心はいつも悠々自適

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

異色のバラエティ番組『ドキュメンタル』の魅力!Amazonプライム・ビデオで限定配信!

Web・IT Web・IT-動画

f:id:everyday_yofukashi:20161218201049j:plain

 

Amazonプライム・ビデオで限定配信されている『ドキュメンタル』という番組をご存知でしょうか?

 

ダウンタウンの松本人志さんが手がける異色のお笑い番組で、Amazonプライム会員なら無料で視聴することができます。

 

芸人10人が密室に集められ、何でもアリの"笑わせ合いサバイバル"をおこなう―。

 

最近この番組を観たので、今回はその感想や番組の内容を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

 

賞金1000万円をかけたお笑いサバイバル

 

f:id:everyday_yofukashi:20161218201714j:plain

 

『ドキュメンタル』は個性豊かな10人の芸人が密室に集まり、「笑ったら負け」のお笑いサバイバルバトルを繰り広げる番組です。

 

参加者は1人100万円の参加費を用意し、最後まで笑わなかった人が100万円×10=1000万円の賞金を総取りできます。

 

参加する芸人は、宮川 大輔、藤本 敏史(FUJIWARA)、くっきー(野生爆弾)、ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)、久保田 和靖(とろサーモン)、斎藤 司(トレンディエンジェル)、アンントニー(マテンロウ)、川原 克己(天竺鼠)、ジミー大西、大地 洋輔(ダイノジ)の10名。※敬称略

 

どの芸人さんもクセが強い人ばかり。"何でもアリ"のルールだからこそ輝く人たちもいます。

 

負ければ1000万円が獲得できないだけでなく参加費の100万円も没収されてしまうので、そこらの賞金番組とは緊張感が段違いです。

 

特に実績の少ない若手ほど、画面越しからその必死さがひしひしと伝わってきます。

 

ちなみに、『ドキュメンタル』というタイトルは「ドキュメンタリー+メンタル」の造語。

 

「芸人たちのメンタルを削るような、本気のお笑いドキュメンタリー番組を作りたい」という松本さんの思いから付けられたタイトルだそうです。

 

笑わせるためなら何をするのも自由!

 

f:id:everyday_yofukashi:20161218201459j:plain

 

『ドキュメンタル』は基本的に笑わせるためならどんなことをしても自由ですが、いくつかのルールも存在します。「笑ってはいけない」以外のルールは以下の通り。

 

制限時間は6時間

小道具持ち込み自由

「中断ブザー」が鳴ったら一度中断

笑いの度合いによってイエロー、オレンジ、レッドの「カード」が発行される

 

『ドキュメンタル』の特殊なルールとして、 「カード」が存在します。

 

これはいわゆるサッカーなどの警告カードと同じで、赤に近いほど警告度が高くなり、レッドカードが出されたら退場になります。

 

ニヤついたらイエロー、「フフッ」としたらオレンジが発行。爆笑してしまったら一発レッドです。

 

このルールのせいで「笑っても一発退場じゃないから緊張感がなくなる」という人もいるようですが、すこし笑っただけでも退場となるとあっという間に終わってしまいますし、終始クスリとも笑わない番組だと笑いどころが視聴者にわからず、それはそれでつまらない番組になってしまうでしょう。

 

密室にはキッチンや冷蔵庫、シャワー、トイレなどなんでも揃っており、芸人さんたちは個々にくつろぎながらも小ボケやツッコミで笑わせる機会を伺います。

 

バラエティー番組のようにチームプレイで笑わせるというよりは各個人で自由奔放に笑いを取っていくというのは、感覚的には楽屋での芸人さんの雰囲気に近いのではないでしょうか(楽屋の芸人さんを実際に見たことはありませんが)。

 

力が入っていない分、意外なところでツボに入るような笑いが起きたりして、普通のバラエティーでは味わえない独特のおもしろさがあります。

 

ガキ使の「笑ってはいけない」の休憩室シーンが好きな人は絶対にハマる!

 

年末恒例となっている、ガキ使の「笑ってはいけない24時シリーズ」。観たことがあるという人も多いのではないでしょうか。

 

あの番組には途中、演者たちが控室で放置されて引き出しネタやDVDネタ、はたまた演者同士で泥沼の笑わせ合いになる「休憩室シーン」というのが存在します。

 

『ドキュメンタル』はあの「休憩室シーン」に近いものがあると思います。アレが好きな人には『ドキュメンタル』も絶対にハマるはず。

 

僕も「休憩室シーン」での足の引っ張り合い、落とし合いみたいな雰囲気が大好きなので、『ドキュメンタル』もすんなりと入っていくことができました。

 

「笑ってはいけない」は番組としてのエンターテインメント性が高いものになっていますが、『ドキュメンタル』はそれからさらにエンターテインメント性を削ったものかと感じます。

 

「笑ってはいけない」は良くも悪くもエンターテインメントとしての質が高く、ある意味で"台本"を感じすぎてしまうところがあるかと。

 

それに比べて『ドキュメンタル』は台本なしでやっているガチンコ勝負なので"生々しさ"がすごいんです。

 

ノーカット・ノー編集に近く、芸人さんたちのボケも質が高いものもあれば、小学生みたいなボケもある。

 

その生々しさ、雑多感が『ドキュメンタル』の魅力だと思います。

 

まとめ

 

正直いうと、この『ドキュメンタル』という番組は人によって評価が激しく分かれる作品だと思います。

 

かなり異質なお笑い番組なので、合わない人には全然笑えず、ハマる人は大絶賛するタイプのものかと。

 

この記事を読んで気になった方は、Amazonプライムビデオでぜひ観てみてください。

 

Amazonプライム会員は30日間の無料体験もあります。

 

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

 

Amazonプライム会員の特典が凄すぎる!メリットをまとめてみた!

 

 

 

スポンサードリンク