心はいつも悠々自適

心はいつも悠々自適

ゲームやガジェットに関する情報ブログ

ソニッケアー替えブラシ『アダプティブクリーン』感想&レビュー!ダイヤモンドクリーンとの違いなど

f:id:everyday_yofukashi:20171218224310j:plain

 

手磨きよりもカンタンに、歯の表面をツルツルに磨き上げてくれる電動歯ブラシ。僕はフィリップスの電動歯ブラシ『ソニッケアー』を、かれこれ5年ほど愛用しています。

 

ソニッケアーは同じ本体でも替えブラシの種類を変えるだけで磨き心地がまったく異なるので、自分に合った替えブラシを見つけるのが重要です。

 

長らく、ソニッケアーの定番替えブラシといえば『ダイヤモンドクリーン』でしたが、近年になってさらに上位モデルの替えブラシが登場しました。

 

それが、手磨きに比べて最大10倍の歯垢除去力を誇る『アダプティブクリーンブラシ』です。

 

 

僕もずっとダイヤモンドクリーンを使っていたのですが、「そろそろ違うブラシも試してみたいな」と思っていたところで、このアダプティブクリーンを発見。

 

早速購入してみたので、その使い心地やダイヤモンドクリーンとの違いについてお伝えしたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

『アダプティブクリーンブラシ』の価格や形状

 

f:id:everyday_yofukashi:20171218213829j:plain

 

今回購入したのは、3本入りの『アダプティブクリーンブラシ レギュラーサイズ』。Amazonで3,553円でした。

 

Amazonでは「2本入り」「3本入り」「4本入り」「5本入り」の5つが販売されていますが、一本あたりの価格が一番安いのは「3本入り」の商品です(2017年12月 現在)

 

5本入りを買うよりも3本入りを買った方がコスパがいいので、購入する際はお気をつけください。

 

※僕が購入したときは3本入りのほうが価格が安かったのですが、現在は5本入りのほうが一本あたりの価格が安くなっています。Amazonは価格の変動が激しいみたいなので、購入の際はご注意ください。

 

レギュラーサイズのみの展開で、コンパクトサイズはありません。

 

ソニッケアーはブラシヘッドに互換性があり、基本的にどのブラシヘッドでも使うことができます(キッズやeシリーズは除く)。

 

ハンドル部分がこういう形をしているタイプなら、本体の新旧にかかわらず問題なく交換できるはず。

 

f:id:everyday_yofukashi:20171218215143j:plain

  

『アダプティブクリーンブラシ』の形状はこんな感じ。

 

f:id:everyday_yofukashi:20171218214256j:plain

f:id:everyday_yofukashi:20171218214849j:plain

 

ダイヤモンドクリーンに比べると、真ん中の部分がへこんだような形になっています。

 

公式によると「ダイヤモンドクリーンと比較して、歯に振れる表面積が約4倍」になっているとのこと。この形状が密着感を生むようです。 

 

水色になっているサイドのブラシはゴム素材になっていて、触ると弾力があります。

 

f:id:everyday_yofukashi:20171218220102j:plain

 

歯垢除去力は手磨きに比べて最大10倍にもなり、フィリップスの替えブラシのなかでも一番性能の高い商品です。

 

替えブラシの交換目安は、他商品と同じく3ヶ月ごとの交換を推奨しています。

 

ダイヤモンドクリーンよりも密着度が高く、磨き上げた感じがツルツルしている

 

f:id:everyday_yofukashi:20171218220826j:plain

 

『アダプティブクリーンブラシ』を2週間ほど使ってみましたが、以前使っていたダイヤモンドクリーンに比べて、はるかに密着度が高く感じます

 

奥歯や親知らずにもしっかりとブラシが届くので、磨き残しが少なくなりました。

 

ヘッド部分もダイヤモンドクリーンに比べるとやや大きいので、それも密着度の高さにつながっているのかもしれません。 

 

ソニッケアー替えブラシのなかでも一番を誇る歯垢除去力はさすがで、磨き上げたときのツルツル感も以前より増しています

 

f:id:everyday_yofukashi:20171218222142j:plain

 

ひとつ問題なのは、ヘッドのサイズが大きいため、前歯の裏側が磨きにくいということ。

  

上のほうの毛先が長いので一応前歯の裏側にもブラシは当たるのですが、ほかの歯に比べると、明らかに密着度は低くなります。

 

女性やお子さん、成人男性でも歯の小さい人などは磨きにくいかもしれません。

 

コンパクトサイズが売っていればいいのですが、アダプティブクリーンはレギュラーサイズのみの展開なので、サイズ感には注意が必要ですね。

 

しかし、その歯垢除去力は間違いありません。長らく使用していたダイヤモンドクリーン以上に、ツルツルに磨き上げることができます。

 

まとめ|ダイヤモンドクリーンよりも『アダプティブクリーンブラシ』のほうがおすすめ!

 

f:id:everyday_yofukashi:20171218222810j:plain

 

『アダプティブクリーンブラシ』は想像以上に性能の高い替えブラシでした。もうダイヤモンドクリーンに戻るつもりはありません

 

ダイヤモンドクリーンと比べて、価格も1~2割ほどしか変わらないので、どうせ買うなら『アダプティブクリーンブラシ』をおすすめします。

 

やっぱりブラシを変えると気分も上がりますね!ソニッケアーはひとつの本体でいろんな替えブラシを試せるのが魅力だと思います。

 

ソニッケアーを使用していて、まだ『アダプティブクリーンブラシ』を試していない方は、ぜひ一度使ってみてください! 

 

 

 

 

スポンサードリンク