心はいつも悠々自適

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

『ARMS(アームズ)』の評価/レビュー!ポップな見た目とは裏腹に、難易度の高い本格対戦ゲーム!

f:id:everyday_yofukashi:20170621193905j:plain

 

のびーるウデで戦う新・格闘スポーツゲーム、『ARMS(アームズ)』がNintendo Switch専用ソフトとして6月16日に発売されました。

 

 

『ARMS』は開発が発表されたときから注目していたソフトだったので、僕もワクワクした気持ちで発売日を待機。当然、発売日にソフトを購入しました。

 

これまで1vs1の対戦ゲームといえば、レバー付きのアーケードコントローラーをガチャガチャと動かし、複雑なコマンド入力で戦うものがほとんどでしたが、『ARMS』はそういったイメージを払拭。

 

ポップで個性豊かなファイターたちが直感的操作でパンチを繰り出し、誰でも楽しめる対戦ゲームを作り上げました。

 

今回は『ARMS(アームズ)』をプレイしてみた感想、レビューを書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

『ARMS(アームズ)』ってどんなゲーム?

 

個性豊かなファイターたちが伸びるウデで戦う、新感覚の対戦スポーツゲーム!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621194136j:plain

 

『ARMS(アームズ)』はNintendo Switch専用ソフトとして2017年6月16日に発売された完全新作の対戦格闘ゲーム。

 

さまざまな能力、個性を持ったファイターたちが「ARMSグランプリ」の頂点を目指し、白熱したバトルを繰り広げます。

 

ファイターたちはみんな「伸びるウデ」を持っていて、そのウデにさまざまな性能の「アーム」を装備してパンチを繰り出し戦います。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621194331j:plain

 

『ARMS』の売りの一つでもある直感的な操作。

 

テレビCMだとJoy-Conを両手に持ってブンブン振りながら戦っているので、「このゲームは普通のコントローラーでプレイできないの?毎回ウデを振りながら遊ぶのはちょっと・・・」と思われそうですが、Joy-Conを振って操作する以外にも、通常のコントローラープレイやProコンにも対応しています(僕もProコンでプレイしています)。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621194249j:plain

 

登場するファイターは全部で10人!スピードやジャンプ力、発動できるスキルなどが異なる! 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621194430j:plain

 

『ARMS』に登場するファイターは全部で10人。隠しキャラなどはおらず、最初からすべてのキャラが解放されています。

 

キャラクターごとに移動スピード、体の大きさ、パンチスピード、腕の太さ、ジャンプ力、投げダメージなどのステータス値が異なるので、自分のプレイスタイルに合ったキャラ選びが重要になります。

 

また、注目すべきは各キャラごとに設定されている特殊能力(スキル)

 

例えば主人公キャラのスプリングマンであれば、「ショックウェーブ」によって敵のパンチを打ち落としたり、リボンガールなら二段ジャンプや空中からの急降下、メカニッカなら空中でのホバー移動などなど。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621194726p:plain

f:id:everyday_yofukashi:20170621194913p:plain

 

使用可能キャラは10人だけですが、どのキャラもバラエティに富んだ能力を持っているので、「キャラが少ない、使いたいキャラがいない」ということはありませんでした。

 

そして、今後は新キャラクターの追加も予定されています。E3で発表された最初の追加キャラは、グランプリモードのラスボスでもあったARMS協会会長の「マックスブラス」です。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621195035j:plain

 

最大チャージすることで「スーパーアーマー+機動力アップ」ができる強化系パワータイプキャラらしく、使えるのが楽しみです。早くアップデートこないかなぁ~。

 

今後のアップデートで追加キャラや追加アームがどんどん出てくると、対戦がより面白くなりそうです。

 

「アーム」の種類は全部で30種類!アームの選択がバトルのカギを握る! 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621195251j:plain

 

『ARMS』のバトルにおいて重要になる、「アーム」の選択。

 

アームによってそれぞれダメージやパンチスピード、重さといったステータスが異なるほか、相手に炎上ダメージを当たる「炎」、凍らせて動きを止める「氷」、敵を吹き飛ばす「風」などの属性も存在します。

