心はいつも悠々自適

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

『New みんなのGOLF』の評価&レビュー!一人プレイなら良作だが、オンラインは課金する覚悟が必要

f:id:everyday_yofukashi:20170928023727j:plain

 

ゴルフゲームというジャンルを日本に確立した金字塔的作品である『みんなのGOLF(通称:みんゴル)』シリーズ。

 

初代PSで発売されたシリーズ第一作目は200万本以上を売り上げ、子どもから大人まで楽しめる国民的ゲームとなりました。

 

その第10作目であり、シリーズ20周年記念作品でもある『New みんなのGOLF』が先月8月31日についに発売。

 

 

僕はPS3の『みんなのGOLF 5』やVitaで出た『みんなのGOLF 6』などをちょろっと遊んだ程度のライトユーザーで、これまでのシリーズでもオンライン対戦をガッツリやりこんだりはしませんでした。メインのチャレンジモードを遊ぶくらい。 

 

今回はそんなみんゴルライトユーザーの僕がPS4で発売された『New みんなのGOLF』を遊んでみたプレイレポートを書きたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

『New みんなのGOLF』ってどんなゲーム? 

 

 カンタン操作で誰でも爽快!国民的ゴルフゲームの最新作!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928021401j:plain

 

発売日 2017年9月21日
発売元 カプコン
価格 6,990円(税別)
プレイ人数 1~2人

 

『New みんなのGOLF』は2017年8月31日にPS4用ソフトとして発売されたゴルフゲーム。前作『みんなのGOLF 6』から約6年ぶりの新作タイトルとなります。

 

みんゴルの魅力は、ゲージに合わせてタイミングよくボタンを押すだけで、だれでも爽快なショットが打てる楽しさ。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928021423j:plain

 

それでいて奥深さもあり、コースの地形や風、芝を読んで的確なショットを打つことが求められます。

 

きっちりと状況を読み切り、華麗にバーディーを決めたときの爽快感はバツグンです。

 

『New みんなのGOLF』はPS4のグラフィックス性能を活かした自然豊かなホールも魅力。ホールを回るだけで、実際のゴルフさながらの気持ちよさが味わえます。

 

シリーズ初!9ホールが一体となったオープンコースが登場!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928021532j:plain

 

『New みんなのGOLF』の大きな特徴として、9ホールが一体となったオープンコースの登場があります。

 

これまでのみんゴルでは1ホールずつ独立してプレイしていましたが、オープンコースでは9ホールすべてが隣接しています。

 

そのため、「1ホールから隣の2ホールのフェアウェイを狙ってショートカットする」というように戦略的なショットが可能に。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928021646j:plain

 

ショットコースの戦略の幅が広がり、これまで以上にコースの熟知が勝負のカギとなります。

 

また、オンライン上でもオープンコースが利用でき、なんと最大50人のプレイヤーが同時接続可能に。

 

それぞれのプレイヤーが思い思いホールをプレイしたり、チャットで交流したりしながら自由に遊ぶことができます。

 

カートや釣りなど、ゴルフ以外の遊びも!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928021741j:plain

 

『New みんなのGOLF』では、オープンコース上をカートで走り回ったり、コースにある水場で釣りができたりとゴルフプレイ意外の遊びも充実しています。

 

釣った魚は種類や大きさが図鑑に登録されるので、より大きな魚やレアな魚を釣るためにライバルと競い合うことも。 

  

自然豊かなコースを、ゴルフ意外でも楽しむことができます。

 

プレイしてみた感想 

 

メインとなるチャレンジモードが面白い!次々とVSキャラが出てくるので飽きづらくて◎ 

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928021846j:plain

 

『New みんなのGOLF』をオフラインで遊ぶ際にメインとなるモードが、「チャレンジモード」です。

 

チャレンジモードでは条件の違うさまざまな大会に出場してランクを上げていき、ランクが上がるごとに登場するVSキャラと対戦していきます。

 

VSキャラを倒すと新たなコースで遊べるようになったり、そのキャラクターのコスチュームを手に入れることも。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928022011p:plain

 

このチャレンジモードはみんゴル恒例のモードですが、本作でもその面白さは健在です。

 

最初はランク1の大会から始まり、コースも平坦でやさしい。敵もそんなに上手くないので、けっこうラクに勝てちゃいます。

 

だんだんと操作に慣れてきてランクが上がると、コースの起伏も激しくなり、池ポチャやOBも増えてくる・・・。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928022116j:plain

 

そうなってくると「くっそー、今のショットはもっと弱めに打つべきだったな」とか「風が思ったより強いから流されたな・・・」なんて感じで燃えてきます。

 

その難易度の変移が絶妙で、次へ次へと遊びたくなるような作りになっているのが素晴らしい。

 

VSキャラが登場するサイクルもちょうどいい感じ。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928022412j:plain

 

そのランク帯の大会をこなして、「そろそろこのコースにも慣れてきたな~」というときに次のVSキャラが登場してくるので、飽きが来ずモチベーションも保ちやすいです。

 

VSキャラもアイドルがいたり、レーサーがいたり、ちびっ子プレイヤーがいたりと、バラエティに富んでいます。

 

スポーツゲームのオフラインモードでありながら、ここまで飽きづらいゲームもなかなかないんじゃないかな。

 

「マイキャラ」のカスタマイズ自由度がめちゃくちゃ高い!

