心はいつも悠々自適

心はいつも悠々自適

ゲームやガジェットに関する情報ブログ

『M570t』と『MX ERGO』はどっちを買うべき?両機種を使い比べてみた

f:id:everyday_yofukashi:20180422134627j:plain

 

長らくのあいだ、ワイヤレストラックボールマウスの定番であったロジクール『M570t』。

 

しかし、2017年に新たに発売された同じくロジクールの『MX ERGO』の登場により、ユーザーにとっては「どっちを選べばいいのか?」という悩ましい問題が出てきました。

 

僕も1年くらいずっと『M570t』を使っていましたが、『MX ERGO』の発売とともに、そちらに乗り換え。かれこれ半年以上『MX ERGO』を使っています

 

www.kokoro-yuyu.com

 

そこで今回は、両機種を使ってきた僕の視点から、『M570t』と『MX ERGO』のどちらを買うべきなのかについてお話したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

『M570t』『MX ERGO』それぞれのスペック比較

 

f:id:everyday_yofukashi:20180422124445j:plain

 

まずは『M570t』と『MX ERGO』、それぞれのスペックから見ていきましょう。

 

  M570t MX ERGO
本体サイズ(mm) L145×W95×H45 L132.5×W99.8×H51.4
本体重量 142g 259g
電池方式 単三形乾電池×1 充電式
電池寿命 最長18ヶ月 最長4ヶ月
総ボタン数 5つ 8つ

Amazon
参考価格

3,818円 10,444円

 

価格は『MX ERGO』の方が2倍以上高いのですが、「すべてのスペックで優れている」というわけではありません

 

単純なスペックで比較すると、旧機種の『M570t』のほうが117g軽いですし、電池持ちもいいです。

 

また、大きな特徴として、『M570t』は単三乾電池で動いているのに対し、『MX ERGO』は充電式になっています。

 

乾電池の買い替えが必要なくなった分、バッテリー持ち自体は悪くなっています。

 

ボタンは新機種である『MX ERGO』が8つ。『M570t』は5つなので、この点は優れています。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20180422134038j:plain

 

要するに、スペックだけ見るとどちらも一長一短ということですね。 

 

しかし僕は両機種を使ってきて、「やっぱり『MX ERGO』の方が使いやすい!」と感じています。

 

『MX ERGO』をおすすめする理由

 

角度調節機能が使いやすい!

 

f:id:everyday_yofukashi:20180422134008j:plain

 

単純なスペック表だけを見ると新機種の『MX ERGO』に利点が少ないようにも見えますが、僕が使っていて「これは素晴らしい!」と思ったのが、角度調節機能です。

 

『MX ERGO』の本体裏には、手首の角度を変えられるように調節式ヒンジのメタルプレートがついています。

 

f:id:everyday_yofukashi:20180422133941j:plain

 

スタンダードな0度か、手首に負担がかかりにくい20度のどちらかを選べるのですが、この機能がめちゃくちゃいい。

 

最初は「えらい斜めになってるな・・・使いづらそう」なんて思っていたのに、いざ使ってみると手のフィット感が半端じゃありません。自然な形でマウスを握ることができます。

 

長時間使っても手首が痛くならず、パソコン作業の多い人におすすめです。

 

f:id:everyday_yofukashi:20180422134109j:plain

 

もともとトラックボールマウスというのは、手首を動かすことなくカーソルを操作できるので疲れは感じにくいのですが、その"動かさない手首"すらもリラックスした状態で使うことができるんです。

 

この辺の感覚は、使ってみないと中々伝わりにくい部分ですね・・・。

 

「快適性を求めるためにトラックボールマウスを買う!」という人であれば、『MX ERGO』の方が圧倒的におすすめです。

 

電池持ちの短さは気にならない

 

f:id:everyday_yofukashi:20180422134149j:plain

 

『MX ERGO』は充電式になったことにより、『M570t』に比べて電池持ちが悪くなっています。

 

「最長18ヶ月→4ヶ月」に短くなっているため、その点を挙げて『MX ERGO』を批判している人もいますが、僕は電池持ちに関しても特に不満を感じていません

 

そもそも、ワイヤレスマウスで18ヶ月も持つ『M570t』のほうが異常だったのであって、『MX ERGO』の4ヶ月でも十分に電池持ちはいいんです

 

実際に使っていると2~3ヶ月に一度は充電しなければいけませんが、フル充電まで数時間で完了します。

 

f:id:everyday_yofukashi:20180422134220j:plain

 

数ヶ月に一度、寝ている間にmicroUSBを差しておけば充電は問題ないんです。もしくは、パソコン使用中にmicroUSBケーブルを繋いでもいい。

 

それだけで2~3ヶ月は平気で持ってくれるので、管理はとてもラクチンです。僕も半年以上『MX ERGO』を使っていますが、充電は最初を除けば1回しかしていません

 

比較すると「『MX ERGO』は電池持ちが悪くなった」と言われがちですが、一般的なワイヤレスマウスに比べれば十分バッテリー持ちはいい方なんです。

 

まとめ:値は張るが、その価値が十分にある『MX ERGO』!

 

f:id:everyday_yofukashi:20180422134248j:plain

 

『M570t』と『MX ERGO』、両方を使ってきましたが、僕は間違いなく『MX ERGO』の方をおすすめします

 

「初トラックボールマウスだし、最初は安い『M570t』でいいか」という人もいますが、そういった方たちも「後になって『MX ERGO』を買いなおした」というパターンが多いです。

 

どうせトラックボールマウスを買うのであれば、初めから『MX ERGO』を買うのをおすすめしたいですね。僕ももう、『M570t』には戻れる気がしません。

 

 

 

 

スポンサードリンク