心はいつも悠々自適

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心はいつも悠々自適

自由気ままな僕が、自由気ままに思ったことを書きます。

radiko(ラジコ)が「タイムフリー」機能で過去番組の聴取が可能に!使い方や感想など

ライフハック ライフハック-便利グッズ

f:id:everyday_yofukashi:20161018112257j:plain

 

パソコンやスマホでラジオが聴けるアプリ『radiko(ラジコ)』が、2016年10月11日より、過去1週間分のラジオ番組を聴取できる「タイムフリー」という機能を実装しました。

 

僕は昔から伊集院光さんや爆笑問題さんの深夜ラジオが大好きで、今でもよく聴いているのですが、平日の深夜に放送しているのでリアルタイムで聴くのがなかなか難しい状況でした。

 

今まではラジオを録音して翌日などに聴いていたのですが、「タイムフリー」が始まったことで聴取環境が劇的に改善しました。

 

そこで今回は、radikoの「タイムフリー」機能の使い方、そして実際に使ってみた感想や注意点などを書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

 

「タイムフリー」とは

 

「過去1週間分」のラジオ番組が聴ける!

 

パソコンやスマホでどこでも便利にラジオが聴けるradikoで、過去1週間以内に放送した番組であればどれでも好きなタイミングで聴くことができます。

 

「聴きたかった深夜番組を寝過ごしてしまった」、「気になるゲストが登場するのに聴けなかった」など、聴き逃しがあっても後から聴くことができるので安心です。

 

これまではリアルタイムでの放送しかなかったので、あとで聴きたい場合は録音する必要があったのですが、「タイムフリー」があればその必要もありません。

 

ユーザーのことを考えた、非常に便利な機能だと思います。

 

無料で聴けるのは「住んでいる地域の番組のみ」、有料の「radiko.jpプレミアム」なら全国の番組が聴取可能に!

 

radikoを使うのに会員登録は必要ありませんが、「タイムフリー」で聴けるのは住んでいる地域の番組のみとなります。このへんは普通にラジオ番組を聴くときと同じですね。

 

ただし、月額350円(税別)の有料会員「radiko.jpプレミアム」に入会すれば全国どこのラジオ番組でも聴くとができます。

 

僕は普段聴く番組がTBSラジオや文化放送など関東圏の局なので、無料で聴取しています。

 

「タイムフリー」の使い方

 

「タイムフリー」はパソコン、スマホのどちらでも利用可能です。

 

使い方もシンプルで誰でも簡単に始められると思います。

 

パソコンで聴く

 

1. 「radiko.jp」のサイトを開き、「タイムフリー」をクリック。

 

f:id:everyday_yofukashi:20161018103435j:plain

 

2. 「番組検索」、もしくは「番組表」から聴きたい番組をクリック。 

 

番組はキーワード検索でも番組表からでも探すことができます。

 

パソコンの場合、地域も自動判定してくれるので登録などは必要ありません。

 

f:id:everyday_yofukashi:20161018104313j:plain

 

スマホで聴く 

 

1. 「radiko.jp」のアプリをダウンロードする

  

スマホで聴く場合には「radiko.jp」のアプリが必要です。

 

インストールしておくと移動時間の暇つぶしにも便利なので、入れておいて損はありません。

 

radiko.jp
radiko.jp
開発元:radiko Co.,Ltd.
無料
posted with アプリーチ
2. アプリを開き、「タイムフリー」を選択する。 

 

「radiko.jp」を起動する際には、必ず「位置情報」をONにする必要がありますので注意してください。 

 

f:id:everyday_yofukashi:20161018105431j:plain

 

3. 「番組表」、もしくは右下の「検索」から聴きたい番組を選びます。

 

f:id:everyday_yofukashi:20161018105817j:plain

 

使ってみた感想

 

音質も良く、早送りや巻き戻しもできるので聴きやすい!

 

インターネット回線を使ってラジオ番組を聴くradikoは、音質が非常にいいです。

 

普通のラジカセなどで電波を受信する場合だとどうしてもノイズが入ったりする時があるのですが、radikoはまったくありません。

 

また、「タイムフリー」なら早送りや巻き戻しもできるので、聴き逃した部分や聴きたいところだけを聴くこともでき、とても便利です。

 

僕がラジオを録音して聴く大きな要因として、「早送りや巻き戻しができること」があったのですが、「タイムフリー」はそれも叶えてくれるのでもう録音いらず。

 

これまで毎日のようにやっていた録音作業から解放されたのが本当に嬉しいです。

 

通信状況によっては音が飛ぶ場合がある

 

何度か使用していて起きた現象なのですが、たまに音飛び(飛ぶ→ちょっと前に戻る)が発生するときがありました。

 

「通信状況によっては」と書きましたが、家でWi-Fiを使って聴いていた時にも発生したので、通信状況なのかアプリケーションの問題なのかよくわかりません。

 

ストリーミング配信なので、飛んでしまうのも仕方がないのかもしれませんが、ラジオ番組のトークのリズムが乱されるのはちょっと気になります。

 

「聴取可能時間」があるので注意!

 

これも使ってから気づいたのですが、「タイムフリー」には「聴取可能時間」というものが設定されています。

 

聴ける番組は1週間以内ならどの番組でも大丈夫なのですが、一度その番組を選択したら、同じ番組は「3時間以内」しか聴けません。

 

なので、9時に再生しはじめたら一時停止を押そうが巻き戻しをしようが、その番組が聴けるのは12時までとなります。

 

「昼休みに再生して、続きは夜に聴こう」みたいなことはできない仕様になっているので、この点は注意が必要です。

 

まぁCMの早送りなども可能な以上、こういった制限はある程度仕方がないのかもしれませんね。 

 

まとめ

 

かねてからユーザーの要望が多かった過去番組の聴取ですが、やっと実装されて本当に嬉しいです。

 

まだサービスが始まったばかりなので、これから改善や仕様変更などがあるかもしれませんが、今のところおおむね満足しています。

 

今の時代、ラジオを聴く人もあまり多くないかもしれませんが、こういった新規サービスによってラジオを聴く人が増えていくといいですね。

 

 

スポンサードリンク