 

また、アームによってパンチの飛び方も全く異なり、ボクシンググローブのようにまっすぐ飛ぶ「トースター」、障害物を回り込んで攻撃できる「ブーメラン」、三発同時に発射して範囲攻撃ができる「トライデント」などさまざまなアームがあります。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621195432p:plain

f:id:everyday_yofukashi:20170621195443p:plain

 

「防御型アームは重いアームに強い」「曲がるアームは軽いアームに弱い」などアームによって有利不利があるので、相手に合わせたアーム選択が重要です。

 

中~上級者になるとこのアームの有利不利が非常に重要になってくるので、アームの特性を把握することは強くなるための第一歩ともいえます。

 

アームは全キャラ共通で、どのキャラを使ってもすべてのアームが使用可能。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621195540j:plain

 

最初に解放されているアームは1キャラにつき3種類程度で、ゲーム内のファイトマネーを溜めて「アームゲッター」という的あてミニゲームをクリアすると、新たなアームが解放されます。

 

遊んでみた感想

 

対戦はとても面白い!格ゲーのような読み合い、立ち回りが要求される! 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621195646j:plain

 

本作のメインとなる対戦部分ですが、これは非常に面白いです。完全新作のゲームとしては、なかなかよくできていると思います。

 

基本のパンチのほか、ガードやジャンプ、ダッシュ、投げ、必殺技などの要素があり、まさに格ゲーのような読み合いや立ち回りが要求される。

 

それでいて操作がシンプルなので、一般的なコマンド入力タイプの格ゲーほど敷居が高くないのも素晴らしいところです。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621195755j:plain

 

普通の格ゲーだと使用キャラの必殺技コマンドを覚えないとなかなか対戦では勝てませんが、『ARMS』はパンチ、ガード、ジャンプ、ダッシュ、投げ、必殺技のどれもが1ボタン(もしくは2ボタン同時押し)で発動できるので、初心者でも操作を覚えるのはすぐなはず。

 

僕自身、30分もプレイすれば十分操作を覚えられました(そこからさらに上を目指すなら、立ち回りやアームの特性、必殺技のゲージ管理などが必要ですが・・・)。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621195921j:plain

 

「こっちが有利アームをつけてるときは、パンチでガンガン押す」「相手のガードが堅いタイプなら、投げでダメージを与える」など状況に応じた読み合いが楽しく、シンプルなゲーム性ながらも対戦ゲームとしてはかなり奥深いものを感じます。

 

ただ、投げの威力が高い割には投げ抜けがなかったり、アームによって必殺技の使い勝手のバラつきが大きかったりと、全体のバランス調整はもう一歩といった感じ。

 

対戦ゲームはどうしてもバランス調整が難しいので、ここら辺は今後のアップデートに期待ですね。

 

全体の難易度としては高め!やたらに強いCPU、説明不足なトレーニングモードなど、初心者に優しくない面も

  

f:id:everyday_yofukashi:20170621200319j:plain

 

対戦そのものはとても面白いゲームなのですが、対戦ゲーム初心者が『ARMS』を初めてプレイする際は、その難しさにかなり苦戦するかもしれません。

 

僕も最初はゲームに慣れるためにCPUと連続で対戦する「グランプリモード」を遊んでみましたが、これがけっこうムズイ。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621200112j:plain

 

オンラインでレートをかけて対戦できる「ランクマッチモード」を解放するためには、グランプリモードを難易度4以上でクリアする必要があるのですが、「これ、ランクマ解放できない人もけっこういるんじゃないか?」と心配になるほどの難しさ。

 

難易度が上がるほどCPUの回避力・防御力がどんどんあがり、カウンターの出し方も的確になるので、かなり厳しい戦いを強いられます。

 

これまで『ストリートファイターシリーズ』や『ブレイブルーシリーズ』などの対戦格闘ゲームを遊んできた僕も、ヒィヒィいいながらなんとかクリアしました・・・。

 

しかしその分、ランクマッチに参戦してくる人はある程度の実力をもった人のみになるので、「完全初心者が下手に参戦してボコボコにやられて嫌になる・・・」なんてことは防げてるのかな?とも思います。

