武器を手にれるために何度でも挑戦したくなる面白さがあるんです。

 

高難易度ミッションで手に入る武器ほど威力が高いのはもちろん、攻撃範囲(爆風)がやたらに広かったり、エフェクトがド派手だったりと「絶対に使いたい!」と思わせるようなものになっているんですよね。だから難しいミッションでも思わず挑戦しちゃう。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321155332j:plain

 

4人までのオンラインマルチプレイにも対応しているので、「どうしてもクリアできない!」というミッションがあれば、フレンドと一緒に挑戦してみるのもアリ。フレンドだけでなく、野良で潜ることもできます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321160006j:plain

 

プレイヤーが選択できる兵科は、体力が多くバランスのいい「レンジャー」、空を飛べる「ウィングダイバー」、支援兵器が使える「エアレイダー」、重装甲と重火器の「フェンサー」の4種類。

 

それぞれ全く違った性質の武器が存在するので、武器集めが本当に楽しいゲームですね。

 

 

魔界戦記ディスガイア5

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321163410j:plain

 

やり込みゲーといえば絶対に外せないのが、この『魔界戦記ディスガイア5』でしょう。公式でここまで「やり込める!」ということを謳っているゲームも珍しい。

 

本作はマス目状のマップでキャラクターを動かして戦うシミュレーションRPG。敵を倒して経験値を稼ぎ、キャラクターを育成して物語を進めていきます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321161728j:plain

 

ここだけ聞くと「よくあるシミュレーションゲームじゃないの?」と思われがちですが、 あなどるなかれ。

 

このゲームはキャラクターを"どこまでも"強くしていくことができるのです。

 

仲間にしたキャラクターたちは一度レベルを上げきっても、「転生」することによって"以前よりやや強い状態のレベル1"に戻り、また育成し直すことが可能。転生を繰り返すことで、どんどん能力が伸びていきます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321162336j:plain

 

『ディスガイアシリーズ』の上限ステータス値はかなりぶっ飛んでて、「レベル9999」とか「攻撃力9999万9999」とか、ひどいものだと「カンスト不可」なんてものもあり、 本当にどこまでもキャラを強くすることができます。

 

育成要素も単純なレベル上げと転生だけでなく、「特殊技」を強化したり、特殊能力である「魔ビリティー」を習得したり、さらには「限界突破」といった要素も。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321163018j:plain

 

プレイヤー次第でどこまでも遊び続けることができるゲームなので、気軽におすすめできないくらいやり込み要素が詰まったゲームになっています。 

 

RPGやシミュレーションゲームが好きなら、ぜひ一度プレイしてみてください。きっと止め時を見失うはず・・・。 

 

 

ペルソナ5 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321192049j:plain

 

神話や悪魔をモチーフにした『女神転生シリーズ』。そこから派生したジュブナイルRPG、『ペルソナシリーズ』の最新作です。 

 

本作の主人公は「昼は学生、夜は怪盗」という二つの顔を持つキャラクター。欲望や狂気によって歪んだ心を持つ悪人たちの心を盗み、「改心」させるための活動を始めます。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321192813j:plain

 

ダークで骨太なシナリオはやり応え十分で、寄り道せずにメインストーリーだけを進めても軽く50時間以上はかかるボリューム。

 

本作の一番の魅力は、個性豊かな登場人物たちと絆を深めていく「コープシステム」でしょう。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321193213j:plain

 

絆を深めることができるキャラクターは20人以上登場し、それぞれに膨大な量のコープシナリオが用意されています。 

 

どのキャラクターも普段は表に出さない深い考えを持っていたり、周囲に隠していることやトラウマを抱えていたりして、コープを進めることでだんだんとそれが明らかになっていく。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321193549j:plain

 

「コープが本編なのでは?」と思ってしまうほど、ものすごいボリュームがあります。しかもどのコープシナリオも良い話ばかりだから全然飽きない。 

 

メインシナリオだけでなく、こうした寄り道要素のシナリオもしっかりと作り込まれているのがこの作品の素晴らしいところです。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321194134j:plain

 

ゲームとしては悪魔や怪物と戦うコマンド式のRPGなのですが、それ以外の学園生活もしっかりと楽しめちゃうのが『ペルソナ5』の魅力ですね。

 

テスト勉強したり、バイトをしてみたり、友達と遊んだり、疲れた身体を銭湯で癒してみたり・・・。

 

ゲーム内でやれることがあまりにも多いので、どれから手を付けていいか迷ってしまうと思います。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321194542j:plain

f:id:everyday_yofukashi:20170321194545j:plain

 

「ただのRPGじゃ物足りない!もっと寄り道したい!」という人は絶対にハマるゲームだと思います。

 

ナンバリングは『5』となっていますが、過去シリーズとのシナリオ的繋がりはないので、本作から始めても問題ありません。

 

 

まとめ

 

PS4のゲームソフトはどれも長く遊べるように作られていますが、今回ご紹介したタイトルはその中でも特にやり込み要素の強いゲームたちです。 

 

間違いなく100時間以上楽しめるソフトばかりなので、気になったタイトルがあればぜひプレイしてみてください。

 

関連記事 

 

【PS4】おすすめの名作ゲームソフトをまとめて紹介!【プレステ4】

【PS4】協力プレイがおもしろい!多人数で遊べるおすすめのゲームソフト!

【PS4】おすすめの「RPG」ゲームソフト7本を紹介!

 

『スプラトゥーン2』新要素の情報まとめ!新武器・新スペシャルウェポン・新ステージなど

ゲーム ゲーム-Switch

f:id:everyday_yofukashi:20170114190405j:plain
(出典:https://twitter.com/SplatoonJP/

 

※2017年3月20日 更新

 

2017年夏にニンテンドースイッチで発売予定の『スプラトゥーン2』。ニンテンドースイッチの映像解禁時にチラッとその存在が確認され、大いに話題になりました。

 

『スプラトゥーン』は公式アナウンスに力が入っており、発売前から新武器や新ステージ、新たに登場するスペシャルウェポンなどさまざまな情報が解禁されています。

 

そこで今回は『スプラトゥーン2』で新たに登場するブキやサブウェポン、スペシャルウェポン、ステージなど、新要素の情報をまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

 

3月25&26日に開催!「スプラトゥーン2 先行試射会」を事前ダウンロードしよう!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170320103017j:plain

 

2017年3月25日(土)、36日(日)の二日間で、「スプラトゥーン2 先行試射会」が開催されます。

 

先行試射会をプレイするには、ニンテンドーeショップで無料ダウンロードできるソフトを事前に入手しておく必要があります。まだダウンロードしていない方は、早めに入手しておきましょう。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170320103626j:plain

 

先行試射会は二日間のあいだに計6回開催される模様。一回のプレイ時間は1時間ごとに区切られています。

 

週末開催なので、お休みの方は予定を空けておくと吉。

 

 

新たな舞台は「ハイカラスクエア」

 

f:id:everyday_yofukashi:20170114192817j:plain

 

『スプラトゥーン2』の拠点となるのは「ハイカラスクエア」という場所。前作では「ハイカラシティ」でしたが、どうやらそこから"2駅隣りの場所"らしいです。

 

また、イカたちの世界も現実世界と同じく2年の月日が経過している模様もしかしたら、1に登場したキャラクターたちの2年後の姿が見られるかもしれません。

 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170114193239j:plain

 

「ハイカラスクエア」は前作に比べて、より雑踏感が増している気がします。最先端の街というよりは、商店街や路地のようなイメージなのでしょうか。  

 

新たな操作方法

 

f:id:everyday_yofukashi:20170114191600j:plain

 

ニンテンドースイッチのコントローラーを使った新たな操作方法はこちらです。

 

「ZLでイカ」「ZRでインクショット」など、基本的な操作方法はWii Uのときと変わらないようなので、前作をプレイしている方なら戸惑うことはなさそう。

 

しかし「Bボタンでジャンプ」「Xボタンでマップを開く」となっているのが、大きな変更点でしょうか。

 

WiiUのゲームパッドと違い常時マップを表示することはできなくなっているようなので、戦況確認の難しさやスーパージャンプの使い心地は変わっている可能性大です。 

 

画面上部の表示も進化し、戦況がわかりやすくなった!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170208121450j:plain

 

自軍・敵軍の数が把握できる画面上部の表示。前作では「誰がやられたか」という情報しか分かりませんでしたが、2ではさらにいろいろな情報をこの表示から知ることができるようになっています。

 

敵・味方の使用ブキがわかるようになったほか、スペシャルメーターが溜まっているかどうかもわかるように。

 

戦局を有利に進めるためには、この表示をいかに活用できるかが大きなポイントになってきそうです。

 

ボイスチャットも利用可能!チーム内で会話しながらのバトルが楽しめる!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170320101416j:plain

 

Nintendo Switch向けの公式スマホアプリ「オンラインロビー&ボイスチャット」の配信が今後予定されていますが、『スプラトゥーン2』ではそのボイスチャット機能に対応しているようです。

 

 

スマホアプリがオンラインロビーの代わりとなって、そこでフレンドと待ち合わせたり、ボイスチャットも利用できるとのこと。 

 

対戦が始まると自動でチーム内だけの会話に切り替わるようなので、仲間内で立ち回りの打ち合わせをしながらのバトルが楽しめます。

 

固定メンバー4人だけで組んでオンラインに潜るならSkypeでも十分ですが、このボイスチャット機能を使えば、フレンド8人で遊ぶプライベートマッチのときなどに活躍しそう。 

 

ちなみに、ボイスチャット機能はフレンド同士でしか会話ができません。野良で潜って知らない誰かと会話しながらは遊べないようです。 

 

 

新アクション

 

ローラーの新アクション「タテ振り」

 

 

空中でローラーを振ると「タテ振り」となり、 チャージャーのような感覚で直線上を一気に塗ることが可能。

 

前作ではジャンプ状態で振るとヨコ振りのまま遠くに飛ばすテクニックがありましたが、2ではそれがなくなった代わりに「タテ振り」が追加されたようです。

 

ダイナモローラーなどの高威力ブキはジャンプ振りが猛威を振るっていましたが、「タて振り」に変更されたことでローラーの戦略がガラリと変わりそう。

 

チャージャーの新アクション「チャージキープ」

 

 

フルチャージ状態でイカになると、チャージ状態をキープしたまますこしだけ移動できるチャージャーの新アクション「チャージキープ」。 

 

前作のチャージャーはフルチャージした状態だと歩き移動しかできなかったので、この変更点はチャージャー使いにとって非常に嬉しい知らせではないでしょうか。

 

これはまたチャージャー職人が増えそうな予感・・・。 

 

新武器

 

二丁拳銃「マニューバー」

 

f:id:everyday_yofukashi:20170114202055j:plain

 

二丁拳銃を構え、高速で連撃を叩き込む新ブキ「マニューバー」。射程は短いものの、近距離での火力は高そうです。

 