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928022530j:plain

 

これまでのみんゴルではゲーム内に登場する既存のキャラクターを使ってプレイするというものでしたが、『New みんなのゴルフ』では自分の分身である「マイキャラ」を作って遊ぶことができます。

 

このマイキャラの自由度がすごい。昨今のゲームではキャラクリエイトはさほどめずらしい要素ではなくなりましたが、ここまで自由度の高いキャラクリはなかなかありません。

 

髪形や目などのパーツの種類も豊富なのですが、特にすごいのがコスチュームの数。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928022746j:plain

 

変更できる項目は「帽子」「トップス」「ボトムス&スカート」「アウター」「靴下」「靴」「グローブ」「アクセサリー」と全身すべて。

 

まさに現実のファッションを選ぶときと変わりません。

 

しかもその一つ一つの種類が多く、トップスなら「ポロシャツ」「半袖Yシャツ」「長袖Yシャツ」「VネックTシャツ」「タンクトップ」「ネルシャツ」「アンダーシャツ」。

 

アウターなら「ジャケット」「セーター」「ベスト」「革ジャケット」「短ラン」などなど。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928022840j:plain

 

しかもそのほとんどすべてに色違いや形違いがあるので、とんでもない数になっています。僕も30時間くらいプレイしましたが、まだ全然コスチュームはコンプリートできていません。

 

ファッションの自由度の高さは、他のジャンルのゲームと比べてもトップクラスだと思います。ここまで種類が多くクオリティも高いゲームは見たことがない。

 

自分のお気に入りのコスチュームが必ず見つかると思うので、キャラクリが大好きな人も満足できるはず。

 

マイキャラの成長システムが楽しい!使えば使うほどどんどん強くなっていく

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928022947j:plain

 

マイキャラには成長要素があり、使えば使うほどどんどん能力が上がっていきます。

 

成長要素は、飛距離が伸びる「パワー」、ブレが少なくなる「コントロール」、スピンがかかりやすくなる「バックスピン」、カップに蹴られにくくなる「クルクル」の4つ。

 

しかもこの成長システム、自分の使っているクラブごとに能力が上がるのが面白い。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928023016j:plain

 

たとえば1番ウッドで最大パワーのショットを決めれば1Wの「パワー」が上がり、7番アイアンで上手くピンそばに寄せたショットが打てたら7Iの「コントロール」が上がるという具合です。

 

クラブの番手ごとに能力が上がるため、自分の得意なクラブだけやたらに能力が上がったり、逆に全然使わないクラブだといつまでたっても能力が低いままだったりと、自分のプレイスタイルに応じて差が生まれるのが面白いんです。

 

能力が上がると以前は2オンできなかったホールで2オンできるようになったり、パターの精度が上がったりするので、ホール記録を更新しやすくなるメリットも。

 

純粋にプレイヤースキルのみで戦うスポーツゲームも面白いのですが、こういうRPG的な成長要素があるスポーツゲームもいいですね。

 

オンラインは魔窟・・・。課金要素がネックなところも

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928023155j:plain

 

発売から1週間くらいはチャレンジモードをひとりでせっせとプレイしていましたが、だんだんとゲームに慣れてきたのでオンラインに挑戦してみることにした僕。

 

オンラインで遊んでみると異様に強い人が何人かいて、「うわ~、上手い人がいるもんだな」と関心していたのですが、どうやらプレイヤースキル以外の要素が絡んでいるとあとで知りました・・・。

 

それが、Amazonレビューをさんざん荒らす原因にもなっている「カスタムクラブ」という要素です。

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928023306j:plain

 

カスタムクラブとはプレイヤーが好きなように強化できる特殊なクラブのことで、強化するには「宝石」もしくは課金で手に入る「チケット」というアイテムが必要になります。

  

カスタムクラブは上手いこと強化すると400ヤード以上飛ばせるようなぶっ壊れ性能を持ち(普通のクラブはせいぜい300ヤード程度)、オンライン大会で上位に入っているような人たちはみんなこの強力なカスタムクラブを持っています。

 

そしてこのぶっ壊れカスタムクラブを効率よく作るには、課金が必須になっているという状況なんです。

 

一応無課金でも強力なカスタムクラブを手に入れることはできるのですが、それには途方もない労力が必要に。

 

必然的に無課金勢はオンラインでまったく勝てないような状況になってしまい、それが『New みんなのGOLF』が大きく叩かれている原因でもあります。

 

というと「うわぁ、くそゲーじゃん」と思われるかもしれませんが、正直ぼくはそこまでうわ~って感じになっていないんですよね。

 

というのも、そこまでオンライン対戦を熱心に遊んでいないからなんです。

 

30時間プレイしてもまだまだオフラインのチャレンジモードでやれることがあるし、僕はそっちメインで遊んでいるので、カスタムクラブどうこうといわれても「オンラインはそんなことになっているのか」と思う程度。

 

なので僕のようにオフラインをメインで遊ぶ人にとってはあまり関係ないのですが、「オンライン対戦をバリバリやりたい!」という人には課金必須の状況はかなりキツイようです。

 

まとめ|オフラインメインで遊ぶなら良ゲー!オンラインを本気で遊ぶなら課金の覚悟を・・・

 

f:id:everyday_yofukashi:20170928023428j:plain

 

『New みんなのGOLF』はオフラインをメインで遊ぶか、オンラインをメインで遊ぶかによって評価が大きく分かれるゲームだと思います。

 

少なくとも僕は、30時間オフでプレイしても「まだ遊びたいな~」と思うくらいには楽しんでいます。

 

ただしオンラインでガッツリ対戦したいなら、課金をする覚悟が必要かもしれません・・・。

 

国民的ゴルフゲームでありながら万人におすすめできるわけではありませんが、オフラインで遊ぶなら十分にやり込めるゲームだと思います。

 

 

スポンサードリンク