心はいつも悠々自適

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

淵野辺のラーメン店『夜鳴き軒』に行ってきた!レトロな雰囲気がたまらない!

先日、淵野辺にあるラーメン店『夜鳴き軒』に行ってきました。

 

近くにたまたま用事があったので立ち寄ったのですが、これがすごく良いお店だったんです。

 

今回は、『夜鳴き軒』のレポートを書いていきます。

 

昭和の空気を感じさせるレトロな雰囲気のお店

  

その日、淵野辺駅周辺で友人の車に乗りドライブしていた僕。時刻は19時をまわり、おなかを空かせた僕は無性にラーメンが食べたくなりました。

 

友人はそのあたりに住んでいたので、どこかに美味しいラーメン屋さんがないか尋ねてみると、「『夜鳴き軒』ってところが美味しいよ」と教えてくれました。

 

国道16号線沿いにお店を構える『夜鳴き軒』。

 

店舗スペースは広いながらも、ラーメン店にしては地味な店構えで、屋台のようなどこか懐かしい匂いを感じさせる風貌です。

 

f:id:everyday_yofukashi:20161028220919j:plain

 

駐車場に車を停め、店内に入る僕と友人。

 

一歩店内に入ってみるとその光景にびっくり。

 

f:id:everyday_yofukashi:20161028221503j:plain

 

壁や天井、そして無数に貼られたポスターなど、何から何までレトロな風景が広がっています。 

 

入り口付近にある機械で食券を買い、ラーメンが出来上がるまで待っている間、物珍しさから店内をアレコレ見て回る僕。

 

店内でもひと際目立っていたのが、黒澤映画の『用心棒』のポスターです。

 

f:id:everyday_yofukashi:20161029113540j:plain

 

このすすけ具合と破れかたから察するに、再販されたものではなく当時のポスターなのでしょうか? 

 

他にも、外側が木製のテレビもありました。サザエさん家にあるやつみたい。

 

f:id:everyday_yofukashi:20161029113758j:plain

 

あとでご紹介するラーメンももちろん美味しかったのですが、店内の雰囲気だけでも十分に楽しめる素敵な空間です。

 

一番人気はクリーミーな豚骨スープの『こってりラーメン』! 

 

『夜鳴き軒』のメニューはこんな感じ。

 

f:id:everyday_yofukashi:20161029114326j:plain

 

定番の豚骨や醤油のほか、ピリッとした辛さが効いてる『辛肉味噌ラーメン』や期間限定の『豚骨白湯ラーメン』などもあります。

 

『つけ麺』や『油そば』があるのも嬉しい。

 

初めてのお店に入るときは"そのお店の定番メニューで行く"と決めている僕は、「当店一番人気!」と書かれた『こってりラーメン』を選びました。ちなみに、友人は『だし醤油ラーメン』。

 

10分ほど待つとラーメンが到着。

 

豚骨スープの香りが漂う、『こってりラーメン』です。

 

f:id:everyday_yofukashi:20161029114904j:plain

 

麺は豚骨スープによく合うストレート麺で、食感・のど越しともに最高。スープの脂身もそんなにしつこくないので、ツルツルとすすれます。

 

濃厚なコクを感じる豚骨スープはクリーミーな味わい

 

僕はあまりしょっぱい味付けのラーメンが好きではないのですが、この豚骨スープはまろやかでとても美味しかったです。

 

チャーシューも乗っていたのですが、こちらはそれほどボリュームがなかったので「トッピングでチャーシューを追加すればよかった・・・。」とすこし後悔したのはここだけの話。

 

友人が頼んだ『だし醤油ラーメン』はこちら。

 

f:id:everyday_yofukashi:20161029115541j:plain

 

一口だけもらったのですが、こちらも美味しい。

 

オーソドックスな醤油だしですが、焼きあごと宗田かつおのだし汁で作られたスープは濃厚な味わいでした。

 

まとめ

 

今回は夕飯時に来たのですが、実はこのお店AM5:00まで営業しているようなので、終電を逃したときや飲み会の締めに立ち寄ってもよさそう。

 

もちろん、ランチ時間も営業しています。

 

淵野辺駅周辺で豚骨ラーメンが食べたくなったら、『夜鳴き軒』に入ってみてはいかがでしょうか。

 

店舗情報

 

関連ランキング:ラーメン | 淵野辺駅

 

スポンサードリンク