「マニューバー」の特徴となるのが、固有アクションの「スライド」。グリップの後ろについているノズルからインクを噴射し、高速で左右に移動し相手にインクを浴びせます。「スライド」は2回まで連続でおこなうことが可能。

 

  

新サブウェポン

 

壁に跳ね返りながら進む「カーリングボム」 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170114202407j:plain

 

地面を滑りながら進み、壁や障害物に当たると跳ね返る「カーリングボム」。前作の「チェイスボム」のような使い方になるのでしょうか。

 

どのくらいの時間が経過すると爆発するのかはわかりませんが、狭いスポットで放つとビリヤードのように跳ね返りながら自動で塗り進めてくれる、強力な武器になるかも。 

 

新スペシャルウェポン

 

ロックオンで自動追尾する「マルチミサイル」

 

f:id:everyday_yofukashi:20170114202800j:plain

 

ロックオンした相手に自動追尾ミサイルを発射するスペシャルウェポン。

 

一度に複数の相手をロックオンすることが可能なスペシャルウェポンで、相手1人に対して4発発射し、最大で16発のミサイルを放つことができます。 

 

多人数を一気に蹴散らすことができるので、一か所で一塊になっている相手に有効なスペシャルウェポンです。 

 

壁も貫通する「ハイパープレッサー」 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170114203358j:plain

 

高圧力のインクを一直線上に発射し、遠くの敵を一気に狙撃できるスペシャルウェポン。

 

壁や障害物も貫通して飛ばすことができるのが大きな特徴。さらに、発射しながらすこしずつ向きを変えられるので、隠れてる相手をじりじりと追い詰めるという使い方もできます。

 

空から爆撃する「ジェットパック」

 

f:id:everyday_yofukashi:20170114203352j:plain

 

背中に背負っているジェットパックからインクを噴射し、空を飛びながら相手をランチャーで爆撃することができる。

 

障害物なども飛び越えられるものの、稼働時間が切れると爆発して元の場所に戻されてしまうので使いどころには注意が必要。 

 

着地と同時に大爆発を起こす「スーパーチャクチ」

 

f:id:everyday_yofukashi:20170114204211j:plain

 

発動すると力を溜めながらその場で高く飛び上がり、着地と同時に地面を叩きつけて大爆発を起こすスペシャルウェポン。

 

スーパージャンプ中にも発動できるので、「ピンチに陥っている仲間のもとに駆けつけながら周りの相手を一掃する」というスーパーヒーローの登場シーンのようなこともできるようです。

 

新ステージ

 

「バッテラストリート」

 

f:id:everyday_yofukashi:20170114204536j:plain

f:id:everyday_yofukashi:20170114204547j:plain

 

繁華街から裏路地に入ったとこにある「バッテラストリート」。流行の最先端を追いかける若者たちが集まる界隈らしく、サイクリングバイクやスケボー、自動車があったりといかにも若者の街という印象です。

 

高低差は激しくなさそうですが、坂道や障害物となる壁が多く、入り組んだステージとなっています。  

 

「フジツボスポーツクラブ」

 

f:id:everyday_yofukashi:20170208115827j:plain

f:id:everyday_yofukashi:20170208115841j:plain

 

ボルダリングジムのような壁に囲まれ、プールやランニングマシンといったスポーツ設備がそろっているステージ。イカ世界でも、こうしたワークアウトは人気なのでしょうか?

 

全体的に開けてはいるものの、フェンスや壁などの障害物が多いステージで、壁に隠れながら進んでいく戦い方になりそう。

 

「ガンガゼ野外音楽堂」

 

f:id:everyday_yofukashi:20170320084841j:plain

f:id:everyday_yofukashi:20170320084848j:plain

 

イカ界のさまざまなアーティストのライブが開催される音楽会場。 ステージにはスピーカーやギター、照明といった機材が設置されています。

 

通路や踊り場が広く、隠れる場所も少ないので正面からのバチバチの撃ち合いが楽しめそうです。 

 

まとめ

 

前作の出来も非常によかったので、『スプラトゥーン2』の発売が今から非常に楽しみですね。

 

ブキやスペシャルウェポンはもちろん、細かいところでも新要素が追加されているようなので、また判明し次第随時更新していきます。

 

 

関連記事

 

『ニンテンドースイッチ』を発売日にゲット!さっそくレビューしてみた!

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』の評価/レビュー!シリーズ初のオープンワールドゲームが最高に面白い!

 

【2017年】これから発売する注目ゲームソフト!【Switch、PS4、Vita、3DSなど】

ゲーム ゲーム-その他

※2017年3月20日 更新

 

『Play StationVR』や『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』など新たな潮流が生まれ、ますます盛り上がりを見せる家庭用ゲーム機。

 

2017年はVRや新型ゲーム機による今まで想像できなかったような旋風が巻き起こるかもしれません。

 

そこで今回は、「2017年に発売が予定されている注目ゲームソフト」を一挙にご紹介いたします。

 

PS4、Vita、3DSなどの既存ハードはもちろん、新たに登場するSwitchの注目ソフトまで多数掲載。

 

スポンサードリンク

 

 

 

Nintendo Swich

 

マリオカート8 デラックス(4月28日 発売予定)

 

f:id:everyday_yofukashi:20170320232933j:plain

 

Wii Uで発売された『マリオカート8』が新たなキャラクターやコースを追加し、さらにデラックスになってNintendo Switchに登場。

 

新キャラクターとして『スプラトゥーン』より、「ボーイ」と「ガール」が追加されています。ジャンプアクションするときに"イカ化"したり、スプラシューターを用いて相手を妨害したりといったスプラトゥーンらしいアクションがあるようなので、めちゃくちゃ楽しみですね。

 

さらに前作では1種類のみしかなかった「バトルモード」も進化しています。

 

本作では新たに、ボム兵のみで戦う「ドッカン!ボム兵」、制限時間内にコインを集める「あつめてコイン」、コース上にある"シャイン"を取って相手から逃げる「いただきシャイン」、逃げるスパイチームと捕まえるパックンチームに分かれて戦う「パックンVSスパイ」が追加されました。

 

レースだけでなく、バトルでもフレンドとワイワイ盛り上がれそうです。

 

 

スプラトゥーン2(2017年夏 発売予定)

 

f:id:everyday_yofukashi:20170320084848j:plain

 

2015年にWii Uで発売され、世界で450万本以上の売り上げを記録した『スプラトゥーン』の続編が、早くもNintendo Switchに登場します。

 

イカ世界も2年の月日が経って一新。舞台を「ハイカラスクエア」へと移し、新ブキ、新ステージ、新スペシャルウェポンをひっさげて帰ってきます。 

 

『スプラトゥーン2』では新たに二丁拳銃の新ブキ「マニューバー」が登場。固有アクションの「スライド」は高速で左右に移動しながら敵を翻弄できるようです。

 

『スプラトゥーン2』に関するさらに詳しい情報は、こちらをご覧ください▽

『スプラトゥーン2』新要素の情報まとめ!新武器・新スペシャルウェポン・新ステージなど - 心はいつも悠々自適

 

スーパーマリオ オデッセイ(2017年冬 発売予定)

 

f:id:everyday_yofukashi:20170320235006j:plain

 

Nintendo Switchで発売される3Dマリオの最新作。マリオがロンチタイトルで発売されないというのもなかなか珍しいですね。 

 

今度のマリオの舞台はなんと「世界」。飛行船でキノコ王国を抜け出し、世界中のさまざまな国を冒険します。その中にはニューヨークを彷彿とさせるような現代風の都市も?

 

本作の目玉となるのは、マリオのトレードマークでもある"帽子"を投げる「帽子アクション」。

 

投げた帽子で敵を攻撃したり、浮かせた帽子を足場にしてジャンプしたりすることが可能。

 

『スーパーマリオサンシャイン』以来15年ぶりとなる「箱庭ステージ式」になっているようで、プレイヤーはマリオを操り、未知なる国々を縦横無尽に駆け回れます。

 

PS4

 

レッド・デッド・リデンプション2(2017年秋 発売予定)

 

f:id:everyday_yofukashi:20170125225253j:plain
(出典:https://www.youtube.com/

 

アメリカ開拓時代を舞台にしたオープンワールドゲーム『レッド・デッド・リデンプション』の続編。開発元は『グランドセフトオート』シリーズでおなじみのロックスター・ゲームスです。

 

西部劇さながらの凄腕ガンマンたちが活躍する本作。雄大な自然、埃っぽい街並みなど雰囲気たっぷりの世界観の中で、臨場感あふれる冒険が期待できます。

 

マルチプレイも可能なようなので非常に楽しみ。前作同様、荒くれものたちのアジトに協力プレイでカチコミに行けたりするのでしょうか?

 

初トレーラー映像も公開中。 

 


『レッド・デッド・リデンプション2』トレーラー

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(2017年 発売予定)

 

f:id:everyday_yofukashi:20170125230716j:plain
(出典:https://www.jp.playstation.com/

 

国民的RPG『ドラゴンクエスト』シリーズの最新作。本作はシリーズ初となる、PS4&3DSの2バージョン同時発売となっています。

 

主人公となるのはイシの村で暮らす16歳の青年。実はこの主人公、かつて世界を救ったとされる「勇者」の生まれ変わりという設定があるそう。どんなシナリオに仕上がっているのか楽しみです。

 

PS4の高いグラフィックス性能をいかんなく発揮していて、背景やモンスターの動き、呪文の演出などこれまでにはないほどのクオリティに。街の人々などモブキャラの動きも非常に表現豊かなので、その街の暮らしや雰囲気を肌に感じることができます。

 

キングダムハーツⅢ(2017年 発売予定)

 

f:id:everyday_yofukashi:20170222225806j:plain
(出典:http://www.jp.playstation.com/

 

スクウェア・エニックスが生み出した名作RPGのシリーズ最新作。これまで何度も発売予定が延期されてきましたが、今年はなんとか発売までこぎつけてくれそうです。

 

本作は第1作目から続いてきた「ダークシーカー編」の最終章となるようで、主人公ソラの物語もこれにて一旦完結する模様。

 

新たに追加されるディズニー、ファイナルファンタジーのキャラクターたちがどんな作品から登場するのか楽しみですね。

 

地球防衛軍5(2017年 発売予定)

 

f:id:everyday_yofukashi:20170222230742j:plain
(出典:https://www.d3p.co.jp/edf5/

 

巨大アリやUFOが入り乱れる戦場を近未来兵器を武器に戦う、D3パブリッシャーの人気アクションゲームのシリーズ第5作目。

 

本作ではプラットフォームをPS4に移したことにより、グラフィックスや戦闘描写がパワーアップ。

 

巨大怪獣に弾を打ち込むと着弾箇所の皮膚が剥がれたり、飛び散る体液がビルに付着したりと、より地球防衛軍の世界に入り込めるようになっています。

 

ガンダムバーサス(発売日未定)