 

また、操作練習ができる「トレーニングモード」もあるのですが、これが説明不足感が否めない。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621200046j:plain

 

具体的なアドバイスや操作説明もなく、「パンチを当てろ!」「ガードを崩せ!」「投げられるな!」などざっくりとした説明があるだけ。

 

これだと本当に1から練習したい人にとっては分かりづらいのかなと感じました。

 

『ARMS』は完全新作のゲ―ムで"誰もが初心者"なので、このあたりの操作説明はもっと丁寧にあってもいいんじゃないかなと思いますね。

 

また、基本的にはオンラインでのバトルがメインとなるゲームなので、「対人戦はあまり得意じゃない」「一人でじっくりと遊びたい」という人には向いてないかもしれません。

 

チームバトル、バレーボール、バスケなど、「パーティマッチ」はお祭り感があって楽しい! 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621200427j:plain

 

本作のオンラインモードの一つに「パーティマッチ」というモードがあるのですが、このモードでは通常の1vs1の対戦以外に、チームバトルやバレーボール、バスケなど一風う変わったルールで遊べるようになっています。

 

パーティマッチではレートやランクに影響なくワイワイ遊べるので、練習や気分転換にはとてもいいモードだなと感じました。どのルールもけっこう面白い。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621200841j:plain

 

ただ基本的には1vs1の対戦を想定して調整されているゲームなので、チームバトルやバトルロイヤルなど複数人での対戦になると、「ロックの切り替えがやりづらい」「投げや必殺技中に無敵時間がないので、技を発動してるとき他の人に殴られたらすぐ中断させられダメージを受ける」など、対戦ゲームとしてのバランスが途端に悪くなります・・・。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621200632j:plain

 

ここらへんは、名前の通り"パーティ"として楽しむくらいの気持ちでいるといいのでしょう。あまりに運の要素が強くなってしまうので、本気で対戦を極めたい人はランクマッチ一択。

 

個人的にパーティマッチの中で一番楽しいと感じたのは、3人で協力してボスCPUと戦う「VSヘッドロック」ですね。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621200732j:plain

 

みんなで協力してボスを倒すのは、なんともいえないワクワク感があります。対戦ではなく協力プレイなので、ギクシャクしないのもいい。

 

パーティマッチのルール一つ一つは楽しいのですが、パーティマッチの仕様に関しては不満点もあります。

 

パーティマッチでは一つのロビーに参加する形で世界中の人とマッチングし、自動的にルールが設定されて対戦が始まるのですが、「対戦相手を決められない」「ルールが自動で決まってしまい、自分で選べない」というのはかなりの不満点ですね。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621200743j:plain

 

ルールがいくつもあるので、「VSヘッドロックで遊びたい!」と思っても、そのルールが選ばれるのは何戦も先・・・なんてこともよくあります。

 

また、オンラインで1vs1の対戦を気軽に遊べないのも残念です。 

 

1vs1で遊ぶにはランクマッチかパーティマッチしかないのですが、前述のとおりパーティマッチではルールがランダムで決まるので、1vs1の対戦ルールが選ばれるまで待たなければいけません。

 

そのため「確実に、今すぐ1vs1で遊びたい!」となるとレート変動があるランクマッチを選ばなければならず、気軽には遊べなくなっています。

 

どうしてこんな仕様にした・・・。 

 

まとめ 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170621200930j:plain

 

『ARMS』はそのポップな見た目とは裏腹にかなり硬派でやり応えのある対戦ゲームです。 

  

キャラによる能力の違い、アームによる特性の差、パンチ>ガード>投げ>パンチ・・・といった3すくみの要素など、対戦ゲームとしての奥深さはなかなかのもの。 

 

この記事であげた不満点に関してはアップデートで改善される可能性もあるので、そうなったときは神ゲーに化けるかもしれません。

 

いくつかの不満点はあるものの、対戦自体は本当に面白いので、「Nintendo Switchで対戦ゲームが遊びたい!」という人にはおすすめのソフトです。 

 

 

 

スポンサードリンク