心はいつも悠々自適

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

『中間管理録 トネガワ』の感想!「カイジ」の皮をかぶったギャグ漫画に捧腹絶倒!

みなさんは『カイジ』をご存知でしょうか。マンガ好きならもちろん、実写映画化もされたので一般層にもそれなりの知名度を誇っている作品だと思います。。

 

『カイジ』と聞いて連想するものといえば、「負けたら廃人コース決定の限定じゃんけん」とか「高層ビルのあいだの鉄骨を命綱なしで渡る」といった、非常に過酷なものばかり。

 

ギリギリの勝負を強いられることで浮き彫りになる、人間の浅ましさや醜さ、恐怖心を描いた作品といった印象を持つ人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、そんな『カイジ』の世界観を使って、とんでもない"ギャグ漫画"が現在連載されています。

 

それが、『中間管理録 トネガワ』という作品。

 

 

本編とはあまりにもかけ離れた世界観が話題となり、一部界隈ではすでに大人気となっている本作。宝島社が発表した「このマンガがすごい!2017年 オトコ編」でも第1位を獲得しました。

 

「このマンガがすごい」といえば、過去の受賞作は『進撃の巨人』や『テラフォーマーズ』、『聲の形』などアニメ化や映画化もされた話題作ばかり。

 

『中間管理録 トネガワ』は僕も連載当初から読んでいて大好きな作品なので、「これはもう紹介するしかないな!」と思い立ちこの記事を書いた次第です。

 

『カイジ』好きならすでに読んでいる人も多いでしょうから、この記事では「『カイジ』を読んだことがない人」にも『中間管理録 トネガワ』がどんな話か分かるように、ご紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

『中間管理録 トネガワ』ってどんなマンガ?

 

『カイジ』の宿敵として登場した「利根川」が主役のスピンオフ作品!

 

『中間管理録 トネガワ』の主人公は、本編ではあらゆる手でカイジを苦しめてきた宿敵「利根川」です。

 

巨大企業「帝愛グループ」の幹部で、その圧倒的カリスマ性と鋭い洞察力による勝負強さでファンからの人気も高いキャラクター。

 

「Fuck You. ぶち殺すぞ・・・ゴミめら・・・!」から始まる演説は、生ぬるい環境で生きてきたクズたち(僕も含め)の目を覚まさせるには十分すぎるインパクトがありました。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118191802j:plain

 

本編では冷徹でまぁ恐ろしいキャラクター故、『中間管理録 トネガワ』が始まった当初は「いったいどんな話になるんだ・・・」と不安半分、期待半分だった僕。

 

しかしふたを開けてみると、とんでもないギャグ漫画をぶち込んできたのです。

 

上司と部下のあいだで苦悩を続ける「中間管理職」の辛さをコミカルに描いた作品!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118193656j:plain

 

『中間管理録』というタイトルでもうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、本作は上司と部下のあいだに挟まれた「中間管理職」である利根川の奮闘劇です。

 

本編では恐ろしいほどの迫力を持っていた利根川も、「帝愛グループ」のなかでは上司である会長(兵藤)と部下である黒服たちに悩まされる微妙な立場。

 

「暴君」と恐れられる兵藤会長のご機嫌を取りつつ、部下である黒服たちのマネジメントもこなしていかなければなりません。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118193404j:plain

 

「帝愛グループ」は会長が絶対王政を敷く企業。会長の思いつきひとつですべてのプロジェクトは動き、そのために利根川は楽しみにしていた週末のゴルフがパァになってしまうのです。いやぁ、パワハラの極み。

 

作者は本編とは別の人!「原作:萩原天晴・漫画:橋本智広、三好智樹・協力:福本伸行」の体制で描かれる

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118195801j:plain

 

そもそもこの『中間管理録 トネガワ』、作者は本編を描いている福本伸行さんとは別人です。これがすごい。

 

原作:萩原天晴、漫画:橋本智広、三好智樹という体制で、原作者の福本伸行さんは「協力」という形で携わっています。

 

福本さんの絵ってめちゃくちゃ特徴的なので、『カイジ』ファンからすると「他の人が書いて大丈夫なの・・・?」なんていう不安もあったのですが、杞憂に過ぎませんでした。

 

橋本さん三好さんの絵柄はカンペキで、『カイジ』本編と正直見分けがつかないくらいのトレースっぷり。福本さんの絵が特徴的すぎるが故に、真似しやすいのかな?

 

原作の萩原さんも素晴らしい。福本さんとは違うベクトルですが、負けず劣らずぶっ飛んだシナリオを描いてくれます。

 

『中間管理録 トネガワ』の笑えるポイント!

 

「黒服」の自己紹介だけで笑う

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118200832j:plain

 

「帝愛グループ」の"その他大勢"である黒服たち。彼らをまとめあげる必要のある利根川は、みんな同じような顔をした黒服たちを区別するために自己紹介をさせるシーンがあるのですが、これだけでもう面白い。

 

彼らの上司として、ひとりひとりの顔と名前を覚えようと必死に努力する利根川の姿は滑稽さと哀愁を兼ね備えています。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118201507j:plain

 

しかし結局、黒服たちは容姿だけでなく名前や趣味も似たり寄ったりで、覚えきれず利根川は泣き崩れてしまいます。がんばれ利根川。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118202250j:plain

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118202439j:plain

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118202518j:plain

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118202648j:plain

 

利根川がカツ丼食べるだけで笑う

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118202924j:plain

 

『孤独のグルメ』ばりに、サラリーマンのささやかな昼時を楽しむ利根川も見ることができます。もうすでにこの時点で面白い。

 

この回で利根川はガッツリ「かつ丼」を決め込もうとするのですが、そこで遭遇したメニューに、カイジとの対決ばりの衝撃を受ける利根川。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118203220j:plain

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118203431j:plain

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118203515j:plain

 

かつ丼ひとつでここまで焦る利根川がもう面白すぎて、涙が出るほど笑いました。いくら利根川とはいえ、体は完全におっさん。若い頃のように「油モノをガツガツ」というわけにはいきません。

 

集中線の使い方や演出、焦り方は、本編でヒリヒリとした勝負をしている利根川そのもので、そのギャップに笑います。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118203849j:plain

 

f:id:everyday_yofukashi:20170118203921j:plain

 

まとめ

 

他にも「焼き土下座鉄板の上でバーベキューを楽しむ利根川」や「ムーンウォークで新郎新婦を盛り上げる利根川」など、いろんな"おもしろ利根川"があるのですが、この続きはマンガで読んでみてください。

 

あとは僕が大好きなのは兵藤会長関連。「帝愛の会長といえどおじいちゃん・・・!とどのつまりおじいちゃん・・・!!」とか「王にも必要スキンケア・・・!」とか天才的な言い回しで笑わせてくれます。

 

『カイジ』を知っている人ならもちろん、まったく読んだことがないという人でも『中間管理録 トネガワ』はひとつのギャグ漫画として楽しめると思います。

 

『マンガBANG!』全巻無料で試し読みができるので、気になった方はぜひ一度読んでみてください。

 

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 

関連記事

 

『ファイアパンチ』のネタバレ感想!凍えた世界で復讐を誓うダークファンタジー

【無料で試し読みも】『恋は雨上がりのように』の感想!恋愛漫画が苦手な男性にこそ読んでもらいたい!

『ダンジョン飯』がおもしろい!「RPG×料理」のファンタジー作品!

 

スポンサードリンク