 

f:id:everyday_yofukashi:20170320231613j:plain

 

「ガンダムVSシリーズ」の家庭用最新作。2012年にPS3で発売された『EXTREME VS. FULL BOOST』以来、約5年ぶりの家庭版登場になります。

 

近年ではアーケード版のみしかシリーズ制作されていませんでしたが、本作からは家庭用に特化した独自展開タイトルとなる模様です。

 

『EXTREME VSシリーズ』の基本システムを踏襲しつつ、本作では空中にいる状態から高速で急降下する「ブーストダイブ」、任意のタイミングで呼び出すことができるアシスト機体「ストライカー」などの新システムが追加。 

 

より戦略的でハイスピードな対戦アクションが楽しめます。

 

僕は『NEXT』時代からのシリーズファンなので、個人的に今一番期待しているタイトルですね。 

 

PS Vita

 

いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY(2017年 発売予定)

 

f:id:everyday_yofukashi:20170321001455j:plain

 

スクウェア・エニックスの二大名作RPG『ドラゴンクエスト』&『ファイナルファンタジー』のキャラクターが一堂に会したボードゲーム『いただきストリートシリーズ』の最新作。Vita版だけでなく、PS4版の発売も予定されています。

 

本作では新たに『FF XV』から主人公のノクティス、『FF VI』から敵キャラクターのケフカが登場。

 

『いただきストリートシリーズ』初となるキャラクターボイスにも対応するようで、ノクティス役には本編と同じ鈴木達央さんが起用されています。

 

すごろくのようにサイコロを振りながらマスを進んでいき、お金を稼いだりお店を持って資産を増やしていくゲーム性は、一人でじっくり遊んでも、友達とワイワイ盛り上がりながら遊んでも楽しい。

 

さらに歴代シリーズの名場面を見ることができる新要素「ミュージアム」も用意されています。

 

3DS

 

モンスターハンター ダブルクロス(3月18日 発売予定)

 

f:id:everyday_yofukashi:20161226201224j:plain
(出典:http://www.4gamer.net/

 

カプコンの大人気狩猟アクションゲーム『モンスターハンター クロス』の続編。

 

前作で登場した4つの狩猟スタイルに加え、本作では新たに超強力な連続攻撃を叩き込む「ブレイヴスタイル」と錬金タルでアイテム作成や仲間のサポートをする「レンキンスタイル」という2つの新スタイルが登場します。

 

「鏖魔ディアブロス」や「バルファルク」といった新モンスターにも注目。

 

 

まとめ

 

2017年も注目ソフトが目白押しですね。据え置き機も携帯機も人気作の続編、新作がどんどん登場します。

 

新たに発売が発表されたソフトがあれば、また随時更新していきます。

 

関連記事

 

【PS4】おすすめの名作ゲームソフト30本以上を紹介!【プレステ4】

【3DS】おすすめの名作ゲームソフト30本以上を紹介!マリオやゼルダなどの定番タイトルからマイナータイトルまで

【WiiU】おすすめのゲームソフト30本を紹介!【ひとりでもみんなでも楽しめる!】

【PS Vita】おすすめの名作ゲームソフト30本以上を一挙紹介!【ヴィータ】

 

【3DS】おすすめの名作ゲームソフト30本以上を紹介!マリオやゼルダなどの定番タイトルからマイナータイトルまで

ゲーム ゲーム-3DS

f:id:everyday_yofukashi:20161005164332j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

※2017年3月20日更新

 

任天堂が発売した人気携帯ゲーム機『ニンテンドー3DS』。アクションやRPG、シミュレーションなどさまざまなジャンルで評価の高い豊富なタイトルが揃っています。

 

そこで今回は、僕がおすすめする『ニンテンドー3DS』のゲームソフトをご紹介いたします。

 

マリオやカービィといった任天堂おなじみのビッグタイトルや、一風変わったマイナーゲームなど多数掲載していますので、購入する際のご参考にしてください。

  

スポンサードリンク

 

 

 

アクション

 

スーパーマリオ3Dランド

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008054416j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

これまでのマリオらしいアクションゲームでありながら、「3D」という世界観を活かしたコースやギミックが楽しめる作品。おなじみの「ファイアマリオ」や「たぬきマリオ」などにも変身できます。

  

3Dを全面に出しつつも、昔ながらの2D横スクロールアクションっぽさも残しており、やりづらさを感じさせないのはさすがマリオといったところ。3DSでプレイするゲームに迷ったら、真っ先におすすめしたい作品です。

 

 

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008054658j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

ニンテンドウ64の名作アクションゲーム『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の移植作品。パチンコや爆弾、オカリナなどさまざまなアイテムを使った謎解きはやり応え十分です。

  

「少年期」と「青年期」、二つの時代で繰り広げられるシナリオも、携帯機とは思えないほどの大ボリュームなので、じっくりと腰を据えて遊びたいゲーム。

 

『時のオカリナ』をクリアしたら、続編である『ムジュラの仮面 3D』もぜひプレイしてみてください。

 

 

 

星のカービィ ロボボプラネット

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008055005j:plain
(出典:https://topics.nintendo.co.jp/

 

今作のカービィは、敵の能力をスキャンしてさまざまなモードに変形するロボット「ロボボアーマー」が登場。これまでのカービィとは一風違ったアクションが楽しめます。

  

また、従来通りのコピー能力も健在。今作から新たに登場した「ドクター」や「ポイズン」を含め、使用できるコピー能力は25種類以上。

 

 

ドンキーコング リターンズ 3D

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008055317j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

Wiiで発売された『ドンキーコング リターンズ』の移植作品。3DS版のみの新コースなども追加されました。

 

アクションゲームとしての完成度の高さは秀逸で、ステージギミックやボスキャラの難易度は高いものの、何度もプレイしたくなるような中毒性を持つゲームとなっています。SFC時代のドンキーコングが好きな人はきっと本作もハマるはず。

 

難易度が調整された「ニューモード」もあるので、お手軽プレイを楽しみたい方でも安心してプレイできます。

 

  

モンスターハンターダブルクロス

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008055718j:plain
(出典:http://www.capcom.co.jp/

 

大人気狩猟アクションゲーム『モンスターハンター』の最新作。

 

前作『モンスターハンタークロス』で追加された4つの狩猟スタイルに加え、本作では新たに攻めに特化した「ブレイヴスタイル」と、樽を振ってアイテムを作成できる「レンキンスタイル」が追加されました。必殺技である「狩技」もさらに進化し、より爽快感と戦略性のあるゲームとなりました。

 

ジンオウガやティガレックス、ブラキディオスなど往年のシリーズモンスターはもちろん、「鏖魔(オウマ)ディアブロス」と「天彗龍(テンスイリュウ)バルファルク」という新たな二つ名モンスターも登場します。また、過去作で拠点となった懐かしい村も登場するので、シリーズをプレイしたことがある人はニヤリとできるはず。

 

オンラインマルチプレイも可能。フレンドと協力してワイワイ楽しんだり、高難易度のクエストを知らない人と一緒にプレイすることもできます。

 

 

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008060005j:plain
(出典:https://www.amazon.co.jp/

 

スーパーファミコンで発売された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の続編が時を経て3DSで登場。

 

平和と繁栄の国「ハイラル」と、荒廃した世界「ロウラル」という二つの世界を行き来きしながら冒険を進めていくアクションゲーム。

 

ゼルダらしいアイテムを使った謎解き要素に加え、今作では新たに「壁の中を"絵"になって移動する能力」を使い、フィールドやダンジョンのギミックをクリアしていきます。 

 

 

ファミコンリミックス ベストチョイス

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008060123j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

昔懐かしい任天堂のファミコンゲームが大胆にアレンジされて遊べる『ファミコンリミックス』。厳選されたファミコンゲーム16タイトルから、およそ250以上のステージをプレイすることができます。

 

オリジナルのファミコンゲームの"おいしいとこ取り"をしたようなステージや、カービィの世界にテレサが登場したり、ドンキーコングとリンクが戦ったりとリミックスならではのステージを遊ぶこともできます。

 

短い時間でプレイできるミニゲーム集なので、場所や時間を気にせず気が向いたときにサクサクプレイできるのが嬉しい。

 

 

ロックマン クラシックス コレクション 

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008063257j:plain
(出典:http://www.capcom.co.jp/

 

ファミコンで発売された『ロックマン』シリーズの1~6までが収録されたお得な一本。昔ながらの高難易度アクションが楽しめるので、最近の"ぬるゲー"に飽きてしまった人にはぜひおすすめしたい作品です。

 

ステージやボス戦がリミックスされた「チャレンジモード」でタイムアタックを競ったり、貴重な設定資料や発売当時の広告宣材などが鑑賞できる「ミュージアムモード」も新規追加。とくに設定資料集などは、これだけでも買う価値があるほどレアなものが揃っています。

 

 

メタルギア ソリッド スネークイーター 3D

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008063536j:plain
(出典:http://www.konami.jp/

 

PS2で発売された『メタルギアソリッド3 スネークイーター』の異色作品。3DSという限られたスペックでありながら、しっかりとゲームを再現できているのが素晴らしいです。

 

敵から隠れながら戦地を進んでいくスニーキングアクションは、メタルギアならでは。近接格闘術のCQCや、銃を使った射撃などアクションゲームとしての完成度も高いです。

 

ジャングルでカムフラージュするためのユニフォームを集めたり、食料を現地調達するためにワニやヘビといった動物を採取したりとやれることは盛沢山です。

 

タイトルは3ですが、時系列的には1作目や2作目の過去の話を題材にしているので、この作品からプレイしても問題ありません。

 

 

大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS

 

f:id:everyday_yofukashi:20161109205808j:plain
(出典:http://gamershour.com/

 

任天堂キャラクターたちを操作して、白熱の大乱闘が楽しめるバトルアクションゲーム。携帯ゲーム機でここまでのクオリティはさすがといったところ

 

3DS版ならではの要素として、「フィールドスマッシュ」と呼ばれる探索アクションモードが追加されていることにも注目です。

 

もちろんオンライン対戦も可能なので、友達や世界中の知らないプレイヤーと対戦することもできます。 

 

 

スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS

 

f:id:everyday_yofukashi:20161215225812j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

Wii U版で大人気となった『スーパーマリオ』のコースを自由に作って遊べるゲームの3DS版ソフト。 

 

3DS版ならではの特徴として、作ったコースをすれ違い通信で交換して遊ぶことが可能です。

 

「自分でコースを作るのは苦手」という方でも、任天堂オリジナルコースやWii U版&3DS版で投稿された世界中のコースで遊ぶこともできるので安心。

 

 

RPG

 

ポケットモンスター サン・ムーン

 

f:id:everyday_yofukashi:20161119050034j:plain
(出典:http://www.pokemon.co.jp/

 

大人気シリーズ『ポケモン』の完全新作。温暖な気候と自然豊かな島々が点在する「アローラ地方」を舞台にポケモンをめぐる冒険を繰り広げます。

 

