心はいつも悠々自適

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

Nintendo Switchで使えるおすすめのmicroSDカード!基礎知識や選び方のポイントも!

f:id:everyday_yofukashi:20170331131432j:plain

 

2017年10月31日 更新

 

Nintendo Switchの本体容量は32GBありますが、ゲームをダウンロードしたり、スクリーンショットをバンバン撮ったりするには心もとない容量ですよね。

 

今後ソフトのラインナップが充実してセーブデータが増えてきたら、それだけで容量を圧迫してしまう可能性もあります。

 

そこでおすすめしたいのが「microSDカード」の導入。

 

SwitchはmicroSDカードに対応しているので、「容量が心配・・・」という方は早めにmicroSDカードを買っておくと安心です。

 

でもmicroSDカードって容量や書き込み速度の違いなど種類がたくさんあるので、「どれを買ったらいいの?」と迷う方も多いかと思います。

 

そこで今回は、「Nintendo Switchで使えるおすすめのmicroSDカード」をご紹介!

 

「転送速度」や「クラス」といったmicroSDカードの基礎知識から、Switchの用途に合わせたおすすめの容量などを丁寧に説明していきます。

 

これからSwitchを買おうという方、すでにSwitchを持っているけどmicroSDカードはまだ持っていないという方の参考になればと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

microSDカードの基礎知識

 

microSDカードに保存できるSwitchのデータは「ゲームデータ」と「画像データ」のみ!「セーブデータ」は保存できないので注意!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170331132105j:plain

 

僕もこれはSwitchを買ってから知った事実なのですが、セーブデータは本体メモリーにしか保存ができないので注意が必要です。

 

microSDカードを挿しても、セーブデータをそちらに保存したり転送したりはできません。

 

「じゃあmicroSDカードには何が保存できるの?」というと、

 

  • ダウンロード版ゲームデータ
  • スクリーンショットなどの画像データ

 

の二つです。

 

Switchのダウンロード版ゲームのデータ容量はかなり大きく、『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』なら13.6GBにもなり、2~3つのタイトルを保存したらもう本体容量の32GBはいっぱいになってしまいます。

 

そのため、ダウンロード版のゲームで遊ぶことを考えている方は大容量のmicroSDカードの購入が必須となるでしょう。

 

micoroSDカードには64GBや128GB、さらには256GBといった大容量のものが存在するので、こういったものを用意しておけばダウンロード版ゲームを遊ぶ時も安心です。

 

microSDカードは容量の違いによって3種類が存在!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170331132248j:plain

 

一口に「microSDカード」といっても、容量によって「microSDカード」、「microSDHCカード」、「microSDXCカード」と呼び名が変わってきます。

 

それぞれの違いは以下の通り。

 

  • microSDカード:~2GBまで
  • microSDHCカード:4GB~32GB
  • microSDXCカード:64GB以上

 

Switchはどの規格にも対応しているので、基本的にはどれを買っても使うことができます。

 

しかしせっかく外部メモリーを買うなら、64GB以上のmicroSDXCカードを購入したほうがいいでしょう。

 

転送速度は読み込みや保存するときのスピード!

 

microSDカードの転送速度は、データを読み込むときや保存するときのスピードに影響します。「90MB/秒」「80MB/s」といった感じで記載されているのが転送速度ですね。

 

転送速度が早ければ、ダウンロード版ゲームの保存やロードがサクサク動いてくれます。

 

転送速度の違いによって、「スピードクラス」と呼ばれる規格の違いが存在。「CLASS 10」は、「1秒間に最低でも10MBのデータ転送を保証する」という意味です。

 

  • CLASS 2:2MB/sec
  • CLASS 4:4MB/sec
  • CLASS 6:6MB/sec
  • CLASS10:10MB/sec

 

さらに高速転送を実現した「UHS-I(ウルトラハイスピード)」という規格も存在します。

 

  • UHS-I(クラス1):最大転送速度104MB/sec、最低転送速度10MB/sec
  • UHS-I(クラス3):最大転送速度104MB/sec、最低転送速度30MB/sec

 

SwitchはUHS-Iに対応しているので、これらのmicroSDカードも選択肢に入りますね。

 

やや値段は張りますが、ダウンロード版ゲームのロード時間が短縮したり、インストールが素早く終わったりと快適に遊べるようになるので、UHS-Iの商品を選ぶのがいいでしょう。

 

microSDカードを「信頼性」が重要!

 

microSDカードを選ぶ際に、「容量」「転送速度」以外にも重要な要素があります。

 

それは「信頼性」

 

信頼性というのは、「そのメーカー商品は初期不良が少ないか?」「ちゃんとSwitchに対応しているか?」といった要素です。

 

どれだけ大容量、ハイスピードのmicroSDカードを買っても、すぐに壊れたりSwitchでは使えなかったりしたら意味ないですからね。

 

そういう意味では、この「信頼性」というのはもっとも重要といっても過言ではありません。

 

本記事で掲載しているmicroSDカードは、「すべてSwitchでの動作確認済み商品」になります。

 

次にご紹介する商品を選べば、まず間違いないので安心です。

 

バツグンの人気!コスパ最強の「Transcend」 

 

 

Amazonのレビューランキングでも長い間1位を取り続けているのが、この「Transcend」という商品です。

 

CLASS10、UHS-Iに対応はもちろんのこと、転送エラーの少なさや故障時のサポート対応のよさなど、信頼性も高いのが素晴らしい。

 

価格も安いので、コスパ最強のmicroSDカードは間違いなく「Transcend」でしょう。

 

僕個人としても一番のおすすめ商品です。

 

  • 最大転送速度60MB/秒
  • 転送エラーが少なく動作が安定している
  • 価格も安いのでコスパ抜群

 

信頼度No.1!任天堂公式ライセンス商品の「ホリ」 

 

 

安全性・信頼性という点では、任天堂公式ライセンス商品である「ホリ」のmicroSDカードが一番でしょう。

 

メーカー側が書き込みテスト、読み込みテストをしっかりとおこなっているので、「Switchで使えるのかな・・・?」という心配は一切無用。

 

UHS-Iにも対応していて、読み込み速度80MB/秒、書き込み速度15MB/秒とスピードも文句なしです。  

 

  • 信頼性No.1の公式ライセンス商品
  • 読み込み速度最大80MB/秒と超高速

 

読み込み速度の早さと低価格を両立!「シリコンパワー」 

 

 

高速の転送速度と低価格を実現している「シリコンパワー」もかなりいい商品ですね。

 

最大読み込み速度75MB/秒(128GBモデル)と、「Transcend」の60MB/秒を超える転送速度を誇り、価格も「Transcend」並みに抑えているのが素晴らしい。

 

Amazonではタイムセールをやっていることもあるので、タイミングによってはかなり安く購入することができます。

 

  • 高速転送と低価格を実現
  • 最大読み込み速度75MB/秒
  • Amazonタイムセールで安く買える可能性あり

 

まとめ

 

Nintendo Switchの本体容量は32GBしかないので、すこしでもダウンロード版ゲームを購入してしまうと一気に足りなくなってしまいますね。

 

容量が足りなくなってから慌てるのではなく、早めに購入しておいて快適に遊ぶのがいいかなと思います。

 

 

関連記事 

 

Nintendo Switchに関するQ&Aまとめ!購入前に必ず読んでおきたい疑問・質問をチェック!

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』の評価/レビュー!シリーズ初のオープンワールドゲームが最高に面白い!

『ニンテンドースイッチ』を発売日にゲット!さっそくレビューしてみた!

 

スポンサードリンク