心はいつも悠々自適

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

ゲームは時間の無駄なのか?

f:id:everyday_yofukashi:20170106114910j:plain

 

「ゲームは時間の無駄。」

 

この言葉はテレビゲームが登場したころから貼られてきたレッテルで、ある程度の市民権を得た今なお、一部の人たちに言われ続けています。

 

さらには今現在ゲームをプレイしている人の中にも、「ゲームって無駄なのかなぁ」と葛藤しながら遊んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

僕はゲームが大好きです。幼稚園児のころに初めて「ゲームボーイ」と出会ったときから、未だに最新ゲームを買っては毎日のように遊んでいる状態。

 

「ゲームなんてやっても得るものがない」「もっといい趣味がある」なんて言葉を浴びせられてきましたが、僕自身は「ゲームをすることは無駄ではない」と考えています。

 

今回は、「ゲームは時間の無駄」という意見に対する僕の考えをお話させてください。

 

スポンサードリンク

 

  

 

ゲームは趣味として非常に優秀

 

プロゲーマーでもない限り、ほとんどの人にとってゲームは趣味だと思います。では、趣味の条件とはいったいなにか?

 

それは、「楽しいと思えること」の一点に尽きるのではないでしょうか。

 

「ゲームは楽しい!」と心の底から思えるなら、それはもう立派な趣味です。そこに優劣はありません。

 

ゲームは趣味として非常に優秀です。

 

誰でも簡単に楽しめたり、感動したり、達成感を得られたり。また、「プレイが上手くなりたい」と思えば、向上心だって芽生える。

 

趣味として続けるために重要なコストパフォーマンスの面でも、ゲームは素晴らしい。たった数千円で、何時間、何十時間も楽しむことができます。懐かしい中古のソフトならもっと安く手に入る。

 

また、今はネット上でゲーム仲間を作ることだってできます。毎日のように一緒にプレイして関係が深まれば、実際に会ったりして現実世界の関係に発展することだってある。

 

人生の息抜きとしては、ゲームは十分すぎるほど得られるものがあるのではないでしょうか。

   

プロゲーマーじゃなくても、ゲームでお金を生み出すことはできる

 

当ブログは現在、月間50万PVほどの方々に読んでいただいています。具体的な数字は伏せますが、僕には十分すぎるほどの収入をブログで得ることができています。

 

当ブログは僕が遊んで面白いと感じたゲームのおすすめ記事やレビュー記事を中心に読まれていますので、僕がゲーム好きでなかったらこの収益は生まれなかったことになる。

 

「ゲームでお金を稼ぐ人なんて一部のプロプレイヤーだけ」と思われがちですが、僕のようにただのゲーム好きでも、ブログで誰かに価値を提供できればお金を生み出すことができるのです。

 

また、プロゲーマーやゲーム実況者など、直接ゲームをプレイしてお金を稼ぐ人もいますが、まだまだ歴史が浅く、社会的地位も低く見られがちなのが現状。

 

ですが大きなお金を生むということは、それだけ多くの人たちに価値を提供しているということです。お金を生んでいる以上は仕事であり、「職業に貴賤なし」といえるでしょう。

 

そのほかにも、ゲームディレクター、ゲームミュージック、ゲームライターなど、ゲーム好きが目指せる職業はたくさんあります。

 

今はただ「好き」という気持ちでゲームを遊んでいるとしても、将来的にはお金を生み出す可能性があるのです。

 

ゲームから何も得ようとしないのであれば、時間の無駄である

 

ここまで、「ゲームは決して時間の無駄じゃない!」と主張してきましたが、ゲームからなにも得ようとしないのであれば、やはり無駄だと思います。それはただの暇つぶしです。

 

「ゲームで感動したい、楽しみたい」「このゲームのおもしろさを誰かに伝えたい」「ゲームがもっと上手くなりたい」

 

そういった気持ちがなければ、ゲームをする意味はありません。

 

ゲームって何も考えずに遊べちゃうので、特になんの理由もなく"とりあえずプレイする"ことがあるんですよね。でもそれじゃダメなんです。 

 

「ゲームから何かを得たい!」という前向きな気持ちがあってこそ、真にゲームを楽しめているゲーマーといえるのではないでしょうか。 

 

余談ですが、以前に武井壮さんがこんな内容のツイートをしていました。

 

 

「何かを得ようとしてゲームを遊んでたけど、結局なんにもならなかった」という人もいるかもしれません。求めていた結果が得られなかった、と。

 

でもそれはどんなジャンルのことでも言えるんです。「やってみたけどダメだった」なんてことはいくらでもある。

 

だからといって、それが「無駄だった」というわけではないと思います。途中の経過で分かったこと、感じたことは必ずあるはずです。

 

「何かを得よう」という姿勢でゲームを遊んでいれば、決して無駄になることはありません。

 

まとめ

 

僕も以前は「ゲームって時間を浪費してるのかなぁ」と感じていたこともありました。「もっと有意義な趣味があるのではないか」と。

 

でも今なら自信を持っていえます。ゲームは時間の無駄ではありません。

 

ゲームに対する世間の目はまだまだ厳しいですが、こうした現状がすこしでも変わるように、僕もその一助となれればと思っています。 

 

みなさんも胸を張って、一緒にゲームを楽しみましょう! 

 

 

関連記事

 

【PS4】おすすめの名作ゲームソフト30本以上を紹介!【プレステ4】

【PS Vita】おすすめの名作ゲームソフト30本以上を一挙紹介!【ヴィータ】

【3DS】おすすめの名作ゲームソフト30本以上を紹介!マリオやゼルダなどの定番タイトルからマイナータイトルまで

 

スポンサードリンク