今作では新たに「アローラのすがた」と呼ばれる、今までに登場してきたポケモンがアローラ地方でしか見られない姿に変化しています。知っているポケモンでも、びっくりするような見た目になっているのが面白い。

 

「Zワザ」という必殺技の追加やポケモンの力を限界まで引き出す「すごいとっくん」、世界中のプレイヤーたちとポケモンの交換や対戦が楽しめる「フェスサークル」など、サン・ムーンならではの要素も多数。

 

 

 

 

ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008063734j:plain
(出典:http://www.pokemon.co.jp/

 

ゲームボーイアドバンス用ソフト『ポケットモンスター ルビー・サファイア』のリメイク作品。「メガシンカ」や「ゲンシカイキ」といった新要素を加え、3DSで生まれ変わりました。

 

悪の組織である「マグマ団」や「アクア団」、主人公の良きライバルである「ミツル」など、おなじみのキャラクターたちもリメイクされ進化しています。

 

ポケモンの強さではなく魅力を競う「ポケモンコンテストライブ」や、お気に入りのグッズを飾って自分だけの空間が作れる「スーパーひみつきち」など、バトル以外の部分でも遊び心満載です。

 

 

 

ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008063846j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

プレイステーションで発売された『ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち』のリメイク作品。

 

シリーズ最大ともいわれるシナリオボリュームは3DS版になっても健在で、モンスターずかんや石板集めなどを含めると、3DSのRPGでもっともやり応えがあるゲームではないでしょうか。

 

モンスターを仲間にして集めることができる「モンスターパーク」や住人を増やして町を発展させていく「移民の町」も楽しい。

 

 

ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008064053j:plain
(出典:https://www.amazon.co.jp/

 

プレイステーション2専用ソフト『ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君』が3DSにリメイクされて登場。

 

ドラクエシリーズでもっともグラフィックが綺麗とされていた作品ですが、3DSでもしっかりとその美麗なグラフィックは再現されています。戦闘中のキャラクターやモンスターたちの動き、どこまでも続くような広大なフィールドなど、眺めているだけでもワクワクとして楽しめる作品です。

 

モンスターバトルロードの主催者であるモリーや、女盗賊のゲルダも仲間にできるようになったりと、3DS版ならではの追加要素も多数収録されています。

 

 

ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008064315j:plain
(出典:http://www.jp.square-enix.com/

 

ゲームボーイカラーで発売された『ドラゴンクエストモンスターズ2 マルタの不思議な鍵』のリメイク作品。当時は『ルカの旅立ち』と『イルの冒険』という2バージョンが発売されていました。

 

モンスターズシリーズおなじみの、魔物同士を掛け合わせてさらに強力な魔物を生む「配合システム」はもちろん、自分でモンスターの見た目をデザインできる「モンスターパートナー(通称モントナー)」という要素も追加されました。

 

登場するモンスターも800種類以上と、コンプリートするのが大変なほどの大ボリューム。

 

 

モンスターハンター ストーリーズ

 

f:id:everyday_yofukashi:20161026184157j:plain
(出典:https://www.amazon.co.jp/

 

大人気狩猟アクションゲームの『モンハン』がRPGとなって登場。本作では様々なモンスターが仲間になり、プレイヤーとともに戦います。

 

戦闘システムはターン制のバトルで、じゃんけんのように3すくみの攻撃を使い分けて相手の弱点を狙っていくというもの。

 

個性豊かなモンスターたちの特技や、絆ゲージを貯めることで発動する「絆技」など、シンプルながらも様々なバトル要素がゲームを盛り上げます。

 

本作ではモンスターとの"絆"がテーマになっており、それを上手く絡めた戦闘システムやストーリーが素晴らしく、RPGとしてのクオリティはかなり高い。

 

『モンハン』好きはもちろん、RPG好きにもおすすめできるタイトルです。

 

 

ルーンファクトリー4

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008064500j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

大人気ファンタジーアドベンチャーゲーム『ルーンファクトリー』の3DS作品。主人公はとある王国の王子(もしくは姫)となって、城外のモンスターと戦い、国の人々と触れ合いながら王国を発展させていきます。

 

簡単なボタン操作で武器や魔法をバシバシ使いながらの戦闘は爽快感バツグンで、住人達との恋愛要素や、畑で野菜を育てたり、仲間にしたモンスターから卵や毛を入手したり、はたまた料理や魚釣りなど楽しみ方は無限大です。イメージとしては、ファンタジーとバトル要素が加わった『牧場物語』といった感じ。

 

ストーリー、キャラクター、戦闘、農業や飼育、生産(料理や鍛冶)、どれをとってもゲームとして完成度の高いものとなっています。3DSを持っていて、まだプレイしたことがないという方にはぜひ遊んでいただきたい一本です。

 

 

テイルズオブジアビス 

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008064639j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

PS2で発売された『テイルズオブジアビス』の移植作品。シリーズでもっとも重たく、考えさせられるシナリオの『ジアビス』が3DSで遊べるようになりました。

 

ムービーなどの画質はやや拙い印象を受けますが、ストーリーや戦闘システムはPS2版そのまま移植されています。また、3DS版で追加された秘奥義なども。

 

フィールドを駆け巡りながら、必殺技や呪文で攻撃するアクション要素を取り入れた戦闘システムが非常に面白く、プレイしていて飽きを感じさせません。

 

賛否両論あるものの、僕は『ジアビス』のシナリオが大好きです。

 

 

メタルマックス4 月光のディーヴァ 

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008064929j:plain
(出典:http://books.rakuten.co.jp/

 

戦車や兵器を改造して敵と戦うRPG『メタルマックス』の最新作。普通のファンタジー作品のように、「剣や魔法で戦う!美しい風景!」といったものはなく、「荒廃した世界でバイクにまたがり、戦車やトレーラーを走らせての冒険」は他のゲームでは味わえません。  

 

戦車のカスタマイズがおもしろく、「強い戦車を作る→新しい土地へ→レアなパーツを手に入れる→さらに強力な戦車を作る」という作業から抜け出せなくなります。

 

独特の世界観や設定に慣れるまで大変ですが、ハマりだしたら止まらなくなるゲームです。 

 

  

真・女神転生Ⅳ FINAL 

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008065207j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

『ペルソナ』シリーズでおなじみのアトラスが誇る大人気RPG『真・女神転生』の四作品目。同じく3DSで発売された『Ⅳ』の世界観を継承しつつ、新たなシナリオとなっているので、本作からプレイしても問題なく楽しめます。

 

さまざまな悪魔と契約し、育成・合体などを繰り返してより強力な悪魔を仲間にしながら戦います。

 

ゲームの舞台は東京となっており、「一神教vs多神教」という神々の戦争に主人公たちが巻き込まれ、人類存亡をかけた選択を迫れられるという重厚なシナリオがたまりません。

 

全体的に暗く、重たい雰囲気なので人は選びますが、悪魔や神といった神話が好きな人にはぜひおすすめしたいゲームです。

 

 

世界樹の迷宮Ⅴ 長き神話の果て

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008065456j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

タッチペンで地図を描きながらダンジョンを攻略する、3DダンジョンRPG『世界樹の迷宮』最新作。

 

独特の3Dダンジョンややり応えのあるバトルはもちろん、「転職」や「二つ名」というシステムによって育成面が強化されたのも素晴らしい。

 

キャラクターデザインや世界観などは明るく優しい雰囲気で、王道のファンタジーRPGが好きな人ならハマるはず

 

 

ドラゴンボールフュージョンズ

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008065715j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

国民的人気マンガ『ドラゴンボール』の世界を体験できるRPG。これまで、アクションゲームは多かったのですが、こういった収集型のRPGは珍しい。

 

ありがちな「キャラゲー」だと思うと痛い目を見るくらい、この手のゲームにしてはめちゃくちゃ完成度の高い仕上がりとなっています。

 

 

初代ドラゴンボール、Z、GT、超までさまざまな作品からキャラクターが登場し、それらを集めながら仲間を増やし、フュージョンでさらに強力な戦士にしていくというシステムがおもしろい。「悟空とブロリー」や「ベジータとトランクス」など、普通ではありえないような組み合わせでもフュージョンができるのが楽しいです。

 

戦闘システムも、ただのコマンド選択式ではなく、ドラゴンボールっぽいアクション要素も取り入れていて爽快感のあるものとなっています。

 

 

シミュレーション

 

ファイアーエムブレム覚醒

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008065937j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

戦場で仲間の兵士を移動させながら敵兵や敵将を撃破していくシミュレーションゲーム。今作では主人公キャラとは別に、プレイヤーの分身である「マイユニット」を設定することができるので、より深く『ファイアーエムブレム』の世界に浸ることができます。

 

「死んだ仲間は二度と生き返らない」といった独特のシステムや、戦場で敵を説得することで仲間に引き入れたりと緊張感のある駆け引きが楽しめるのもこのゲームの特徴です。

 

さまざまな魅力あるキャラクターと絆を深めることで、より有利に戦闘を進めることができたり、オリジナルのイベントが発生したりと戦闘以外の部分もしっかり作りこまれています。

 

 

スーパーロボット大戦BX

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008070556j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

さまざまなロボット作品から機体やキャラクターが登場する大人気シミュレーションゲーム『スーパーロボット大戦』の3DS作品。

 

シリーズ常連のダンバインやガオガイガー、ナデシコなどのほか、今作では「巨神ゴーグ」、「機甲界ガリアン」、「SDガンダム外伝」、「ガンダムAGE」、「マクロス30」などが新規参戦していて、総勢16作品が登場します。

 

BGMやキャラクターボイスなどの音質が向上していたり、ゲームテンポもよかったりと楽しく遊び続けるための工夫がなされています。

 

どの作品のキャラクターたちもしっかりとシナリオで取り上げられているので、知っている作品がひとつでもあれば買ってみて損はないと思います。

 

 

牧場物語 3つの里の大切な友だち

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008070952j:plain
(出典:http://games.yahoo.co.jp/

 

自然豊かな土地で、畑仕事や動物のお世話、恋愛などの牧場生活が楽しめる『牧場物語』の3DS作品。

 

今までの『牧場物語』のシステムを踏襲しつつ、農業に使う道具のカスタマイズが細分化されたり、作物や動物の種類が増えたりと、より遊び応えのある作品となっています。

 

また、個性豊かな住人たちとのゆるいコミュニケーションが楽しく、どの住人も優しいのでのんびりと牧場生活を楽しむことが可能。結婚システムもあるので、気に入ったキャラクターには毎日積極的に話しかけたりするのも楽しい。

 

のんびりゆったりとゲームを楽しみたい人におすすめです。

 

 

とびだせ どうぶつの森 

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008071155j:plain
(出典:http://gamershour.com/

 

一世を風靡した大人気シミュレーションゲーム。現実と同じ時間が流れているどうぶつたちの村で、自由気ままにスローライフを楽しむことができます。

 

