心はいつも悠々自適

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

【ニコ動】神技だらけの『UFOキャッチャーの可能性を追求してみた』がすごすぎる!

f:id:everyday_yofukashi:20161214204216j:plain

 

ゲームセンターの定番ゲームである「UFOキャッチャー」。大人から子どもにまで大人気で、どこのゲームセンターにもかなりの台数が置いてあります。

 

僕もUFOキャッチャーなどのプライズゲーム(景品がもらえるもの)が大好きです。ふらっとゲームセンターに入っては、何の気なしにプレイしてしまうこともしばしば。

 

あの手のゲームには昔からプレイの上手い人たちが何人もいて、さまざまな取り方やテクニックを動画サイトやテレビ番組などで披露しています。

 

実は最近、UFOキャッチャーに関するある動画を見つけました。

 

それは、ニコニコ動画でアップされている『UFOキャッチャーの可能性を追求してみた』というもの。

 

この動画、普通の神技集とはちょっと違った趣向のものになっているので、今回はそれをご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

 

どこにでもあるクレーンゲームで、どんなことができるのかを追求した動画!

 

『UFOキャッチャーの可能性を追求してみた』は、ニコニコ動画にて「ささやん」氏が上げていた動画シリーズです。

 

「どこのゲームセンターにもあるクレーンゲームで果たしてどんなことができるのか可能性を追求してみた」という趣旨で作られていて、「誰でもこうすれば上手く取れるよ!」というハウツー動画ではなく、「UFOキャッチャーはこんな面白い取り方もできるんだぜ!」というものを突き詰め、紹介する動画になっています。

 

たとえば「横に飾ってある見本品を取る」、「下に張られているアクリル板を持ち上げて景品を根こそぎ取る」、「プーさんのぬいぐるみを使って箱を落とす」などその方法は多種多様。

 

文章で説明してもなかなか伝わりづらいと思うので、次項より各動画をご紹介します。そちらからぜひ動画を見てみてください。

 

『UFOキャッチャーの可能性を追求してみた』各動画の紹介 

 

 『UFOキャッチャーの可能性を追求してみた』は全部で本編16本+番外編2本からなる動画シリーズです。

 

どれも15秒~30秒くらいの短い動画ばかりなので、サクサク観ることができると思います。

 

動画についているタグがどれも秀逸なので、そこにも要注目。

 

マリオ編 

 

 

ルイージ帽子をかぶった巨大なクリボーぬいぐるみを使って、引きずるようにして景品をごっそり取っていきます。タグの「地引網」が的を射ていて笑える。

 

闘牛編

 

 

アームの回転を使って積んである箱をぐりんっと回してゲット。「闘牛ブラボー」というよくわからない箱型景品が気になりますね。なんなんだろう。 

 

お菓子編

 

 

見本品として飾られているお菓子のフィルムを突き破り、クッキー1枚だけを取るという動画。最後の、どアップで映るクッキーがやたらシュールです。

 

メイド編

 

 

下に張られている透明のアクリル板を持ち上げて斜面を作り、乗っている景品を根こそぎ滑らせます。この取り方は「アクリル返し」という技名らしい。

 

マリオ再び編

 

 

こちらもアクリル板を持ち上げる方法。アームが外れた瞬間、ドリフのセットが壊れたときのような「ガシャーン」からの「ガラガラガラ…」でおなかを抱えて笑いました。

 

PIYO編

 

 

「マリオ編」のように巨大なぬいぐるみを使って他の景品を引きずり落とします。動画主いわく、「3ついけると思ったんだけどな…」だそう。

 

ジャック編

 

 

二つのアームそれぞれにぬいぐるみを一体ずつ引っ掛け、引きあげるが・・・。最初に観たときはオチがまったく読めませんでした。

 

チョコ編

 

 

見本品の開封済みケースを落とすパターン。最後の「バラバラwwww」という声が笑いを誘います。

 

ファミコン編

 

 

モニターに繋がれたファミコン互換機本体を落とす動画。落としたあと、配線が抜けたことでモニターがバグってるのが面白い。

 

コカコーラ編

 

 

本来は取るべき位置にない景品を取ってしまう定番のやつ。ぱっと見は地味ですが、こういう盲点に気づく眼がすごいですね。

 

風船割り編

 

 

水の張られたボウルに入った風船を針で割ったら景品ゲットという一風変わったゲーム。風船を割らずにボウルを傾け、ちょろちょろと水をこぼす嫌がらせです。

 

協力プレイ編

 

 

二台のクレーンゲームを使って、間にあるモンスターボールをグイグイ挟む。協力プレイといっていますが、どう見てもバトルしてるようにしか見えません。他に比べるとちょっと長めの動画です。

 

メルブラ編

 

 

後ろに飾ってある見本品の箱のあいだにクレーンをねじ込み、倒す方法。箱同士がセロテープでくっついているみたいなので、一気取りも狙えそうですね。

 

どせいさん編

 

 

本来なら袋の持ち手にひっかけるべきところを、袋の中身に入っている景品のヒモを直接狙っています。動画主いわく、「こういうのは見逃しちゃいけませんね~」とのこと。

 

キットカット編

 

 

後ろに積まれている見本品のキットカットを、ガラガラと崩し落とす方法です。この動画だけは何度見てもどうやって取っているのかわかりません。

 

プーさん編

 

 

見本品の巨大なプーさんぬいぐるみを使って、箱型景品をけり落としてもらう動画。プーキックが炸裂しています。

 

まとめ

 

クレーンゲームの神技というのは見ていて気持ちがよく、めちゃくちゃ興奮しますね。

 

『UFOキャッチャーの可能性を追求してみた』は上手いだけでなく、"魅せるプレイ"になっているのが素晴らしい。

 

僕もこんなふうに上手くなりたいのですが、どれだけ練習すればできるようになるのでしょうか?

 

 

関連記事

 

【動画あり】『ゲーム機大戦』って知ってる?観ればハードの歴史が丸わかり!

最高に面白い!おすすめのゲーム実況者をジャンルごとに紹介!

 

スポンサードリンク