プレイヤーは村の村長となり、さまざまな住人とコミュニケーションをとりながら村に施設を設置・充実させていきます。どんな村をつくるかはプレイヤー次第なので、十人十色の村づくりが可能。

 

また、マイホームでは家の外観やインテリア、壁紙などプレイヤーのセンスで自由に飾ることができます。自分が作った村や家は、ほかのプレイヤーに見てもらうことも。

 

釣りや虫取りといったミニゲームなども楽しく、のんびりじっくりと遊ぶタイプのゲームです。

 

 

トモダチコレクション 新生活

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008071518j:plain
(出典:http://www.4gamer.net/

 

任天堂のMiiで友達や家族、身近な人にそっくりなキャラクターを作り島に住まわせ、さまざまな人間ドラマを楽しむシミュレーションゲーム。

 

Miiで作るキャラクターは、顔のパーツや体型はもちろん、性格やしゃべり方なども設定できるので本人そっくりに作ることができます。

 

自分が作った住人たちが結婚して新しい家族を作ったり、お店や広場、レジャー施設でさまざまな生活を送っているのを見るのが楽しい。現実世界の知り合いそっくりのキャラクターを作って、思わぬ行動に出たりするのを見てびっくりしたりもします。

 

「トモダチコレクション」とありますが、ひとりでプレイしても十分に楽しいゲームです。

 

 

Miitopia(ミートピア)

 

f:id:everyday_yofukashi:20161215230804j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

家族や友人、クラスの仲間や会社の同僚など自分の周りにいる人たちをMiiとして作成し、その仲間たちと冒険ができるというRPG。公式のジャンルでは「みまもりシミュレーション」となっています。

 

「好きな人を姫にする」、「ガミガミうるさい母親を大魔王にする」、「クラスのイケメンをパーティに加える」など世界観の構成はプレイヤー次第で自由自在。

 

シンプルがゆえにサクサク進めることができるので、ちょっとした空き時間などにプレイできます。ゆるーい世界観のRPGを楽しみたい人におすすめ。 

 

 

アドベンチャー

 

逆転裁判6

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008071739j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

成歩堂 龍一を主人公としたカプコンの大人気裁判ゲーム『逆転裁判』のシリーズ最新作。今回は成歩堂と王泥喜 法介のダブル主人公です。

 

事件の手がかりとなる証拠を見つける「探偵パート」と、嘘や矛盾を暴いて真実にたどり着くために戦う「法廷パート」を交互に進めながら物語が展開していきます。

 

6作も続いているだけあって、アドベンチャーゲームとしては素晴らしい出来です。シナリオやキャラクターたちの魅力もゲームを引き立てます。

 

『逆転裁判6』からプレイしても問題ありませんが、過去作を知っているとより楽しめるので、1~3がセットになった『逆転裁判123成歩堂セレクション』からプレイするのもいいでしょう。

 

  

  

レイトン教授と超文明Aの遺産

 

f:id:everyday_yofukashi:20161110001753j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

レイトン教授が活躍するナゾトキ・ファンタジーアドベンチャー。今作のキャッチコピーは「ナゾトキ×世界旅行」となっており、世界中をあちこち駆け巡りながら冒険を繰り広げます。

 

シリーズ最後の作品となる本作は、レイトンの"隠された過去"を知るストーリー。

 

出題されるさまざまなナゾを解きながら進めていくアドベンチャーゲームなのですが、このナゾトキがめちゃくちゃ面白い

 

ストーリーで出題されるナゾのほか、発売後から一年間毎日配信されていた「日刊ナゾ通信」によりそのボリュームは500問以上。

 

頭の体操や、ひらめき力を鍛えたい人におすすめのタイトル。

 

 

ZERO ESCAPE 刻のジレンマ

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008072009j:plain
(出典:https://www.jp.playstation.com/

 

スパイク・チュンソフトより販売された極限脱出アドベンチャーゲーム。「90分で消えてしまう記憶」を頼りに、ある施設からの脱出と物語の真相、そしてシナリオに仕掛けられたトリックへと近づいていきます。

 

映画や海外ドラマのように、登場人物の会話のみで進行する「Cinemaパート」は物語の緊張感を高め、謎解きが楽しめる「Questパート」、そして選択肢によって登場人物の運命が変わる「Decisionパート」が存在。

 

上質なミステリ小説のようなトリック、設定がたくさん登場するので、じっくりと考えながらゲームを進めるのが好きな方におすすめしたいタイトルです。

 

  

スポーツ

 

プロ野球 ファミスタ リターンズ

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008072233j:plain
(出典:http://jin115.com/

 

国民的野球ゲーム『ファミスタ』シリーズ4年ぶりのタイトルが3DSで発売。昔からのファンにはたまらない、愛らしい選手フォルムや懐かしいBGM、効果音などが収録されています。

 

ゲームのキモとなる野球部分も、オンライン対戦の導入でより白熱した対戦が楽しめるほか、日本各地を旅しながら全国の他プレイヤーチームと戦い全国制覇を目指すモードなど、ネットワークを介した遊びも充実。

 

ほかの野球ゲームに比べてシンプルな分、何度も試合がしたくなるような高い中毒性のあるゲームです。

 

 

マリオ&ソニック AT リオオリンピック

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008072349j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

2016年にブラジルのリオで開催された夏季オリンピックを舞台に、マリオやソニック、そしてその仲間たちがさまざまな競技に挑戦するスポーツゲーム。

 

遊べる競技はオリンピックの正式種目14種類。陸上100mやサッカーなどおなじみの競技から、新体操やゴルフ、BMXなどさまざまな競技で遊ぶことができます。

 

前作に比べると、ひとつひとつのゲームの質が向上しているので、雑多なミニゲーム集のような仕上がりではなく、ちゃんと遊べるスポーツゲームとなっています。

 

マリオやソニックのamiboにも対応していて、ゲーム内でMiiに着せることができる特別なコスチュームなどが入手可能。 

 

 

本作はWiiU版も発売しています。プレイした感想はこちら

 

www.kokoro-yuyu.com

  

マリオテニス オープン

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008072610j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

シンプルな操作でド派手なショットが打てる『マリオテニス』の3DS商品。今作では、マリオやクッパといったおなじみのキャラクターのほか、自分で作ったMiiを使って対戦することもできます。

 

ボタン操作が単純なので、トップスピンやスライス、フラットやロブ、ドロップショットなどを簡単に打ち分けることが可能。誰でもすぐに楽しめるテニスゲームです。

 

インターネット対戦にも対応しているので、全国のプレイヤーとリアルタイムで試合することもできます。

 

 

マリオゴルフ ワールドツアー

 

f:id:everyday_yofukashi:20161110003557j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

マリオやクッパ、ヨッシーといったおなじみのキャラクターたちがゴルフで白熱のバトルを繰り広げる『マリオゴルフ』シリーズの3DSタイトル。

 

本作では、通常のゴルフコースに加えて、ジャングルや海の中といった一風変わったコースでのバトルも楽しめます

 

コースのグラフィックや、ショット時のド派手な演出など携帯ゲーム機とは思えないクオリティのゲーム。

 

コース中にさまざまなアイテムを入手して発動できる特殊ショットも、普通のゴルフゲームでは味わえない気持ちよさがあります。

 

 

ボードゲーム

 

桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170115221057j:plain
(出典:https://www.amzon.com/)

 

大人気ボードゲーム『桃太郎電鉄』シリーズ6年ぶりとなる新作。プレイヤーは鉄道会社の社長となり各地の物件を買い集めながら、日本一の資産を目指します。

 

本作では全国各地にさまざまな「歴史ヒーロー」が登場し、プレイヤーを助けてくれるシステムが追加。名古屋に「織田信長」、長浜に「豊臣秀吉」、高知に「坂本龍馬」など、その土地に由来する偉人が登場するのが面白い。地味に歴史の勉強ができます。

 

新登場のカードが強力なこともあり、過去シリーズに比べて難易度が優しいので、桃鉄をプレイしたことがない初心者の方にもおすすめ。

 

 

マリオパーティ スターラッシュ

 

f:id:everyday_yofukashi:20161201175929j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

 携帯ゲーム機では三作目となる『マリオパーティ』。

 

今作のメインモードでは「四人同時にサイコロを振り一斉に進む」というのが大きな特徴で、待ち時間がないのでテンポよく遊ぶことができます

 

また、コインを集めてスターと交換するおなじみのルールで遊べる「バルーンマッチ」や、ノンストップでミニゲームを遊び続けてコマを進める「コインアスロン」、そのほかにも「マリオギャモン」、「テレサパズル」、「チャレンジタワー」など遊べるモードがたくさん。

 

一人でじっくり遊べるモードも多いので、一緒にやるプレイヤーがいなくても安心です。また、一本のソフトで四人まで遊ぶことができます。

 

ミニゲームも50種類以上と豊富で、携帯機でのマリパとしては非常に評価が高いタイトルです。

 

 

リズムアクション

 

リズム天国 ザ・ベスト+

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008073057j:plain
(出典:https://www.amazon.co.jp/

 

リズムにノッてボタンを押すだけのシンプルなリズムゲーム、『リズム天国』の3DS版。収録されているリズムゲームは過去作のゲームボーイアドバンス版、ニンテンドーDS版、Wii版からのベストセレクションのほか、新規収録されたものも登場します。

 

ゲームはどれもどこかバカバカしく、笑えるものなのですが、それがいい味を出していて、ついついやめ時を失ってしまうほど熱中してしまいます

 

新作リズムゲームが30種類以上、選りすぐりのゲームが70種類以上と計100種類以上の大ボリューム。老若男女問わずだれでも直感的に楽しめるゲームなので、万人におすすめできる3DSのリズムゲームです。

 

  

シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008073652j:plain
(出典:http://jacsa.me/

 

国民的RPG『ファイナルファンタジー』を題材にしたリズムゲーム。前作からさらに曲数や登場キャラが増え、ボリューム満点のゲームとなっています。

 

音ゲーとRPGが上手く融合していて、上手く演奏することで敵にダメージを与えたり、召喚獣を呼び出して強力な攻撃を繰り出したりと爽快感のあるプレイが楽しめます。

 

『ファイナルファンタジー』のナンバリングタイトルはもちろん、『クライシスコア FFⅦ』や『FFタクティクス』、『FF零式』など人気関連作品からも多数参戦。

 

『ファイナルファンタジー』好きなら、絶対に楽しめるゲームとなっています。

 

 

カードゲーム

 

カルドセプト リボルト

 

f:id:everyday_yofukashi:20161008073846j:plain
(出典:https://www.omiyasoft.com/

 

スゴロクのようなボードゲームと、手札の中から自分なりの作戦を考えるカードゲームの戦略性を併せ持つ『カルドセプト』シリーズ。

 

カードゲームならではのコレクション要素がプレイヤーの収集欲を刺激し、よりレアで強いカードを集めるためにじっくりとプレイするのが楽しい。

 

独特のゲーム性なので最初は戸惑うかもしれませんが、慣れればこれ以上楽しいカードゲームはないというほど奥が深く、戦略性の高いゲームとなっています。

 

 

フューチャーカード バディファイト 友情の爆熱ファイト!

 

f:id:everyday_yofukashi:20161117211642j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

ブシロードのトレーディングカードゲーム「フューチャーカード バディファイト」の3DS用ゲーム。

 

実際のカードゲームさながらのプレイが体験でき、収録カード数も1,100枚以上と非常に多い。ゲームならではのド派手な演出も対戦を盛り上げくれます。

 

丁寧なチュートリアルがついているので、「バディファイト」をやったことがない初心者にもおすすめ。ゲーム内でスターターデッキなども用意されているので、始めたばかりの人でもデッキレシピに困ることはないはず。

 

 

カードファイト! ! ヴァンガードG ストライド トゥ ビクトリー! ! 

 

f:id:everyday_yofukashi:20161117214645j:plain
(出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

「カードファイト! ! ヴァンガード」の3DSゲーム第三弾。

 

収録カード数は過去最大の3,800枚以上で、新能力である「双闘(レギオン)」や「超越(ストライド)」にも対応。「ヴァンガード」のシミュレーターとしては最高傑作のゲームです。

 

アニメファンはもちろんのこと、チュートリアルも充実しているので初心者でも安心してプレイできます。

 

オンラインでのネット対戦もあるので、「ヴァンガードに興味があるけど周りで一緒にプレイしている人がいない・・・」という人にもおすすめ。 

 

  

まとめ 

 

携帯ゲーム機のスペックも進化していて、据え置き機と遜色ないクオリティのゲームが3DSでも遊べるようになりました。

 

3DSはちょっとした空き時間や移動時間にも気兼ねなくプレイできるので、ライトユーザーはもちろん、ゲーム好きなヘビーユーザーにもおすすめできるハードです。 

 

ぜひ、3DSで人気のゲームタイトルを遊んでみてください。 

 

 

関連記事

 

【PS4】おすすめの名作ゲームソフト30本以上を紹介!【プレステ4】

【PS Vita】おすすめの名作ゲームソフト30本以上を一挙紹介!【ヴィータ】

【WiiU】おすすめのゲームソフト30本を紹介!【ひとりでもみんなでも楽しめる!】

【2017年上半期】これから発売する注目ゲームソフト!【PS4、Vita、Switch、3DSなど】

 

『ヴァルキリーアナトミア』の評価!ストーリーやゲームの魅力、バトルについて紹介!

ゲーム ゲーム-スマホ

f:id:everyday_yofukashi:20170319155002j:plain

 

北欧神話をモチーフにし、命を落とした英雄たちの魂を仲間にして戦うロールプレイングゲーム『ヴァルキリープロファイル』シリーズ。

 

そのスマホアプリ、『ヴァルキリーアナトミア -ジ・オリジン-』に最近ハマっております。

 

VALKYRIE ANATOMIA(ヴァルキリーアナトミア)
VALKYRIE ANATOMIA(ヴァルキリーアナトミア)
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted with アプリーチ

 

僕はスマホゲー特有の"作業感"が苦手で、普段はあまりスマホアプリをプレイしないのですが、『ヴァルキリーアナトミア』はアクション性が高く、ゲームとしてちゃんと面白いのでかなり熱中して遊べています。

 

今回は僕が今ハマっている『ヴァルキリーアナトミア -ジ・オリジン-』のゲーム内容やその魅力についてご紹介しましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

  

『ヴァルキリーアナトミア -ジ・オリジン-』ってどんなゲーム?

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319155133j:plain

 

ジャンル:ロールプレイングゲーム
対応機種:iOS、Android
開発元:ドキドキグルーヴワークス、セブンスコード
運営元:スクウェア・エニックス
プロデューサー:山岸功典
シナリオ:藤沢文翁
音楽:桜庭統
シリーズ:ヴァルキリープロファイルシリーズ
プレイ人数:1人
運営開始日:2016年4月28日

  

『ヴァルキリーアナトミア -ジ・オリジン-』は2016年4月28日よりスクウェア・エニックスから配信されている、スマホ用ロールプレイングゲームです。

 

本作の元となっているのは、1999年にPlayStationでシリーズ第一作目が発売された『ヴァルキリープロファイル』。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319153222j:plain

 

北欧神話をモチーフにした壮大なシナリオや、タイミングよくボタンを押してコンボを繋げていくアクション性が人気を博し、20年近く経った今でも新たなシリーズが発売されるほどの作品となりました。

 

本作『ヴァルキリーアナトミア -ジ・オリジン-』もシリーズの世界観を踏襲していて、「レナス・ヴァルキュリア」「オーディン」「ロキ」といったシリーズ登場キャラクターたちが多数参戦しています。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319145015j:plain

 

キャストは本作から一新されていて、レナス役の沢城みゆきさんやオーディン役の山寺宏一さん、雷神ソー役の津田健次郎さんなど豪華声優陣が担当。

 

新規キャストにはなっているものの、原作シリーズでレナス役を務めている冬馬由美さんがナレーションで起用されていたりと、原作ファンへの配慮も感じるキャスティングが嬉しいですね。

 

『ヴァルキリーアナトミア -ジ・オリジン-』のここが面白い! 

 

 死んだ英雄の魂を選定し、仲間にする・・・。重厚なシナリオに惹き込まれる!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319114230j:plain

 

太古の昔、この世界は9つに分かれていた…。

人間たちが住むミッドガルド、ヴァン神族が住む、 ヴァンナヘイム、アース神族が住むアスガルド… 妖精が住む国に、巨人族の国、冥界―

ある日を境に、9つの世界のバランスが崩れ、 全世界を巻き込んだ戦乱の日々が幕を開ける…

終わらぬ戦いの日々の中で、人々はひたすら待ち望んでいた…

この悲しみの先に現れるという「戦乙女ヴァルキリー」の降臨を…

 

『ヴァルキリープロファイル』シリーズ一番の魅力といえば、その重厚なストーリーでしょう。 

 

主人公レナス・ヴァルキュリアは「死んだ者の魂を選定する」という使命をもっていて、命を落とした多数の英雄たちの記憶をたどり、「この者は生きるに値するか否か」を選別していきます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319114006j:plain

 

『ヴァルキリーアナトミア』もその本筋は変わらず、死んだ英雄たちの記憶をたどり仲間にしながら物語を進めていくゲームです。

 

"一度死んだ者の記憶"をたどっていくストーリーなので、物語がとにかく切なくて悲しい。

 

如何にして戦い、如何にして死んでいったのか・・・。

 

正義や復讐、孤独など、どのキャラクターにも戦う理由があって、その理由のために死んでいった者たちなのです。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319153345p:plain

 

プレイしていると「今はこんなに明るいけど、こいつ最後は死ぬんだよなぁ・・・」という気持ちになりますね・・・。死に向かって進んでいく物語が本当にツライ。 

 

ストーリーは章立てになっていて、各章ごとにそのシナリオのメインとなるキャラ(要するに「死ぬキャラ」)がいます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319114433p:plain

 

物語の本筋をたどる「メインストーリー」と、各キャラクターたちの背景が深堀りされていく「サイドストーリー」のふたつが存在。

 

サイドストーリーにはそれぞれ解放条件があり、条件を達成することでどんどん解放されていきます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319114124p:plain

 

特定キャラのサイドストーリーを解禁するには、「そのキャラのレベルが〇〇以上」というものが多いので、好きなキャラを使い込んでいると自然とサイドストーリーが解禁されていくのが嬉しいですね。

 

タイミングよくボタンを押してコンボを繋ぐ!シリーズ固有のシステムがきちんと再現されていて戦闘が面白い!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319141215j:plain

 

『ヴァルキリープロファイル』シリーズはRPGなのですが、戦闘にはアクション要素もあります。『テイルズ オブ』シリーズみたいな感じといったら分かりやすいでしょうか? 

 

シリーズ固有のシステムとして「タイミングよくボタンを押してコンボを繋げていくことで大ダメージを与えられる」 というコンボシステムがあるのですが、スマホアプリになった本作でもそれはしっかりと再現されています。

 

本作『ヴァルキリーアナトミア』はターン制で進行。

 

キャラクターにはそれぞれ行動回数が設定されていて、全員の行動回数が0になると敵のターンに移ります。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319123054p:plain

 

キャラクターをタップすることで攻撃が発動。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319122936p:plain

 

通常の「斬りつけ」や敵を浮かす「斬り上げ」などさまざまな特性をもった攻撃があるので、それらを把握して「このキャラの斬り上げ攻撃で敵を浮かせて、別のキャラが弓で追撃」といった感じでコンボを繋げていきます。

 

パーティメンバーは最大4人まで設定できるのですが、キャラによって行動回数や攻撃特性が違うので、キャラの組み合わせや攻撃の順番によってコンボの繋がり方がまったく変わってくる。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319123918p:plain

 

新しいキャラが加入すると「このコンボは繋がるかな?」なんて試行錯誤しながらバトルを楽しめるアクション性が面白いですね。

 

「アクション性高そうで上手くプレイできるか心配・・・」という人には「オート戦闘」がおすすめ。手動プレイよりはコンボ精度が落ちますが、CPUが自動でコンボを繋げて戦ってくれます。

 

通常攻撃のコンボ以外にも、特別な技である「アクションスキル」の使い方も重要です。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319124642j:plain

 

アクションスキルには「敵に大ダメージを与える技」や「味方を回復させる技」、「味方の攻撃力や防御力を上げる技」などさまざまなものがあります。

 

装備している武器によって使えるアクションスキルが違うので、それらを上手く使っていくことが超重要。

 

序盤はゴリ押しでも大丈夫ですが、中盤以降になると「いかにアクションスキルを上手く使うか?」がバトルで勝つカギになってくるのです。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319124823j:plain

 

また、本作の必殺技にあたる「ピュリファイアタック」もバトルを盛り上げてくれる大事な要素です。

 

コンボを繋げていくことで画面左下の「ピュリファイゲージ」が上昇。ゲージが最大案で溜まると、敵を一掃することができる「ピュリファイアタック」を発動することができます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319140600p:plain

f:id:everyday_yofukashi:20170319140610j:plain

f:id:everyday_yofukashi:20170319140617j:plain

f:id:everyday_yofukashi:20170319140623j:plain

 

ピュリファイアタックの演出がとにかくド派手でカッコいい。

 

原作でおなじみの主人公レナスの必殺技、「ニーベルン・ヴァレスティ」もバッチリ再現されています。

 

バトル演出のカッコよさも本作の魅力ですね。 

 

VALKYRIE ANATOMIA(ヴァルキリーアナトミア)
VALKYRIE ANATOMIA(ヴァルキリーアナトミア)
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted with アプリーチ

 

クエストは一部屋ずつ移動していくダンジョン形式!「バトル」や「探索」をしながら先へ進む!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319141945j:plain

 

本作のダンジョンは多数の部屋が繋がっていて、その中を移動しながら宝箱を集めたり、敵と戦ったりして先へと進んでいきます。

 

移動するごとに「AP」を消費し、APが0になると行動不能に。時間経過orアイテム課金でAPを回復する必要があります。他のゲームでいうスタミナですね。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319142516p:plain

 

ステージによってはかなり入り組んだマップになっていることもあり、「どういう順路で敵を倒して進むか」というのを考えることが重要になります。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319143325j:plain

 

ちなみに移動でのAP消費は「最初に部屋に入るときのみ」なので、一度踏破した部屋は再び入ってもAP消費はありません。APの無駄遣いは起きないようになっているのが嬉しい配慮ですね。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319144325p:plain

 

ダンジョンでは移動するだけでなく、怪しい場所で使うことで新たな道や宝箱が発見できる「探索」やHPを回復する「休息」、敵に投げつけることで強制撃破できる「晶石」といった行動も存在し、移動時にも頭を使いながら遊べるのがいい感じ。

 

「武器生成」で強力なレア武器をゲット!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319150101p:plain

 

『ヴァルキリーアナトミア』は武器ガチャのみのシステムになっています。

 

キャラクターはメインストーリーや期間限定クエストをクリアすることで手に入るので、「好きなキャラが出ない!」と無闇にキャラガチャで散財することがないのは助かりますね。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319150310p:plain

 

武器を手に入れるための「武器生成」にはダンジョンクリア時にもらえる「秘石」が必要で、武器レアリティには★1~★6までが存在。レアリティが高くなればなるほど、能力が高くなります。

 

★6武器はかなり強力なので、必ず手に入れておきたいところ。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319151158j:plain

 

週末限定で「★6武器一本確定」のガチャイベントが開催されたりするので、ストーリークリアやログインボーナスで秘石を溜めておけば割とすぐに★6武器は手に入るはずです。

 

僕も★6確定ガチャで、敵全体に炎属性の特大ダメージが与えられる強力な武器「神剣ギャラルホルン」をゲットしました。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319150630j:plain

 

『ヴァルキリーアナトミア』はどの武器もカッコいいデザインのものばかりですね。収集欲を掻き立てられます。

 

期間限定コラボイベントも多数!今なら『スターオーシャン』キャラが手に入る!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319152046p:plain

 

『ヴァルキリーアナトミア』は定期的にコラボイベントを実施しています。今なら同じトライエース作品の『スターオーシャン』キャラが手に入るイベントが開催中です。

 

3月19日現在コラボ中のキャラは、『スターオーシャン3』の人気キャラ「クリフ・フィッター」

 

コンボ数をめちゃくちゃ稼げる超優秀キャラなので、これから始める人はぜひゲットしておきたいところ。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170319152440j:plain

 

『スターオーシャン』コラボ以外にもさまざまな期間限定イベントがあります。

 

そのときにしか手に入らない強力なキャラや武器ばかりなので、気になった方はお早めにゲームをダウンロードして手に入れてください!

 

VALKYRIE ANATOMIA(ヴァルキリーアナトミア)
VALKYRIE ANATOMIA(ヴァルキリーアナトミア)
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted with アプリーチ

 

目に悪影響?ブルーライト対策におすすめの方法5選!

ライフハック ライフハック-便利グッズ

f:id:everyday_yofukashi:20170317163148j:plain

 

日中のデスクワークや通勤通学時のスマホ、帰宅してから観るテレビなどによって、僕たちの目は常にブルーライトにさらされています。

 

ブルーライトは視力の低下や不眠といった悪影響を及ぼすことで知られており、パソコンやスマホが手放せない現代人にとって避けては通れない問題です。

 

僕も一日10時間以上パソコンやスマホなどのディスプレイを見続けているため、ブルーライトによって目の疲れなどを感じる日々を過ごしていました。

 

「このままではマズイぞ・・・!」と思い、さまざまな"ブルーライト対策"を実施。

 

そこで今回は、僕がおすすめする「ブルーライト対策の方法5選」をご紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

そもそも「ブルーライト」ってなに?

 

近年になって急速に認知されるようになった「ブルーライト」という言葉。

 

「なんとなく聞いたことはあるけど、イマイチよく分からない」という人も多いのではないでしょうか?

 

ブルーライトとは簡単にいうと、「刺激の強い光」のこと。

 

一般に僕たちが「光」と呼んでいるものは、ヒトの目で見ることができる、別名「可視光線」とも呼ばれています。

 

可視光線の波長はおよそ400~800nm(ナノメートル)で、400nmより波長が短くなると「紫外線」、700nmより長くなると「赤外線」と呼ばれるものになります。

 

当然ですが、可視光線の波長から外れた紫外線や赤外線はヒトの目では見ることができません。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170317145950j:plain
(出典:ブルーライトとは | ブルーライト研究会

 

ブルーライトの波長は350nm~500nmで、紫外線にもっとも近い可視光線です。

 

波長が短ければ短いほど強いエネルギーを持つため、ブルーライトは可視光線のなかでも網膜への刺激が一番強い光ということになります。

 

光を感知する機能を持つ網膜へ強い刺激が与えられると、目の疲れや痛み、さらには視力低下や睡眠障害といった悪影響が起きてしまう。

 

そのため、世間では盛んに「ブルーライト対策が必要!」と叫ばれているわけですね。

 

ブルーライトはパソコン、スマホ、テレビ、ゲームといったあらゆるデジタルディスプレイ機器から発生しています。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170317150620j:plain

 

これらのデバイスは現代人にとって無くてはならない物ばかり。「目に悪いから」とどんなに避けようとしても、避けられるものではありません。

 

なので"適切なブルーライト対策"を施し、ブルーライトと上手く付き合うことが重要になるのです。

 

ブルーライト対策におすすめの方法!

 

1.  ブルーライトカット眼鏡をかける

 

ブルーライト対策の王道が、ブルーライトカット眼鏡をかけることです。

 

眼鏡をかけるだけでどんなデバイスからのブルーライトも防いでくれるので、その手軽さも人気の秘訣。 

 

ブルーライトカット眼鏡のメジャー商品は『JINS SCREEN』ですが、僕は『iTone』をおすすめします。 

 

ブルーライトカット眼鏡ならカット率80%の『iTone IBL-800A』がおすすめ! - 心はいつも悠々自適

 

ブルーライトカット眼鏡の品質基準となる「カット率」において、『JINS SCREEN』では最大60%のカット率に対し、『iTone』はそれを上回るカット率80%を誇ります。

 

デザインもなかなかオシャレなので、僕もすっかり気に入っている商品です。

 

 

2. ブルーライトカットフィルムを貼る 

 

スマホやパソコンのディスプレイに貼る、「ブルーライトカットフィルム」もおすすめです。一度貼ってしまえば効果はずっと続くし、眼鏡をかけたりする手間もありません。

 

ブルーライトを防いでくれるだけでなく、画面保護や反射防止の効果もあるのがいいですね。 

 

ブルーライトカットフィルムは各デバイスの合わせた商品がたくさん販売されていますので、使用しているモニターやスマホに合った商品をご購入ください。

 

ただしフィルムを貼ると画面の色味が変わってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

 

 

 

3.  ブルーライト軽減アプリを使う

 

お手軽かつ非常に便利なのが、「ブルーライト軽減アプリ」を使うことです。

 

ブルーライト軽減アプリは画面の色温度を暖色系に切り替えることで、ブルーライトの発生を抑制するというもの。

 

「寝る前や家にいるときはONにして、外出時は切っておく」といったことができるので、使用状況に応じて臨機応変に使えるのがいいところです。

 

僕がおすすめするアプリはWindows&Macで使える無料ソフト「f.lux(フラックス)」。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170317162756p:plain

 

海外製のフリーソフトですが日本での使用率も高く、高評価レビューが多いアプリです。

 

使い方についてはこの記事がとても詳しく説明されているのでおすすめ。

PCのブルーライトを抑える! 無料ソフト「f.lux」の使い方 | できるネット

 

スマホだと僕は「ブルーライト軽減フィルター」を使っています。

 

Android版のみのアプリですが、フィルターの色を選択できたり、最大80%までブルーライトをカットすることができたりと非常に便利。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170317162714j:plain

 

さらに機能が追加された有料ライセンス版もありますが、無料のままでも十分使えるアプリです。

 

ブルーライト軽減フィルター ~ ブルーライトはアプリで対策!
ブルーライト軽減フィルター ~ ブルーライトはアプリで対策!
開発元:Hardy-infinity
無料
posted with アプリーチ

4. 「ルテイン」が摂取できるサプリメントを飲む

 

f:id:everyday_yofukashi:20170317163302j:plain

 

ブルーライト対策には外側からの防御だけでなく、内側からのケアも大切です。そこでおすすめしたいのが「ルテイン」の摂取。

 

ルテインとはほうれん草やニンジン、かぼちゃといった緑黄色野菜に含まれている天然色素のことで、人間の目の網膜や水晶体に多く存在しています。 

 

ルテインは紫外線やブルーライトによる高エネルギーの光を吸収し、活性酸素を除去する効果があります。

 

それによって網膜の変性を防ぎ、目の健康を維持する効果があるのですが、ルテインは体内で生成することができません。

 

そのため、食べ物やサプリメントで補う必要があるのです。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170317163356j:plain

 

ルテインの一日の摂取目安量は6mgとされていますが、ほうれん草に換算するとサラダボウル5杯分にも。これだけの量を毎日食べるのは大変ですよね。 

 

効率よくルテインを摂取するためにおすすめのサプリメントが、一粒で20mgものルテインが摂取できる『デスクラーク』 という商品。 

 

ブルーライトを浴び続ける現代人のために!「デスクラーク」

 

ブルーライトによる目の疲れに特化したサプリメントで、日々のデスクワークで眼精疲労や肩こりに悩まされている人にも効果があります。

 

まとめ

 

ブルーライト対策というとカット眼鏡ばかりが注目されがちですが、それ以外にもさまざまな方法があります。

 

それぞれの方法にメリット・デメリットがありますので、自分に合った対策を見つけて始めてみてください。

 

 

関連記事 

 

ブルーライトカット眼鏡ならカット率80%の『iTone IBL-800A』がおすすめ!

Elecomの超軽量バックパック『BM-BP01』レビュー!背負い心地バツグンで外での仕事に大活躍!

Blutoothイヤホン『SoundPEATS Q12』のレビュー!低価格なのに防水対応だからスポーツで大活躍!

 

【PS4】協力プレイがおもしろい!多人数で遊べるおすすめのゲームソフト!

ゲーム ゲーム-PS4

※2017年3月16日 更新

 

友達や恋人、家族とワイワイ盛り上がりながら遊ぶゲームの「協力プレイ」。

 

一人ではどうしてもクリアできないステージを手伝ってもらったり、武器や素材集めをみんなで楽しんだりと、協力プレイのおもしろさは一人で遊ぶ時の何倍にもなります。

  

PS4にはオンラインでのマルチプレイや画面分割での協力プレイができるゲームが多数ありますので、今回は僕がおすすめする「協力プレイがおもしろいPS4のゲームソフト」をご紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり

 

f:id:everyday_yofukashi:20160922150448j:plain
(出典:http://game-max.hatenablog.com/

 

オンラインマルチ:2~4人まで

画面分割プレイ:なし

 

言わずと知れた国民的RPG『ドラゴンクエスト』をアクションRPGにしたゲーム。プレイヤーは士官学校に留学中である青年「ラゼル」と、そのいとこであり士官候補生である少女「テレシア」の2人から主人公を選ぶことができます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20160922150825j:plain
(出典:http://takanohimatubusi.com/

 

ゲームとしては『戦国無双』などの無双シリーズのような感覚で、簡単操作で爽快感が味わえるアクションRPGです。ドラクエシリーズおなじみの敵や呪文、特技が登場するのでこういったアクションRPGの経験があまりない人でも世界観に入り込みやすいものとなっています。

 

オンラインプレイでは、ドラクエ4のアリーナやトルネコ、ドラクエ6のテリー、ドラクエ8のゼシカやヤンガスなど過去のドラクエシリーズに登場した人気キャラたちが使用可能。各キャラクターたちが個性豊かな呪文や特技で暴れまわりゲームを盛り上げてくれます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20160922151003j:plain
(出典:http://yakuto-game.com/

 

マルチプラットフォームに対応しているので、PS3版やVita版しか持っていない人とも一緒に遊ぶことができるのもうれしい。

 

 

地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR

 

f:id:everyday_yofukashi:20160922141007j:plain
(出典:http://ps4ch.com/

 

オンラインマルチプレイ:2~4人まで

画面分割プレイ:あり(2人まで)

 

画面せましと暴れまわる巨大生物から地球を守るアクションゲーム。バカでかいアリやクモ、ハチといった生物からUFOのような飛行物体、はたまた巨大怪獣などさまざまな敵を近未来兵器を使って倒していきます。

 

オンラインのマルチプレイでは四人まで、オフラインの画面分割では二人で協力して遊ぶことが可能。

 

f:id:everyday_yofukashi:20160922141728j:plain
(出典:http://karaageprince.seesaa.net/

 

今作では選べる兵科が増えました。耐久力があり使いやすい武器のそろった「レンジャー」、空を飛び火力の高い武器で戦える「ウイングダイバー」、支援兵器や乗り物を呼び出せる「エアレイダー」、高耐久・高火力武器が使える二刀装甲兵の「フェンサー」といった四つの兵科からキャラクターを選択できるので、協力プレイでの遊びの幅が広がったのも嬉しいところ。

  

PS4のゲームとしてはやや大味なところがあるものの、その分誰にでも分かりやすく遊びやすいアクションゲームとなっています。

 

   

コール オブ デューティ ブラックオプスⅢ

 

f:id:everyday_yofukashi:20160922150213j:plain(出典:http://www.upoi-cool.com/

 

オンラインマルチプレイ:2~6人

画面分割プレイ:あり(2~4人まで)

   

大人気FPSシリーズ『コールオブデューティー ブラックオプス』の最新作。FPSと聞くと敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、今回おすすめするポイントは対人戦ではなく、みんなで協力して進む「ゾンビモード」です。

 

このモードは迫りくるゾンビたちを撃ち倒しながら、ステージの謎やギミックを解いていくもので、CPUを相手にするので上手い人にわけもわからずボコボコにされるようなことがありません。

 

f:id:everyday_yofukashi:20160922143649j:plain
(出典:http://fpsjp.net/

 

「ゾンビモード」はシリーズではおなじみのもので、今作ではさらに武器の種類や謎解きのギミックが増え、これだけでも十分に遊べるものに仕上がっています。「ゾンビモード」ならではの突拍子もない武器が使えるのも楽しい。

 

f:id:everyday_yofukashi:20160922143920j:plain
(出典:http://fpsjp.net/

 

実は僕もこの『ブラックオプスⅢ』からFPSに参入しました。友人宅にて「ゾンビモード」を画面分割て遊んで以来FPSに興味がわき、自分も購入して始めたのがきっかけです。

 

ゲームに慣れてきたらFPSの醍醐味である「対人戦」を遊んでみるといいでしょう。

 

  

7 Days to Die(北米版)

 

f:id:everyday_yofukashi:20170204220854j:plain
(出典:http://www.4gamer.net/games/

 

オンラインマルチプレイ:2~4人

画面分割プレイ:あり(2人まで)

 

荒廃した世界にあふれるゾンビたちを相手に、武器や資源、建物などあらゆる資材を使って「7日間生き残る」ことを目的としたオープンワールドサバイバルゲーム。

 

いわゆるゾンビゲーなのですが、このゲームの特徴となるのは「マインクラフトのように自由に建築したり、アイテムを組み合わせて武器や食事を制作できること」です。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170204221414j:plain

 

アジトを強固に改造するため鉱山に潜って鉄鋼を集めたり、強力な武器を手に入れるため空き家を探索して素材を探したり。何百種類も存在する資材を利用し、ゾンビたちから生き残るための術を企てます。 

 

わらわらと襲い掛かってくるゾンビたちを対処しながらの素材集めは緊迫感があり、マインクラフトでは味わえないスリルがある。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170204221932j:plain

 

一人では生き残るのが難しい状況でも、フレンドと協力することで素材集めの効率が上がったり、ゾンビから身を守るアジトの建築が捗ったり。孤立した状況で数少ない仲間たちとのサバイバル生活を体験できます。

 

また、スキルの概念もあるのが面白い。スキルレベルを上げていくことで、ダメージアップやクラフト時間短縮、生産品の品質向上といったサバイバル生活に役立つ能力が手に入ります。

 

フレンドと一緒にプレイしていても、スキルによって自分だけのキャラクターに仕上がっていくのが素晴らしい。

 

ちなみに本作は日本語版が発売されておらず、北米版のみの販売となっています。PS4は北米版のソフトも起動できるので遊ぶことはできますが、全編英語表記になるので苦手な方は注意してください。

 

 

ディアブロⅢ リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション

 

f:id:everyday_yofukashi:20160922145041j:plain
(出典:http://www.gamespark.jp/

 

オンラインマルチプレイ:2~4人まで

画面分割:なし(1画面で4人までプレイ可能)

  

ハック&スラッシュ系アクションRPGの名作『ディアブロⅢ』のPS4版。入るたびにランダム生成されるマップに繰り返し潜ることで、より強力な武器やアイテムを手に入れてキャラクターを強くしていくゲームです。

 

いわゆるモンハンのように、繰り返しクエストをこなすことでより強い武器を手に入れていく面白さがあるゲームなので、友達と協力しながら遊ぶのが非常に楽しい。

 

f:id:everyday_yofukashi:20160922145330j:plain
(出典:http://s.webry.info/

 

今作では接近戦が得意な「バーバリアン」、攻撃と防御のバランスに優れ、盾を扱う「クルセイダー」、火力の高い魔法が使える「ウィザード」、死者を操る「ウィッチ・ドクター」、格闘術と聖なる力で戦う「モンク」、そして暗殺術と弓術を使う「デーモンハンター」の5つのクラスから選ぶことができます。

 

それぞれに固有のスキルがあり、レベルを上げていくことでクラスごとの個性豊かなスキルを扱うことが可能。ド派手な技で敵を一掃したり、渋い支援技で味方を援護したりと各プレイヤーのスタイルにあった遊び方ができます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20160922145721j:plain
(出典:http://inumaru-log.net/

 

コツコツとダンジョンに潜り、せっせと宝箱を開ける・・・。そんな風に地道に強くなっていく感覚が好きなゲーマーにはもってこいの一本です。

 

 

マインクラフト

 

f:id:everyday_yofukashi:20170316225607j:plain
(出典:https://www.jp.playstation.com/

 

オンラインマルチプレイ:2~8人まで

画面分割:あり(4人まで)

 

全世界で1億本以上の売り上げを記録した大人気サンドボックスゲーム。

 

土や木、鉱石といったブロックを破壊して材料を集め、自分の思い描くままに世界を作っていくことができます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170316225903j:plain

本作のワールドデータ(世界)はすべてランダム生成となっており、草原や砂漠、山岳地帯や海といったさまざまな環境が組み合わさって、ゲームを始めた段階から自分オリジナルの世界が眼前に広がります。

 

村や廃鉱、遺跡といった建造物も多数存在しているので、仲間とともに探索するのも楽しい。

 

『マインクラフト』のマルチプレイの魅力は、その遊び方の自由度にあると思います。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170316231008j:plain

 

一人では作りきれないような壮大な建物を協力して作るもよし、恐ろしい怪物がいるダンジョンを仲間とともに冒険するもよし。

 

プレイヤー次第で、どんな遊び方でも楽しむことができるのです。

 

さらにPS4版ならではの機能として、「最大4人まで遊べるオフラインでの画面分割プレイ」があります。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170316231721j:plain

 

コントローラーさえ用意しておけば、画面分割で最大4人まで同時にオフラインプレイが可能。友達を部屋に呼んで遊んだり、家族4人で協力して遊んだりすることができます。

 

オンラインなら最大8人まで同時に協力プレイができるので、フレンドとボイスチャットしながらワイワイ楽しむことも。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170316231612j:plain

 

非常に自由度の高いゲームなので、一度ハマると抜け出せない中毒性があります。僕も一時期は黙々と地下を掘り続ける作業に没頭していたことが・・・。

 

一人で遊んでも十分楽しいですが、仲間と協力することでよりゲームの魅力が増す、PS4タイトルのなかでもマルチプレイ向きのゲームだと思います。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?協力プレイにはソロプレイでは味わえないおもしろさがあります。

 

昔は協力プレイといえば「部屋で肩を並べて」というのが一般的でしたが、今はオンラインで手軽に友達と遊ぶことができます。

 

この機会にぜひ、協力プレイができるPS4のゲームで遊んでみてください。

 

オンライン協力プレイに必須のボイスチャットには、7.1chバーチャルサラウンドが体感できるSONYの『プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット』がおすすめです。

 

実際に使ってみたレビューはこちら▽

【PS4】『プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット (CUHJ-15005)』の評価/レビュー! - 心はいつも悠々自適

 

 

関連記事 

 

【PS4】おすすめの名作ゲームソフトをまとめて紹介!【プレステ4】

【PS4】100時間以上遊べる!やり込み要素たっぷりのおすすめソフト!

【PS4】おすすめの「RPG」ゲームソフト7本を紹介!

【PS4】おすすめの周辺機器&アクセサリーを紹介!【PS VRやヘッドセット、本体専用スタンドなど】

 

スポンサードリンク